旅するねこ毛

<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

謙虚さと自信と・・・

Hello Apa...apa kabar...?

ヘロー アパ!元気毛?

moga lagi baik-baik dan saya di sini masih baik-baik aja,

ずっと元気でいることを願ってるぜぃ。おいらもまだまだ元気さ!

dulu saya tutup untuk sementra karna ada ujian di sekolah
dan karna juga tamunya sepi sekali tapi sekarang sudh buka karna
tamu sudah ramai,

このあいだは学校の試験があったり、客も少なかったから
とりあえずお店を閉めたけど今は客も多いからあけているよ

Apa kapan ke bali...?

アパはいつバリに来るの毛?

kalo ada waktu ke bali lagi ya soalnya saya mau ngobrol lagi.

時間があったらまたバリに来てチョ
またお喋りしようぜい!

注:私の訳は適当なんでこれを正しい訳と
思わないでください。ニュアンスニュアンス!



あるバリ男子からもらったメール。
このメールを読んでいると、夫がチラ見。
読んでもどうせワカランだろう、と思っていたら
完璧に理解できていたことにビックリした。

本当に数ヶ月前は挨拶もできなかったくらいなのに。
悔しいけど「すごいな」と言うしかなかった。

前回ルナGHで少しだけ喋ったインドネシア語の
使い方が良かったらしく、オーナーのワヤンさんに
「おじちゃん(夫のこと。わてらはルナではおじちゃん、おばちゃん)
すごいね ちゃんと通じます。ビックリした。おじちゃんこの先
もっと上達しますよ」とほめられたことが
さらに勉強を深めることにつながったらしく、
ワヤンさんにほめられ自信を持った夫は毎日独学。
していることは以前にも書いたけど
日々ものすごい進歩していることに
驚かされる。

挙句の果てには
「こんなことも知らないの?お前何年インドネシア語勉強してんだよ」
「何回バリ行ってるんだよ」
「はっきり言って俺のほうがインドネシア語出来る」

とまで言うようになった。
まぁね、普段私に色んなところでいじめられてるから
普段の仕返しをインドネシア語で、っていう感じなんでしょうけど。

・・・カワイクネー!


妻の私が言うのもなんだが、夫の美点は

・謙虚
・自信のなさ(自己評価の低さ)

だったんである。

謙虚さを失った夫の可愛くないこと。
にくいです。

ああ憎いにくいニクイ
三種類の憎いで表現したったもんね。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-25 11:39 | インドネシア語 | Comments(12)

ストロベリーフィールズ

最近になって松山ケンイチを知り、
なんて素朴でかっこいいのか!と
彼の魅力に開眼しているワタクシ・・・
初々しくてナイス☆
しかし、大人の色香漂う堤真一も捨てがたい。
どうしよう 迷うな・・・←何を?

そういえば、EXILEって知ってます?
私ね、知らなかったんですよ、いや正確に言えば
雑誌とかでこの文字は見ていた。
でもまったく興味がなかったので完全にスルーしていて。
だけど何度も目にするもんだから自分で勝手に
「エグジール」って覚えていたんですわ。

一ヶ月ほど前にエグジールの話になり
友達に「それ・・・エグザイルって読むねんで」と教えてもらい
しかも14人もいる踊る歌う人たちっていうことを知った。
エグジールって思ってたくらいだから、もちろんどんな人たちが
いるのかも知りません。

一度エグジールで覚えてしまったもんで
なかなかとっさにエグザイルと出てこない。
脳みそ固いわ~!
気をつけなくっちゃ。

読書記録
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-25 10:28 | 本・雑誌 | Comments(6)

俺はメタボじゃない!

昨日友達を我が家の玄関まで案内した。(なぜ?)
部屋の中にはあげてやらない
だって散らかってるんだもんね
だけど、やっぱ自慢したいじゃないすか
わが子自慢。

無理やり「玄関までしか入れてあげないけど
うちの子見てく?」と絶対に「うん」としかいいようのない
シチュエーションを作り自慢に成功。

だけどよそ者は分かるみたいで
あれ、違う人が来たニャ!と察知し
ニャンズは隠れてしまった。

それでもなんとかお披露目に成功し
友達はかわいいな~かわいいな~!と
ほめてくれた。
私はこの先あと10年は誰からもほめてもらえなくてもいい
ネコさえほめてもらえれば・・・。

かわいいやろ かわいいやろ

多分ネコと暮らしている人、ほとんどが思っていると思う。

「やっぱりうちのが一番可愛い」

ルックスはね、ネコは美しいし柔らかいし神秘的なまなざしで
どの子も同じようにチャーミングなんだけども
やっぱわが子には歴史があるし、性格も知ってるから
どうしてもうちの子が一番、になってしまうんだな。

我が家のオスを見て友は言った。

わ~大きいな~!

