「ほっ」と。キャンペーン

旅するねこ毛

これからどう進んだらいいのか。

じーさん 食欲不振が続きます。
ずっと寝てばかりで、自力で動こうとせず
こちらが食事を持っていくと少し食べる程度。
一日10グラムくらいでしょうか・・・
そんな日が続いているので当然痩せていきます。
まだ5キロ台を維持しているとは思いますが
だんだん骨ばっていく姿を見るのはとてもつらいです。

明日は予定通りに行けば抗がん剤の日。
正直もうやめたいです。
自分で始めたことですが・・・
勝手なことを言っているのはわかっていますが・・・

一週間不調が続き、また抗がん剤で不調が続く。
これがじーさんにとってのQOLと言えるのでしょうか。
悩むところです。
明日、今後のことについて相談をしたいと思っています。

前回もそうでしたがやはり副作用の期間が長すぎて
調子が戻る頃にまた抗がん剤というと
何のために延命しているのか分からなくなってきました。
しかもこの一週間はベッドからほとんど起きることなく
ずーっとずーっと寝ていました。
辛そうではないのが幸いですが、ひたすら寝て
体力温存という感じなのでしょうか?




[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-11-17 07:51 | ネコ | Comments(2)

11/11(金)(抗がん剤治療15週目:シクロホスファミド)

抗がん剤をお休みしていた週、じーさんはとっても
とっても元気で食欲も旺盛で明るい我が家でした。


また抗がん剤注射をすると、副作用でぐっと落ち込むなぁ
嫌だなぁと思い、病院へ行くのを数日遅らせたいと申し出ると
体力のある時、調子のいいときに抗がん剤を打つのが
一番いいので、お気持ちは分かりますが一度血液検査の結果を
見てから考えましょうとのことで連れていくことに。

体重は5.7キロ 抗がん剤お休みの間によく食べてくれたので
前回より200g増量です^^♪

11/2のデータ
白血球数 データ反映せず
赤血球数 4.58
ヘモグロビン 8.7
赤血球容積率 29.0
好中球 4.25

11/11今回のデータ
白血球数 15.66
赤血球数 4.49
ヘモグロビン 8.3
赤血球容積率 26.5
好中球 11.81

※費用
診察料 血液検査 抗がん剤 セレニア注 ステロイド処方等で13597円
往復タクシー代2000円

今回気になる点は赤血球容積率が前回に比べ
26.5%に下がっているということ
今まで貧血は横ばいだったのですがちょっと貧血が進んでいるようです。
あといつも記載はしていませんが血小板の減少が見られました。
前回328だったのに対し今回は155とガクッと減少。

抗がん剤による骨髄抑制が起こっているか、
ガンが悪さをしているのか、どちらともとれるので
ひとまずこのまま様子を見ましょうとのこと。

で、それ以外は問題ないので今回も抗がん剤入りました。

抗がん剤抗がん剤といつも簡単に言っていますが
やはり猛毒であり、治療薬でもあり・・・
いつもいつも葛藤しています。
自分の体なら納得できるけれど、じーさんの意志に
反して抗がん剤をどんどん体に入れてしまっている。

でも、罰があたってもいいから、私はじーさんと
穏やかな時間を過ごしたいというそれだけなんですよね。

実際抗がん剤治療を始めてから
何度泣いたか分かりません。
でもそれ以上に末期と診断されたあの頃(もうずいぶん前に感じます)に
比べると幸せで穏やかな時間を過ごせることが多くなりました。
それでも心配事は尽きないのですが・・・
あの時はこの冬は一緒にいられないだろうなと思っていたのに
今こうして一緒に過ごせていることが本当に幸せです。

でもやはり予想とおり、翌日から食欲がくっと落ちました。
それでも救いなのは三日間水すら飲まなくなった前回に
比べると、まだ少し食べてくれること。
それでもほんの少しですが口にしてくれるだけでありがたいです。

食欲不振以外は普通に元気に過ごせているのですよ。
とはいってももうじーさんなので寝てばかりなのですが
先ほどはばーさんと喧嘩していました。

猫も起こったらほっぺを膨らませるんですね。
ぷんぷん怒ったじーさんです。
ほっぺがぷくーってなってるの分かりますか(笑)
今回も無事乗り越えていきたいです。


a0091291_13111243.jpg



[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-11-15 13:15 | ネコ | Comments(2)

11/6(日)(抗がん剤治療14週目:お休みの週)

