旅するねこ毛

<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春バリ(2011年)日記帳~13日目~何も専務の日

長くだらだら綴ってきた2011年春バリもいよいよ
今回でおしまい。
いや~ひっぱりました。
でもおかげで旅の記録をこれを読むことで
思い出すことが出来てよかった。
どんどん忘れていくから、忘れていく前に
記録するのはいいことじゃ。


相変わらず座敷はマッタリ中・・・

a0091291_21543282.jpg


寝転び、笑いながらもほうれい線をおさえてるか?
妙なところに指を置いている女将
自由だな~・・・座敷で女将が寝転び笑い転げるの図

a0091291_2155042.jpg



この日はまったりDAYということで晩ご飯は
影武者へ行くことに。

相変わらず食べ物の写真はありませんが
おいしかった。
値段はバリ物価を考えると正直高いけど
納得のお味で大満足でございまちた。

女将とリョータ
このとき女将はみんなの前で
リョータのPacarネタを暴露してリョータを
泣かせてたっけ(笑)

a0091291_21592082.jpg




2011年春バリ画像がこの写真で終わっていたので
これでおしまい。

何かと春バリは思い出に残る滞在でした。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2012-01-25 22:05 | バリ・インドネシア | Comments(4)

いくつに見えますか?

「いくつに見えます?」

これ・・・私非常に苦手です。
若い頃は正直に見た目そのままを
答えていたけど、それじゃイカン帝国・・・
最近はある程度適当に答えてなんとか
その場を乗り切っておりますが・・・

こんなの聞いてどうすんでしょうか?
たとえ若く見られて、実際の年齢を口にした時に
「え~!見えな~い」と驚かれたとして・・・
大体のソレはリップサービスと思ってヨシ。

そもそも何のためにそんなことを
他人に聞くのかよく分かりませんアタクシ。

つい先日職場で知り合ったおばさまと・・・
年齢の話になり
「ねぇ 私いくつやと思う?」と聞かれ
うわ~きたよ~~!と内心アセアセ

だって私の中でその人は
「ただのおばちゃん」でしかないから
年齢なんていう数字が浮かんでこない
要するに私の中で、どうでもいい人に対する認識は


「若い子」
「女の人」
「おばちゃん」
「ばーさん」

この4種類でしかないわけです。
その中にいちいち数字が存在しない。

この区別って私だけじゃないような
気がしまつ。

例えばホームに立っている大学生風の男子を見て
「あの男の子」と表現しますよね。
そして見た目おじさんのことは
「あの男の子」とは言わず「あの男の人」でもなく
「あのおじさん」になる。

ま、そんな感じでいちいち何歳くらい?とか
考えてないわけです。

で、そのおばさん・・・
改めて考えると・・・
う~ん 60から70くらいかなぁ・・・
でも例えば50代くらいと答えて
あまりにも白々しいお世辞に思われても困るし
まさかの展開で50代だったらなんとなく気まずいし・・・

と考えれば考えるほど分からなくなってきて・・・

「私人の年って全くわかんないです ごめんなさい」

とその場を逃げ切りました。

結局その人は60歳ジャストだったわけです。
で「この年には見えへんってよ~言われるねん
気が若いからかな」と・・・
おっしゃったのですが
60といわれたら60と思うけど?と思いながら
話を聞いておりました。


あまりに当人と年が離れている人というのは
年齢がもう分からないんだと思います。

例えば10代の人から見たら
30歳も40歳も同じというように。
これが世代が近かったりする場合は
なんとな~く把握できるんですけどね。


最近の日本人はとても若い。
昔は60歳といえば、おばーさんという感じの人が
多かったのだけど今の60歳の人は若々しいし。

でも、だからかな?
若くみられたい、とかキレイでありたいという
女を諦めない意識が強まってるのかな~とか
思ったのでありました。

で、結論としては(?)
ホームに立つ私を見て誰かに
「あのオバサン」ではなく「あの人」と
言われ続けたいなぁと。

これって見た目が若々しいとかそういうことではなく
あくまで私が「オバサン」と判断するか「あの女の人」と
判断するかどうかの基準として
見た目にちゃんと気を使えているかどうかということ。
年齢的にはオバサンでも、ちゃんとオシャレして
キレイにしている人を「オバサン」とは呼ばないので。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2012-01-25 22:00 | どうでもいいこと | Comments(2)