そしてさらに言った・・・

思ってたより大きいわ~メタボやな~・・・


やっぱぴ?
でかいのは知ってたけども、毎日見てるから
そうでもないかも、なんて思うようになっていたのだ。

けっこう大きさにビックリしていた友を見て
やはりダイエットか・・・と思ってみたり。
でも二匹いると難しいんだな~・・・

昨夜オスに「メタボって言われてたで」と話しかけると
心なしか「俺はメタボじゃない」と言っていたような気がした。

もうすぐ春。もう春か?
昨日はコートが必要ないくらいあたたかった。

天気も良かったし、寒くなかったので
窓をあけてひなたぼっこしやすいように
した。

するとニャンズは上を見上げ
ヒクヒクと春の匂いを嗅いでいた。

あ~いっちょ前に春を感じてるんか?と
思うと愛おしくなった。

今日はオスネコのスタードッキリマル秘報告。
寝起きを襲います。

すぴー

a0091291_9135665.jpg


ドアップ(まどろみ中)

a0091291_9141986.jpg


同じようなアングルですんません

a0091291_9143846.jpg

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-25 09:20 | ネコ | Comments(4)

月刊叶姉妹

・贖罪  /湊かなえ
 
 「告白」の作者ですね。
 暗い 怖い そしておぞましい。
 この人の作風?なんか読んでてぞわぞわっとイヤ~な気持ちに
 させられる。救いはどこに?いや、そういうのを狙ってはいないのか。
 小さな田舎町で起こった少女殺人事件。
 殺害された少女の友人たちはみな犯人を見ているのに
 誰一人顔を思い出せない。
 少女たちへ投げつけられた被害者の母親からの呪いの言葉。
 その後の人生を少女だった彼女たちの告白による形式で
 綴られていく。


 殺人に許せる、許せないもないけれど。
 性癖にも・・・色々あるけれど
 どうしても許せないものは絶対にある。
 書いてしまうと問題ありそうだから書かない。
 だけど、本当に不愉快な内容だった。
 でも、最後までゾクゾクしながら読み終えたということは
 小説としては成功か。
 だってつまらなかったら私は途中で放り投げてしまうから。
 それにしても結末は、なんかこじつけてるような
 そこまで結びつけるかー!こんな結末ってできすぎてて
 意外性なさすぎだよ、と少し思う。

・ゼロの焦点   / 松本 清張

 これも暗いな、たまたまなのか? 
 今回読んだものは暗いな。暗い祭り開催中か私は。
 見合いで結婚した夫が仕事の引継ぎで出張へ行ったまま
 消息を絶つ。
 夫の行方を捜し求める妻。
 時代を感じる小説だった。
 
 う~ん あまりこれと言って感情移入もできなかったので
 感想文もうまく書けないな。
 ま、ミステリーですな。
 で、舞台のせいか 寒々としております。
 これ、映画化かドラマ化されたらしいが。
 
・月刊叶姉妹

 
a0091291_957985.jpg


 新潮社の月刊シリーズが私は好きだ。
 けっこうきわどいヌードなんかがあったりして
 何冊か持っている。
 平子理沙の月刊はなかなか良い。
 やっぱり女性の裸が好きだな~
 きわどければきわどいほどいい(ワシは男か)
 インリンの号もなかなかエロチックで好きだな~
 で、今回は叶姉妹。
 スペッシャルってことでお値段も2300円くらいした?
 叶姉妹はあのルックスにとにかく興味があるので
 つい、買ってしまった。
 
 人工的な感は否めないけど
 土台あってこそ。
 私なんかが改造したとして、セルライトやら
 垂れまくり、肌のざらつき、腰の位置の低さ、
 足の短さ・・・全てにおいて、改造のしがいがないんである。
 