去年の11/3はハナレグミのライブだったなぁ
元キャバレーで弾き語る「弾きが旅ばっ旅」
まさか一年後の今日こんなことになっているなんて
思いもしていませんでした。

じーさんですが。

11/5の土曜日からようやく食欲が出てきました!
朝から「なんか知らんけど腹が減ってたまらんよ」という感じで
にゃーにゃー鳴いてくれました。
それを聞いて私も嬉しさで泣きそうになりました。

慌てて食事の用意をしているというのに
メシはまだかにゃっ!と催促して足にまとわついてきます。

はいはい ちょっと待ってくださいね~社長~と
いそいそと用意すると

「うむ」といった感じでむしゃむしゃと食べてくれました。

食べることは生きること

よく言われている言葉ですが、まさにその通りだと思います。
それを実感したこの数日でした。

食べてくれてありがとう。

食欲が戻ってきて我が家も明るい空気が流れるようになりました。

私自身が今かなり神経過敏になっており
猫が調子悪いと私まで食事が出来なくなってしまい
どんどん痩せてしまいます。
まぁあと2キロくらい痩せたらちょうどいい感じに
なれるんですが(笑)

私自身がおいしいものを食べるということを
放棄してしまうので良くないなぁとは思うのですが
どうしてもそうなってしまうんですよね

そして日曜日(11/6)病院へ行く日です。
抗がん剤お休みの週なのでホッとしました。

この日は血液検査はなし。
一週間様子を見ましょうとのことでした。
体重は5,5キロで変動なし。
土曜日から食べだしたのが効果を発揮し
減量することがなかったのでしょうね。
きっと次に行くときはまた増えていることと思います。

触診と薬をもらっただけで終わり
あっという間に終わりました。

そして今日もごはんをモリモリ食べて
良いうんちをしておしっこをして
寝ています。

こんな日がずっと続きますように。


じーさんが大好きな仲良しの夫とラブラブ中
じーさんは夫のことが大好きなのです。


a0091291_12120338.jpg

[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-11-08 12:14 | ネコ | Comments(4)

そして食欲不振が続く

食欲でてきた!体重も増えたし!


喜んだのもつかの間
ビンクリスチンを投与してからまた食欲不振が
続くようになりました。

そしてとうとう三日間水すら飲まない日が続き
これはヤバい、と病院へ連れていくことに。


私はその日仕事だったので夫に病院へ行くことを頼むと

全く飲まないわけじゃないし(口元へ持っていくとペロ…と一口
舐める程度)しんどそうにしているわけじゃないし
どうせ今週日曜日連れていくのだからもう少し様子を
見てもいいのではないか

という一言にプチンと切れてしまいました。

頭に血が昇って何を言ったか覚えていないけど、
この人は何を言っているんだ?
前回じーさんのような状態の猫が
食欲不振が三日続くと危険信号であるといった
先生の言葉を忘れたのか??
などと色んなことが頭の中でぐるぐるして
大声で怒鳴ってしまうくらい猛烈に頭にきたのです。

夫と私の看病の温度差があることにも
普段から不満があったのでそういうことも
ぶちまけてしまいました。

食欲不振が続くとはいえ、だるそうに辛そうにしている
わけではなく見た感じは元気に見えるのです
だから夫も連れていくほどでは・・・と思ったとは思う。
でも、水飲まない日が三日も続くとさすがに怖いでしょう
何もなかったとしても、点滴処置くらいはあるのでは?
じーさんの場合食欲不振(水すら飲まない)日が続くと
肝臓にダメージを与えるから気をつけてくださいとも
言われていました。


そんなわけで連れていってもらいました。

血液検査の結果では貧血は横ばい
でも白血球数が(このときはどうしても白血病がデータ上で
反映せず目視で対応)5000という今までにない数値
でもそれに関しては先生は何もおっしゃらなかったとのこと。
あとで調べたら抗がん剤投与後2日から5日後に骨髄抑制がかかり
白血球数が最下点になることがあると書いてあったので
そうなのかな?と思っていますが・・・

体重が300gも減っていました(-_-)
5.5キロです。ショック・・・
この日は点滴を打ってもらい帰宅。

ちなみに血液検査の結果

11/2今回のデータ
白血球数 5.00
赤血球数 4.58
ヘモグロビン 8.7
赤血球容積比 29.0
好中球 4.25



昨日は私の誕生日でした。
じーさんがこの日まで生きていてくれたこと
嬉しく思います、何よりも嬉しいプレゼントです。
でも食欲がないのが心配です。
食べてほしい 食べてほしいそれだけを願っています。

