人気ブログランキング |

旅するねこ毛

カテゴリ:試食のお仕事( 3 )

それは間違ってると思う。

何度でも言います。
私は子供が苦手です 嫌いと言ったほうが話が早いかも。
時々バイトで試食販売の仕事をします。
試食をしていると、寄ってくるのが子供。
試食してもらうのが仕事だし(でも試食販売だから最終的には
売ってナンボなんだけどね)いくらでも食べてもらっていいのだけれど
限度ってあると思う。
それは子供に限らず「飯食ってねーのかよ」という勢いで
がつがつ食べる大人多し。家族で食べまくるグループも多し。
一番厄介なのが子供。
遠慮なくガツガツ食いやがって食べてしまうから
せっかく出した試食があっという間になくなってしまう。
でも注意すると親がクレームを言ってきたりするので言えない。

ある日の試食で、出しても出しても遠慮なく食べる子供がいた。
親は何度も「@@ちゃ~ん アカンで そのへんにしときや」と
言っているが言うだけで全く注意になっていない。
その子が試食台の前で張り付いて私が出すものを片っ端から
食べていくので他のお客さんにあたらない。
あまりに豪快に食べるので他のお客さんも苦笑いしながら見ている。

どうしよう これじゃ仕事にならないなー
そのへんにしといてね、というべきかどうか迷う。
とにかく私が注意したことで店にクレームがいくと
店にもメーカーにも派遣会社にも迷惑がかかるので
慎重に対応しないといけない。

黙って様子を見ていると母親が一言。
「いい加減にしないとオネーサンに怒られるで」と・・・

それって違うんじゃないのーとむっとしてしまう。
こんな怒り方をする人をたまに見かける。
なんで人のせいにして怒るんだろう?
誰かに怒られるからいけないのではなくて、
注意するのならちゃんといけないという理由を説明して
怒るべきではないのか?

そのクソガキお子様は「だって試食やもん 食べ放題やもん」と
言い放ち皿を空にしてその場を去った。

子供もイヤだが、子供をちゃんと叱れない親はもっと嫌いだ。
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-08 15:46 | 試食のお仕事 | Comments(6)

働くということ。

まったくもってムショッキー(無職)な私ですが
たま~に試食販売の仕事をやっております。
この仕事自体はけっこう好きなもんで。

昨日とあるスーパーでとある商品の推奨販売をやってまいりました。
土日の二日間だったのですが、これがおそろしく売れない。
お店が全く安くしてくれていないし、ライバル商品が安くなっていたため
みんなそっちを買っていく。
このマネキンという仕事もずいぶん慣れてきて、タルんできたこのごろ。
新人の頃は大きな声張り上げてなんとしてでも売ろう!売ってやる!という
意気込みがすごかったのだけど、最近は売れないならしょうがないね、という諦めモード。

土曜日はさっぱり売れず、でもお店の人には「申し訳ありません」とだけ
言ってさっさと帰宅。売れないことなんてまったく気にしちゃいない。
そして日曜日。
向かいに年配のマネキンさんがいて、やる気のない私はそのマネキンさんを観察していた。

マネキンさんの販売するものは食品ですごく高いし、まず普通に食卓にあがる食べ物では
なかった。見た瞬間「売れねーよ」と思っていたのである。

実際通るお客さんも横目で見て全く興味ナシという感じ。
でもそのマネキンさんはものすごく頑張っていて、
「そんなこといわんとまず一口食べてみて」と
すすめる。
私の目から見ても商品に全く興味なし、買う気もなし、というお客さんに
一生懸命はなしかけすすめていた。

これが、おもしろいくらい売れていたのである。
お店の人もどうせ売れないから、と少なく仕入れていたのに
あまりに売れるので驚いていたほど。
少し関心を持っている人に売るのではなく、全く関心のない人に売っていたから
すごいと思った。

その姿を見て「やっぱプロは違うなぁ」と感心していたらそのマネキンさんが
「どう 売れてる?」と話しかけてきた。
「いえ、さっぱりです。安くなってないし昨日から全然売れてません」というと
「でも景品とかあるんやろ?それでアピールしてみたら?売れないと帰りにくいやろう?」
「景品はあるんですけどあまり興味示してくれないというか・・・」

とやりとりがあったあと、しばらく私のアピールの仕方を見ていたマネキンさん。

「この景品と商品をセットにしてお客さんに分かりやすく見えるようにおいて、
ライバル商品よりも100円高いけど、その100円以上の景品をつけるので
お得になりますよ、って言ってみたら?」とか売り場のディスプレイなどのアドバイスを
受ける。

そんなのしたって売れねーよ・・・と思いながらせっかくアドバイスをして
いただいたのでその通りにやってみる。

すると!

お客さんがその景品に興味を示し近寄ってくれて、話をして・・・
飛ぶように売れてきたのである。

これ、びっくりしました。
今までは何やったんや~ ハイ、売ろうという気持ち、工夫が足りなかったんですね。

あまりに売れるので楽しくなってきた!