 だから私はビバ!叶姉妹なんである。
 見てて気持ちいいもの。
 リアルさはないかも知れないけどやっぱ見とれてしまうし。
 しかし年々日本人受けしない感じになっていくな~
 欧米ではウケそう。
 お尻の大きさやボイン具合とか。
 峰不二子ちゃんだもんね。

 でも、おねーさんのお尻・・・

a0091291_9575651.jpg


 ちょっと不自然?気になってしまった。
 こんなお尻ってあるんじゃろか

 おねーさんのお尻ドアップ!

a0091291_9582484.jpg
 
 
 いや、私が男ならこの桃尻に間違いなく
 かぶりつくんだけど、ちょっと違和感。

 
a0091291_9564885.jpg


 置いてあった写真集の位置がずれていたので
 夫に
 「これ、見たやろ!」と言うと
 「見てない」
 「こっち向いてみ」→夫はウソがつけない
 すると口元がヒクヒクしている。
 「見とるやないか!オカズにしたんか!」
 「してない できねーよ これじゃ」
 と本音がポロリ。
 
 別にいいんです オカズにしても。
 なんでごまかすかな~ 
 あえてミステリアスにしたいのか。
 ま、夫いわく叶姉妹は迫力ありすぎて
 リアル感がなくてそういう対象では
 見れない、とのこと。

 そうかもな~日本では。
 
 おねーさんは何年か前のお顔が
 すっごくキレイで大好きだったのだけど
 最近はちょい残念。
 ああ。お尻にかぶりつきたい!
 あのボインにお金をはさんでみたい。
 あのボインやったら5000円くらいはさんでもいいな。
 で、あたったふりして乳首をツン、みたいな。

ああ。オッサンですね・・・
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-24 10:06 | 本・雑誌 | Comments(6)

出会いの神様

出会いの神様っていると思う。

私は出会いがとても多い。
多分周りの人に比べてものすごく多いと思う。
それまでは普通だと思っていたのだけど
出会いがない、と嘆く友人と話をしていると
「普通そんなに出会いってないよ!」と驚かれるくらいに多い。

先日立て続けに私が独身だったら・・・というような
映画のような出会いがあったので記録に残しておく。

それは、2月22日ニャンニャンの日。
仕事に行く途中で時間が余ったので何気にスーパーに
入った。

するとネココーナーに
「今日はネコの日 あなたの大切な家族にスペシャルな食事を!」との
広告があり、ぬぁんと20%オフになっていた。
けっこうにぎやかに飾られていて
そりゃそうよ 今世紀最大の22年2月22日ですものと喜ぶ猫ファンが
他にもいるに違いない。

これから仕事だからもちろん買うつもりはなかったのだけど
なんとなくこんなコーナーまであるんだ・・・というのが
嬉しくて用もないのにそこにたたずみ、しばらく時間を過ごしていた。
すると男性が来たため邪魔になっちゃいけない、と思い
その場を離れた。

店内をうろうろするも、どうもテンションが上がらず(あげる必要はないのだが)
ふたたびネココーナーに引き寄せられ戻ってみると
先ほどの男性がまだいた!
おそらく15分は経過していたと思う。

ものすごく必死で一つ一つを確かめながらセレクトしている。
すでにカゴの中にはモンプチドライやらフリスキーやらいっぱい。

なんだかその様子がおかしくて、思わず堂々とチラ見してしまったのである。

すると男性は私の視線に気づき、恥ずかしそうな顔をしながらも
また目線はネココーナーに。

あまりに悩んでいるので、私は思わず
「ネコちゃんの・・・すごい迷われてますよね」と話しかけてみた。
男性は「えっ?」というような見知らぬ人に話しかけられた違和感を
一瞬表情に出しながらも
はにかみながら
「そうなんすよ・・・色々考えて出すんだけどあいつらどれも
すぐ飽きちゃって」

ここから先はもうネコ好きの弾丸トーク。

うちもなんです やっぱりそうですかなどとネココーナーで
話が盛りあがる。

僕が考えると決まらないし、食べなかったら腹もたつから
選んでもらえませんか?と男性。

いいですよ~
でもクレームなしでお願いしますね~と適当にセレクトする。

その後なんとなく、なんとなくなのだけど
このまま別れるのが惜しいな・・・というようなお互いの空気が
あったのだけど、名残を惜しんで別れるのが良い出会いなのさ・・・と

じゃぁ!と笑顔で別れた。

現場に入り、あの人なかなかかっこよかったな~と
今日の出会いをかみ締めながら時間を過ごしていた。

夕方になり、なんとなく疲れて気分的にもダレてきた頃
あの~・・・と声をかけてきた男性がいた。

はい?と顔を上げるとそこにはスーパーのネコ男子が!