春バリ(2011年)日記帳~12日目~闘鶏物語

「今日闘鶏あるけど、アパさん行く?」

大将のお誘いに行く行く~♪
とてもいい天気だったので日よけ対策ばっちりで
闘鶏場所へゴウ=33

a0091291_11473514.jpg


闘鶏行くのは初めてではないけどこの日の闘鶏は
非常に熱気ムンムン=33でございました。

お見合い中 
左のオヤジがなぜか「やんのか ゴラァ」顔で笑えるんでつが

a0091291_11481635.jpg


さらにお見合い中

a0091291_11485158.jpg



それっ チュッ♪

a0091291_11492250.jpg


待機中

a0091291_11494742.jpg


どう?俺のアヤム
どうでもいいけど右のオヤジ(真ん中のジーサンじゃないよ)が
ハンサムだと思うワシは正常でつか?(ロリコンじゃないみたいね・・・)

a0091291_1150111.jpg



ファイティング 始まりました~
すごい熱気で見ることが出来ませんでした

a0091291_11504143.jpg



うふっ これ俺のアヤム♪強いんだぜぃ
某宿のオーナー パキール
なかなかファンキーな格好ですな

a0091291_11515049.jpg


ども ワシがパキールのアヤムだす。
強いですぜ ザクリと殺っちまいますぜ ケガすんぜキラーン


a0091291_1152588.jpg


試合中・・・
見知らぬ人の背中に手をまわすパキール
この画像だけではなく、あまりに親密な感じだったので
後で「あの人知り合い?」とたずねると
全く知らない とのこと。
見知らぬ人にあんなにフレンドリー(?)なんですね
アジアならではでつか?

a0091291_115457.jpg


うほほ~い 俺のアヤムはやっぱり強いぜ!
とこの時はまだ勝負運はパキールの味方
ご機嫌だったがこの後パキール カンカン
プリプリ怒りながら帰ってしまった・・・
負けてしまったんですね しかもちょっと残念な負け方・・・
しょうがないね~

a0091291_11554124.jpg



宿に帰るとセキュリティのワンコ ジャックが臭いということになり
大将がジャックを洗うことに。
どこのワンコもそうですか?
なんでマンディのときのワンコってこんなに
悲しそうな顔なんでしょうか


この世の終わりのような諦めた顔もりりしいジャック
この子のえらいところは、某ワンコ ロワと違って
決して鳴かない。
覚悟を決めたら、じっと時が過ぎるのを待つ。
さすがでかいキンタ〇マついてるだけあって男です。


a0091291_11583770.jpg


旦那、まだですかい?


a0091291_11595919.jpg


だいぶキレイになりましたかい?

a0091291_1202619.jpg


ジャックのマンディも無事終わり・・・
アフタヌーンは夫婦会議

「俺って何でこんなにハンサムなんだろうか ママ?」

「知らないわよっ」

と言っていたかどうかは不明

a0091291_1205299.jpg

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2012-01-11 22:05 | バリ・インドネシア | Comments(6)

ランコムのジェニフィックマスクとSKⅡ

肌状態にあわせて何種類か化粧水を常備していることは
以前にも書いてますが。

それらを朝晩コットンに浸してシートマスクとして
愛用しているから化粧水の減りが早い早い。
でも保湿重視の私としては毎日マスクはかかせない。
その後の潤いが全然違うから。

シートマスクも色々試したけれど
すでに何度もリピートして使っている
おそらくずっと使い続けるであろうお宝マスクを
今日は紹介します。

あまりに有名なランコムのジェニフィックマスク
これね、ずっと気になってたんですよ。
でも値段が・・・
6枚入りで以前は1万円だったのが今公式サイト見たら
安くなってます。
6枚で8925円!