今月はおそらく一緒にいてくれるのでは
ないかと思います。
来月はどうかなぁというのが今の見解です。
本当に何も食べないので体力がかなり低下していると
思うので・・・


昨日は私の誕生日ということで夫が
眼鏡を買ってくれるというので3時間だけ外出しました。
壊れたメガネ(度も合ってなかった)をガムテープで
くっつけて使ってました(家の中だけ)
買いに行きたいけどじーさんと離れるのが心配で
まして今は食欲不振の状態なので・・・

で、じーさんが眠っているすきにささっと買いに行こうと
街中へ久々に夫婦で出ました。

でも何も楽しくないんです
何もかも色あせて見えてしまって、メガネの測定が
終わりフレームを選ぶ時間すら惜しくて早く帰りたくて
もうどうでもいい気持になっているので
一番安いやつ 数秒で決断しました。

次は日曜日病院です。



[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-11-04 11:22 | ネコ | Comments(4)

10/28(金)(抗がん剤治療13週目:ビンクリスチン)

とてもブログ更新する気力が起きず
猫の様子は記録帳に残すことが精一杯の状態でした。

でもやはりリンパ腫の猫ちゃんのことでお悩みの方も
ちらほら来てくださっているようなので
記録に残します。


この数日のじーさんの様子です。

10/24に抗がん剤お休みしましょうと先生からの提案があり
様子を見ること4日間。
10/28にもう一度連れて来てほしいと言われていたので
それまで経過を見守る。
食欲は依然としてないままだったのですが
26日頃から戻りつつあり、28日にはついに「食欲旺盛 元気いっぱい」と
記録に残すことが出来るレベルにまで安定。

良かった~~と喜びの涙を流しました。

そして28日 血液検査
ちなみによく食べてくれたので体重は5,8キロ 
前回より200gアップです。


10/24のデータ
白血球数 12.80
赤血球数 4.95
ヘモグロビン 9.3
赤血球容積比 30.9
好中球 8.78

10/28今回のデータ
白血球数 13.83
赤血球数 4.70
ヘモグロビン 8.9
赤血球容積比 29.1
好中球 9.92

※費用
診察料 血液検査 抗がん剤 セレニア注 ステロイド処方等で17694円
往復タクシー代2000円


「体重も増えているし、見るからに元気そうだし
食欲も旺盛とのこと。前回のように食欲不振が続くようであれば
今後の治療方法を検討していくことを考えていましたが
今回は抗がん剤に進みましょう」とのことで
ビンクリスチンを投与。

これが終われば一週間後は血液検査のみで
しばらく抗がん剤はお休みだから
頑張ろうね!

という一日でした。



[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-11-04 10:30 | ネコ | Comments(0)

抗がん剤治療12週目:抗がん剤断念しました。

10/17に抗がん剤を投与してからの一週間
じーさんはずっと調子が悪かったです。
時々元気な様子を見せてくれるのですが
今までと明らかに違う一週間でした。

抗がん剤治療をはじめて12週目です。
大体、抗がん剤を投与してから数日はしんどそうに
していたのですが後半になると元気になり
食欲も出て、良かった・・・と安心して
また次の抗がん剤へと進んでいましたが
今日は抗がん剤投与出来ませんでした。

体重は100g減っただけの5,6キロだったのですが
元気がないのを先生も心配しておられました。

いつもは一週間の様子を聞いた後
しんどそうにしていたとかを説明しても
血液検査の結果を見て、予定通り抗がん剤を
入れましょうか^^と言ってくださる先生が
なんだか今日は考えこんでいました。

血液検査の結果は今回は書く気持ちが起きないので
書きませんが悪くはありません。
でも良くもありません。

今日、はっきりと目が覚めました。
この子は助からないのです。
それはもう充分すぎるほどわかっているのですが
血液検査の結果に一喜一憂する段階ではないということ。

「一週間しんどそうにしている状態が続いていると
いうことで血液検査の結果で判断しようと思いましたが
データ上では思っていたような悪化は見られません。
あっちゃいけないガン細胞も顕微鏡上ではあるにはあるけど
先週に比べて増えているわけではないです。
・・・僕からの提案なんですが今日は抗がん剤やめてみると
いうのはどうでしょうか。」