そしてマネキンさんにお礼を言いにいく。

するとその人は「良かったね、やっぱりうちらの仕事は売ってナンボやから
数字に残さな雇ってくれるメーカーや、置いてくれるお店に申し訳ないやろ?
余計なこと色々言うてうっとおしかったやろ ごめんね、でも売れてよかったね」と
言ってくださった。

私にはプロ意識が足りなかったのだ、働くということをナメていたのかも、と
自分が恥ずかしくなる。
たとえたま~のバイトでも、その商品をすすめるために店にいる以上は
プロなのだ。

売れないなら、どうやって売ろうか、興味持ってもらおうか、なんて
新人の頃はよく考えてたけど、今はもう何も考えずただただ、時間との戦いだけ。
「あ~あと2時間で終わる」とかそんなことばっかり。

マネキンさんに教えてもらった働くということ。

そういうことだよなぁ、と思う。

自分が恥ずかしい。
いい人に出会えてよかったなぁ。

よし、これから頑張るどー!
by tidakapa-apa2006 | 2009-05-11 08:35 | 試食のお仕事 | Comments(4)

感動!野沢菜、にゃんこにゃんこ♪

野沢菜とにゃんこに感動したわけではありません。
今日書きたいと思ったことをタイトルにしたらこうなりました・・・

土日はいつものごとく、マネキンをしている私です。
大体試食のお仕事が多いのだけど、たまには試食以外のお仕事もやります。

今回の任務は・・・
クレラップを売る!です。これがけっこう大変なんですよ。
試食ならやることもあるし、お客さんが寄ってきたりするからなんだかんだと
時間もたちます。
が、しかし、今回のような試食なしの推奨販売というやつはひたすら時間との戦い。
意識をどこかに飛ばして、長い長い勤務時間を乗り越えます。

クレラップはいかがですかぁ~!本日お安いですよ~~!

とアピールするものの、ちっとも安くねぇよ。
22×50サイズが268円でっせ。
普通じゃん。つうか普段自分が使ってるラップの倍するじゃねーか。

結果 惨敗。ホントに売れませんでした。
そりゃぁね~やっぱ高いもの。本当に用事があって欲しい人は買うけど
接客されてわざわざラップに268円は出さんでしょ。

と、そんなことはどうでも良いのですが
今日何に感動したかと言いますと、この画像を見てくだされ。
セービングのポリエチレンラップなんです。だからどうした、といわないで~。
これね、50mなのにお値段138円なんです。
安くないですか?50mでこの値段。

a0091291_20493077.jpg


しかも!「無添加ポリエチレン原料使用」
「ポリエチレンラップフィルム単独では、焼却時に有害な塩素系ガスやダイオキシンが
発生しません。」と書いてあるではないですか!


おお!さすがはセービング。安い上に地球に優しいのか!
でも、それだけじゃないぞ。
手前にあるロールラップ。これね、詰め替えラップなんですよ。
なんて無駄のない!

私はもう・・・「感動した!」のです。
自分の売ってる商品は買わずに思わずこれを買いに走りましたとも。
まぁ、もっと突き詰めればラップを使わないのが良いのだろうけど
そういうわけにはいかないし・・・

とにかく、今後このラップを使うことに決めたアパなのでした。
ラップの詰め替えってはじめて見た~。

肝心の使い心地は、良好!とまではいかないけど(ポリエチレンだし)
でも日々の暮らしにはこれで十分です。


さて、次は・・・

これも試食ネタなのですが、以前納豆の試食販売をした時のこと。
納豆ソバ(ざるそばに納豆を乗っけるだけ)と野沢菜納豆と言うのを作り
お客さんに食べてもらったのですが、野沢菜納豆がえれ~おいしかったんです。

お客さんにも「こんな食べ方があるなんて」と大好評でした。
すごい簡単でおいしいので良かったらぜひチャレンジしてみてね。

用意するもの。

野沢菜のお漬物  豆腐 納豆

・野沢菜を粗めにざくざくと切り刻む
・ボウルに切った野沢菜を入れ、納豆と納豆についているタレ、からしを投入。
・混ぜる。
・豆腐の上に野沢菜納豆を乗っける。


これだけなんです。ね?簡単でしょ。おいし~んだな~これ。
豆腐以外でもゴハンのおかずにもなるしソバの上に乗せてもいいし。
今日、どうしてもこれが食べたくなったので大急ぎで作りました~。
見た目悪いが、おいしいのさ。
漬物と納豆のねばねばのハーモニーが最高。

a0091291_20584312.jpg


そして最後は我が家の姫猫。
あまりに可愛かったもんで激写。全部携帯画像だから見にくくてすみません。

a0091291_210125.jpg

by tidakapa-apa2006 | 2007-09-01 21:05 | 試食のお仕事 | Comments(7)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