まぁそれでもお高いな~という印象は否めないのですが
使ってみて納得!だったのでそれからずっと
特別なケアとして週に一回くらいのペースで
使い続けています。

美容液たっぷり もうタプンタプン状態で
ぷりぷりしたマスク・・・
それを顔につけたまま約20分
マスク中は家事の時間にあてようと
食器を洗ったりいろんなことをしているのだけど
うつむいてもマスクが落ちない
液がしたたり落ちることもない

なんといっても気持ちがいい。

マスク後のお肌は効果てきめん。
マスクとしては高いかな?というお値段ではありますが
使ってみてもう大満足。
これなら使うでしょ!!

肌が乾燥してるな~とか疲れてるな~とか・・・
調子が今一つって時のお助けマスクにも
なっております。

さすがに庶民なので毎日は使えないけど
週に一回ならばエステに行くことを思えば
何とかなるかと。

a0091291_16393112.jpg


それにしてもコスメ業界はすごいですね
昔じゃ考えられなかった素敵なコスメが続々と・・・


続いて王道?のSKⅡの化粧水。
基本はアルビオン(乳液とスキコンが大好きなので)なのですが
スキコンは保湿力に欠ける(乾燥肌の私には)ので
冬は色んな化粧水を交互に使用・・・

でもいまひとつピンと来ない。
毛穴も気になってきたし・・・
ちょっと高いけどSKⅡ使ってみるか・・・としばらくSKⅡを
使っているのですが・・・

SKⅡいいです ものすごく!
まず気になっていた毛穴がほとんど目立たなくなりました。
いや~これってすごくないですか?
Tゾーンの毛穴が気になっていた私としては
この毛穴が消えてしまったことにもう感動しちゃって!!

ほんとにね、よほどどアップ(手鏡で自分の顔を見る距離)じゃないと
毛穴見えなくなりました!!
これまでは、少し離れて鏡を見ただけで毛穴が
ブツブツと・・・気になっていて、
年齢的なタルミもあるししょうがないのかな~
お肌のケアは「かなり気を使ってます」レベルだけど
それでも消えないんだからしょうがないんだな~と
諦めつつあったのだけど!!

いや~何とかなるものです。
もちろん合う合わないや、予算の都合ってのも
あるけれど、私はコスメや洋服のためなら
飲み食いコストを抑える!
それで、なんとか成り立っている。
普段の暮らしで節約できるところは何だって
やる!

先日もバス代節約のために往復2時間歩いて
仕事場に向かいました。
まぁ・・・バス代って250円なんで知れてるんだけど
でも往復で500円(セコッ)
さすがに帰りは股関節が痛くなったけど
ビューティのためならば=33

安いコスメも高いコスメも同じように
使うこと。これがコツかも知れない。
高いからとケチっていては効果がないような気がする。

決して若くはないこのお肌。
お手入れ次第でどこまできれいになるか
我ながら期待しております。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2012-01-11 22:00 | ビューティ- | Comments(0)

春バリ(2011年)日記帳~11日目~どなたかの結婚ペスタ

早く終わらせたい2011年春バリ日記 
なんといっても2011年は3回バリに行ってるから
日記が沢山。

いつものやつ

a0091291_104841.jpg


おかゆの日限定で作ってもらえるカラい卵焼き。
マジで超辛くてウマイので辛党さんはぜひ
大将に交渉してみるべし(間違っても女将に交渉しないように)
大将がめんどくさくなければ、作っていただけることでしょう

洗濯ものを干す17歳と(この頃17だよね?)と女将

a0091291_1063025.jpg



今日は行動の日だからワシは昼過ぎに
テガラランへショッピングに行く。
毎回恒例。
中心やパサールで買うより、テガラランで買うほうが
はるかに安いんでつの。
ここがお気に入り。
以前書いたチン掻きのおじちゃんがいるところ。
ドクロショップです。しかも安いよ。

a0091291_1082168.jpg


でかけた後でも ここははずせない。
ウブドジムのエアロビクス。今回は写真なし。
てか毎回同じですしね

終わって気持ちよく外に出たら
またやっとる!例のやつ・・・
またやっとる向こうも向こうだけど
何度も同じことを繰り返すイケナイ我々
学習能力なし。

a0091291_10101385.jpg



あ~ん 帰れないわね~
ひとまず様子見るtungguなワシら

a0091291_10105914.jpg



そしてこの日はなぜか夜の街へ繰り出してみました。
夜ガイスツするのは非常に珍しいワシ。

すると~

a0091291_10225274.jpg


どなたかがウブドのど真ん中(何て道路だっけか)を
借り切って結婚パーチーなさってました。
この日の噂によるとビンタンが来ていたそう。
ということは、有名な方がご結婚されたのかしら
何も知らずにシレーっと様子を見に行くワシら。