今までの状態だと、血液検査の結果で抗がん剤を打てると
判断出来たら投与していたが
うちの子の場合は完治が目標ではなく
あくまでQOLが目標であるということ。

おそらく副作用であるこの状態が一週間も続いた後に
また次の抗がん剤を投与してしんどい一週間が続くのは
本来の目的であるQOLに遠くなってしまうのではないか
ちょっと抗がん剤を休んでみるのもいいかも知れませんとのこと。

先生にいただいたプロトコールでは、今日抗がん剤で
来週がお休みだったけれど、教科書通りに勧める必要はないということ。
あくまでじーさんのQOLが目的なので治すとかそういうことではなく
楽な状態を作ってあげることを考えましょうとのこと。

そこで私はたずねました。

今までも抗がん剤を投与して食欲不振状態が続き
その都度先生に報告してきたが、今までは予定通り
抗がん剤投与していた
今回だけなぜそうなるのか(もう抗がん剤はムリなのか?と内心思いました)
ということを。

先生の回答は


今までも確かに抗がん剤後辛そうなことはありましたが
一週間ずっと続くということがなかった
今回ちょっと体に負担もかかっているかも知れません
もちろん予定通り今日抗がん剤投与することは可能ですが
もしかしたらこのままさらにしんどくなるかも知れないし
楽になるかもしれない、
ひとまず今はしんどそうにしている状態で抗がん剤を
投与するよりお休みすることを考えてあげても良いかも
知れません

ということでした。

そうなんですよね
抗がん剤治療の先に欲が出て「寛解」をつい
望んでしまうけど、おそらくこの子は年齢的にも体力的にも
無理でしょうね 
血液のガンは難しいですとのことでした

じゃぁもう抗がん剤なんかいらないじゃん!!!と
取り乱しそうになり泣きわめきたくなりましたが
先生が悪いんじゃない 悪いのは欲を出している私です。


抗がん剤を予定より早くお休みすることで
ガン細胞が暴れてしまいませんかと訊ねると

それはどちらとも言えません
なので一週間開けずに数日にしてみましょう
ということで今週金曜日に再度血液検査に行きます。

猫が調子悪いと、もう何をしていても楽しくないし
心に大雨が降っています。
泣いても泣いても涙がとめどなくあふれてきます。

この冬を乗り越えられるように、と新しく段ボールハウスを
作りました。
じーさんなので出入りにジャンプができない為
入口も作りました。


a0091291_19180205.jpg



入ってくれますが、すぐ出ていき寒い人間トイレにこもってしまいます・・・
a0091291_19182744.jpg

元気になって欲しいなぁ~・・・
この子が私の人生からいなくなるなんて
想像しただけで怖いです。


でも抗がん剤をやめて緩和ケアに入ることで
この子が楽になるのなら、私はもう充分すぎるほどの
幸せをいただいたので、そのことに感謝して
残るこの子の日々に寄り添っていきたいと思います。

思ってはいるのだけど、手放したくないです。
本当にこの温もりが私の人生からいなくなってしまうのかと
思うと、残された私はどうしたらいいんだろう
時間という薬を飲みながら耐えながら
傷や悲しみを癒しながら
きっと生きていくのだろう
そんなとこだろうと思うけど、そんなことは
今は何の励みにもなりゃしない。




[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-10-24 19:28 | ネコ | Comments(10)

猫にマタタビ

この数日、うちの子は人間トイレにこもる時間が増え、
食欲も落ちています。

あれこれフードを用意し、試しますがなかなか口にしません。
せっかく増えてきた体重を落としたくないし、どうしようと
思いながらも昨日は仕事で一日留守にしました。

留守の時はペットシッターとして姉に来てもらっています。

姉にも「先週は元気だったけど抗がん剤打ってからまた食欲落ちた」と
伝え、こまめにフードを与えてもらうようお願いして出勤。

すると昼頃にメールが。

全く食べないので、買ってきたマタタビをカリカリに
振りかけたら喜んで食べて、もっとくれ!って催促してるよ 

とのこと。


ええええええ!!
マタタビ~~~?