てか・・・情報が正しければ
「さよなら また会いましょう」を歌ったという噂が??

bintangのライブを見たバリ人に
「何を歌ってた?」と聞いたところ
「さよなら また会いましょう」だったとのこと・・・


えっと(汗)
ワシの解釈が正しければ
その歌は間違いなく別れの曲ですが
そんな曲を歌ってもだいじょぶでつか?

ビンタンには会えず(出遅れた)
知らない欧米人らしき人がカラオケを
されてましたが、楽しそうでちた。

そして花婿さんも花嫁さんも美男美女。

a0091291_10231299.jpg


末永くお幸せに^^♪
(全く知らない方ですが・・・)


そしてパーチーに参加(勝手に?)したあとは
モンフォレのバルで軽くお酒をチン★

a0091291_1024030.jpg



日本でもバルなんて行かんので
尻の穴がムズムズするくらい居心地としては
良くなかったけど、外国でたまにはこういうのもいいよね!と
思った一夜でありました。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2012-01-04 21:10 | バリ・インドネシア | Comments(10)

たくさんほんをよみます。

・ごはんのことばかり100話とちょっと /よしもとばなな

 タイトル通りごはんのことばかり(笑)
 食べる ということにさほどワクワクしない私としては
 どうかな~と思いながら手にとってみたけど
 やっぱばななさん。おもしろかった。
 食いしん坊バンザイな人です。
 どうしてここまで食いしん坊でいられるのだろう?と
 不思議だけど(自分にない感覚なので)
 エッセイとしては最高かも、と思う。
 図書館で借りた本だけど、そのうち買おうと思っている。


 一つ印象に残ったこと。

 一人暮らしをしているお義父さんが、
 ばななさん夫婦に会う時に
 桃を持ってきたのだが、それが腐っていて
 帰りに駅のゴミ箱にそっと捨てたという出来事。

 うぅっ 切ない

 
 そこにはばななさんのお義父さんに対する
 優しい気持ちも書かれていたのだけど
 なんとも言えない気持ちになった
 
 桃なんて持ち運びに気を使うし
 重いから外で会う時にそんなものを
 もらうと、正直困ることもあると思う。

 だけど、子を思う「親」はきっとそんなことまで
 考えない 
 喜んでもらいたい その一心で
 持ってきたのだろう

 息子には(ばななさんの旦那さん)
 なんでそんな重いもの持ってくるの?と
 嫌がられる桃。
 
 なんだかなぁ~・・・
 子を思う親の気持ちってすごいけれど
 親が年老いていけばいくほどそれが
 重くのしかかったり、空回りしてることが多くて
 それがまたせつなかったりして 
 なんとも言えない気持ち。

 先日一年ぶりに父親の家に行った。
 現在生活保護を受けて暮らしている父は 
 当然ながらお金がない。
 
 だけど、精一杯もてなそうとしてるんだなぁと
 いうのが伝わってきて、なんだか悲しくなった。

 
 去年はスシをとってくれてたのだけど、いよいよお金が
 ないのだろう

 親としてのプライドか

 「スシにしようかと思ったけど、毎年同じじゃ
 飽きるだろ 田舎の煮物を作ってみた」

 一体何時間かかったんだろう

 決しておいしくない煮物。まぜご飯。
 無理やり食べた たいしておいしくない 
 と言いながら。
  
 私がこんなだから、夫は普段ご飯をそんなに
 食べないのに、大盛りで三杯も食べていた。

 年老いた親のこういう行動が
 なんだかすごくイライラする。
 年老いた親の気持ちというのが
 ちゃんと分かる年齢になってしまっているから
 余計にイライラして、切なくなってしまうのだ。

 恨み続けていたほうが、ラクだったかも
 と今になって思う。
 恨めるのは相手が元気で対等だから。
 明らかに自分より弱い立場にいるものを
 私は恨めない。

 

・買わない習慣 /金子 由紀子

 節約!とか片付け、買わない とかの文字を見ると
 読まずにはおれないこの私。
 自分と真逆だからなんだろうな・・・
 こういうのを読むとものすごく共感できるし、素晴らしいと思う。
 でもそれが出来ないから、今こうしてここにこんな私が・・・(笑)
 ある程度の年になると、人間なかなか変わることって出来ないとおもう。
 それは身をもって実感している。
 
 それでも最近は金欠ということもあって
 モノを買うのにかなり吟味して悩むようになった。
 そしてこういう考える時間というのを楽しく思えるように。


・かもめ食堂 /群ようこ

 映画化された作品。ご存知の方も多いだろう。
 群ようこか~・・・
 昔はよく読んだけど、最近はなかなか手にとる機会が・・・
 と思ってエイっと読んでみた。
 思った以上にすごい元気をもらえる作品で
 明日も頑張ろう と思える。
 

・節約の王道 / 林 望

 一言で言うと残念な本・・・
 非常に驚いた。
 常識がどう、とか言うつもりは全くないけど
 私は結婚式に招待されてご祝儀を渡さないという勇気がない。
 氏は手ぶらで行くそうです・・・う~ん
 なぜそうするのかは私がここで書く必要もないと思うので
 気になる方は読んでみたらいいかも・・・
 
 自分をものすごくしっかりと持っておられる方だということだけ
 わかりまちた。


・いつもの毎日 /松浦弥太郎

 特に印象として残っていないけれど
 私オシャレな男性は好きだけど
 もっと適当な感じがいいな 
 ブランドとかもまったく詳しくなくて
 ただ、好きで身につけてるものが
 オシャレっていうそういうのがいいな。

 とこのエッセイを読んで思った。
 この方がオシャレについてうんちくを
 書いてるわけではないのだけど
 あまりこだわりを持っている人は
 ちょっと・・・と感じたのでありました。


・どんぐり姉妹/よしもとばなな

 どん子とぐり子という姉妹のお話。
 ばななさんの作品は人物の台詞や物語の背景など
 何かがぐっとくるものが多いのだけど
 この作品はあっさりと自然に読み終えた。
 ありゃ読み終わってしまったという感じ。
 そういうタイミングだったのかも。

 いつか再読しよう。


・ひとりの女 /群ようこ

 45歳の玩具会社課長マイコという女性のお話。
 やる気のない部下や、女性蔑視などに囲まれながら
 どたばたとした毎日を過ごす・・・というカンタンに言えば
 そういうお話なのだけど・・・
 このマイコという女性にとにかく共感が持てず
 イライラしっぱなし。

 言ってることはものすごくマトモだし、その通り。
 なんだけど性格というのかな ずうずうしい感じや
 実在するとすればきっと声がでかいんだろうなぁ
 そしてキンキンと文句を言い立ててそしてそれがまた
 正論なだけにイヤな感じなんだろうなぁと。

 でもなんでこんなにイライラするのかといえば
 きっと自分もこんな感じなんだろうなと
 感じてしまったから。

 だって私もマイコのように常に
 何かに怒っているし、割りとモノをはっきりと言う。
 
 年をとることって、鈍感になっていくことだと
 私は思っているのだけど、そうならないよう
 気をつけていこう。
 

・阪急電車 /有川 浩

 まったく期待していなかったが
 ものすごく良かった。
 阪急電車は私のメイン沿線なので
 小林とか西北とか容易に浮かんできて
 そういうのも楽しかった。
 それぞれの駅にそれぞれの人物のストーリーがあり
 また、それぞれが少しづつ重なっているところが
 面白かった。

 それにしても・・・宝塚行きの車内で
 おばさま方が座ろうとしていた女性に向かって
 バッグを投げ入れ、座席をおさえた場面・・・
 すごいな~・・・
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2012-01-04 21:00 | 本・雑誌 | Comments(0)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