元気なときはそりゃあげてましたよ。
でも老猫になり、さらに病気になってからは
マタタビの存在すら忘れてました。

元気になったのはいいけど・・
マタタビの持続時間って大体30分くらいだし。

でも、抗がん剤治療をしている猫にマタタビなんて
興奮するものあげてもいいのだろうか 
体に負担はかからないだろうか

心配になりひとまずマタタビをストップしてもらい
先生に相談することに。

すると、あげすぎは良くないけど
(興奮して体力使いすぎると・・・ということらしい)
それで元気になってごはん食べてくれるなら
大丈夫ですよとのことでした。

まさかマタタビがきくとは~

実はじーさんは高齢になってから
年々マタタビがきかなくなっており、ばーさんだけに
ガンガン効き目を発揮するので
バランスが悪いなぁと思いやめていたんです。
ばーさんは、ハッスルしすぎちゃって
暴れまわり、皿を手でひっくり返してもう大変なんで(笑)
じーさんにもそんな調子で寄っていくので、
シラフのじーさんは疲れちゃうわけです。

マタタビかぁ~
新鮮な発想でした。

私は心配すぎて、深く考えすぎて色んなことに
トライできないのかも知れません(猫に関しては)

食欲が落ちてきたじーさんに
マタタビが効果的というのはありがたいですが
依存されたら困るのでしばらくはマタタビはお休みです。
出来れば自然に食べてもらいたいので。

元気になっておくれー


[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-10-21 10:57 | ネコ | Comments(4)

途方に暮れる

猫に薬飲ませるの難しくないですか
難しいですよね YOUTUBEで見る猫ちゃんたちは
どうしてあんなにおとなしくごっくんしてくれるんでしょうか。

じーさん 薬飲んでくれません
いつもちゅーるやスープに混ぜて飲ませているのですが
時々、いや、しょっちゅう嫌がるんです
匂い嗅いでプイっと逃げてしまう
それを負いかけて無理やり食べさせてます。

余計なストレス与えたくないんですけど
どうしてもストレスを与えてしまう・・・

つい3日前に、ちゅーるをあまりに嫌がるので
夫が初めて錠剤のまま口にポイっと放り込んで飲ませるのを
試してみたところ、すごくうまくいって
じーさん自身も嫌がらなかったとのこと。

これからその方法でいいじゃん 
でも一応それは最終手段ってことで置いておこう、と
ちゅーるを食べてくれるときは混ぜてあげることに。

今日は全く食べず、無理だったので
口に入れる作戦で。

夫が後ろからじーさんを抱きかかえ
顔を上にあげて口を開けて・・・
あけない・・・ぐっと歯を食いしばります。
それをぐいっとあけて入れようとするけど
すぐ口を閉じて暴れる・・・
格闘すること数分 ようやく入ったと思い
その後口を押えて飲み込ませるため喉をなでなで・・・
しばらくじーっとしていたけど、まだごっくんしていない。

あれ~?
でも長い間口の中だし・・・もしかして飲み込んでくれた?と
手を放した瞬間 とことこと歩いて
ペッと吐き出しました・・・

ショック・・・
今日はもうダメだと思い、再びちゅーるに入れて
もう無理やりあげることに。

口に無理やり押し込みました。
最初は暴れていたのですが観念したのか・・・
瞳孔が開ききり、諦めたような無表情で
やけくそに舐めてくれました。
諦めたような無表情 忘れもしません
初めて抗がん剤を投与した日の真夜中に
倒れながら嘔吐した日

おかしな行動を繰り返していた時の
あの顔です。
何もうつっていないような眼。

あの時の顔と同じでした。
そして涙を流しながら舐めてくれていました。
人間と違って悲しい涙ではないと思うけど
それでもその涙を見て、
私も泣きたくなりました。
何でこんなことをしないといけないのか。

残りの時間を平和に過ごしてほしいだけなのに
苦痛ばかりを与えているような気がする
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私がすっごいストレスを感じる薬の時間
じーさんがストレスに感じないわけがありません。


薬を飲んでくれたあと、ずっと猫に謝り続けました。
ごめんね ごめんねと。

また明日も薬の時間がやってくる。
憂鬱です。

でも薬をあげることが出来るということは
生きているということ。

そのことに感謝せねばいけませんね。

分かっているのですが、辛いです。


[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-10-19 22:40 | ネコ | Comments(6)

老猫と歩けば


a0091291_12411592.jpg

カテゴリを本にしようか迷いましたが
老猫についても書きたかったのでネコのままにしておきます。


「老猫と歩けば。」斉藤ユカ


タイトルと可愛いイラストにつられ、手にとった本。
著者の斉藤さんが、16歳の老猫と暮らす愛おしさや
老猫と暮らすことで生じるあれこれなどを
書いたものである。
これから迎えるその時をどう受け入れるかなどについても
詳しく書いてくれている。


ひとことで簡潔に。
「すごくよかった。老猫と暮らす人にはぜひ、それ以外の猫飼いさんにもおすすめ」



そうそう そうなんだよね と我が家のじじばば猫を思い浮かべながら
夢中で読み進み、読み終えたのが10/13
斉藤さんちの猫ちゃんは16歳黒猫のタンゴちゃんという。
13日に読み終えて、わ~タンゴちゃんどうしてるかなー
斉藤さん ブログとかやってるのかなと検索してみたら
Twitterをされており、そこで去年の10/13に旅立っていたことを知る。


ショック・・・
同じ老猫仲間として、タンゴちゃんの血液検査の結果の素晴らしさに
元気をもらい、よれよれな感じにも勇気をもらい・・・
タンゴちゃんと暮らした日数は私にとってはほんの数日だったけど
(読書世界の中で)
読んでいるだけで、タンゴちゃんへの愛おしさが募っていた。
そして何より斉藤さんのタンゴちゃんへの愛情。
分かりすぎるほどわかる 完全な親ばかっぷり。
もう斉藤さんも含め、なんてキュートなんだ!と
ほほえましくなった。

読者の私ですら、こんなにショックなのだから
斉藤さんはさぞかしつらい思いをされているだろう。
でも、きっとタンゴちゃんは虹の橋で愉快な仲間と一緒に
楽しく暮らして斉藤さんと再会できるその日を待っているよね。



自分の時にもこのように思える強さを持たなくては、と思う。



斉藤さんも書いているが、老猫の可愛いこと 愛おしいこと。
ジャンプできなくなって、失敗してずり落ちたり・・・
粗相をしたり・・・
一日中寝ていたり・・・
動きが鈍く、どう見ても猫らしく見えないスローな動き・・・
やたら手がかかる・・・

などなど・・・

人間と一緒で猫も老いると手がかかるし、何より
お金がかかる。

だけど、そんなの全然問題ない 一緒にいられれば!と
思うくらい老猫は可愛い。

トテトテ・・・と歩く姿を見るとキューンとなるし
もそもそ食べてる姿を見てるだけで可愛すぎて
狂いそうになる。

きっとそこには長年一緒に暮らしてきた時間が
あるからだと思う。

愛おしくてたまりません。

子猫の可愛さも胸キュンだけど、いやいや
老猫の可愛さにはかないませんや・・・と
つくづく思う。

化け猫でもなんでもいいから、ずっとずっと
一緒に年とっていけたらいいなぁ。



[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-10-17 13:08 | ネコ | Comments(2)

10/17(月)(抗がん剤治療11週目:シクロホスファミド)

抗がん剤をお休みした週は大体元気な姿を
見せてくれるのですが今回もそうでした。

この一週間は何の心配もないくらい元気で
ほとんど人間トイレや脱衣所等の暗いところへ
行くことがなく、家族一緒の部屋でくつろいでいました。
おかげで一時間ごとに様子を見に行くことがなかったので
先週はとても楽でした(笑)

体重も食べた分、しっかり増えていました。
5.7キロです。ありがとうございます。

では血液検査の結果です。


10/9のデータ
白血球数 不明
赤血球数 4.84
ヘモグロビン 8.9
赤血球容積比 28.8
好中球 不明


10/17今回のデータ
白血球数 15.80
赤血球数 5.19
ヘモグロビン 10.4
赤血球容積比 31.9
好中球 10.62


※費用
診察料 血液検査 抗がん剤 セレニア注 ステロイド処方等で11880円
往復タクシー代2000円


赤血球数が増えてますよね。
相変わらず貧血は横ばいですが・・・
良くもないけど、そう悪くもない状態だと思います。

あとは安定してくれたらいいな。

今日も頑張って血液検査のチックンに耐え
抗がん剤のチックンに耐え、セレニア注のチックンに耐え・・・
我慢我慢ばかりでした。
途中で口呼吸になって(犬のようにハッハッとする感じ)
心配にもなりましたがなんとか終わりました。

人間で言うなら80歳のじーさんなのに
抗がん剤によく耐えてくれています。
尊敬と感謝の日々です。

この調子だと欲を出してもいいかなぁ・・・
来月私の誕生日なのですがほかには何もいらない
この子が一緒にいてくれたらそれだけで幸せです。
でも口に出してはいけませんね。
無理は絶対にさせてはいけません。

ただただ、願うばかりです。


[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-10-17 12:35 | ネコ | Comments(4)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