やっぱり!!
なんか似てるな~と思ったんですよ
何してるんすか こんなとこで。

いや、おにーさんこそ何してるんですか

僕はイントラ(インストラクター)なんで(笑)

私は仕事で・・・

すごい、こんな偶然ってあるんですね
ええ、僕もビックリしましたよ~

と話は盛り上がりちょうどお互い休憩の時間だったので
一緒に休憩を取ることになった。

またきますか?とネコ男子

いえ、次はいつになるか分からないですね~
しょっちゅうある仕事ではないので~

そっか・・・とネコ男子はメモを取り出し
ここで出会ったのも何かの縁だし・・・
良かったら連絡ください、とメルアドを書いて渡してくれた。

そこで私は心の中で「惜しい!」と思いながら
受け取った。

独身だったら、絶対連絡するわ~こんな出会いを
逃がしはしないわ~と思ったんである。
なかなかのイケメンだったし(ここ大事)

そしてこの日は他にも出会いが。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-24 09:12 | 日常 | Comments(16)

読書の素晴らしさ

読書ブログと化しているこのブログ。
興味ない人にはつまらん、と思います。
すみません・・・
でもこれをきっかけに読書ワールドにご入会される方が
いらっしゃったら、それはそれですごく嬉しい。
入会金は、そうですね ねこヒゲ一本でいかがでしょう。

私ね~小さい時から本が好きだったんですよ。
漫画でも新聞でも何でも「字」が好きだったんです。

小学校時代は休み時間のたびに図書館に
行って本を眺めては子供心に大人になるまでに
ここにあるだけの本を読むことが出来るのか?と
焦って泣いたりしている子供でした。

そして自慢になりますが
小学校時代は私すごく頭の良い子でして
勉強がよくできたんですね。
で、特に国語の成績が良くて読書感想文や
作文、詩を書かせれば必ずコンクールに入賞する子供でした。

小学校時代から私はずっと貧乏だったのですが
父親は当時いわゆる世間から蔑まれる仕事を
していました。
子供だからよく分からなかったのだけど
周りの大人の反応や、学校の先生の態度で
「ああ、うちの親の仕事は恥ずかしいことなんだ」と
感じていましたね。


で、コンクールがあり私は父親のことを書きました。
タイトルは「ハエ」←ププ・・・

要するに我が家は汚かったし
父親の仕事の関係でハエがすごかったんです。
もともと私の田舎じたいがハエの多いところでも
あったんですけど父親が帰ってくると臭いし
家も臭いしハエだらけのいわゆる、ちょっと
異常だったのだと思います。


でも私はそのことをユーモラスに書いたのです。
ハエは沢山いるけれど、ネコのおでこに
ちょこんととまっているハエなんかおもしろかったし
ハエをじっと見ていたら飽きない。
そんなハエと父親のことを書いたのです。

まぁしょっちゅう入選していた私ですから
そのハエ作品も候補に選ばれたわけです。
でも担任は言いました。

「先生はアパのこういうところ、すごくいいと
思うんだけど、これ出しちゃってもいいの?」

言っている意味が正直分からなかったです。

つまりは先生は
作品としては良いものだが、ただでさえ不潔で
貧乏な私の家庭環境でさらにこういうことを
あからさまに書くとみんなにいじめられるのでは?と
いうことを心配していました。
他のクラスの先生に言われたそうで、担任は
私に相談しました。

私は、というと
確かこういうことを言ったと思います。

本当のことを書いたらいけないの?
うちが貧乏でハエが沢山いることで
誰か嫌な人がいるの?
それでいなくなるような友達なら
はじめからいらない。

もうその頃からよほどのことがないと
くじけない、驚かないという環境に育っていたので
かなり自我というものが出来上がっていたのだと思います。

そして、そのハエという作品は見事に
入賞したのです。

クラスメイトにはハエ!と言われたり
笑われたりしたけれど、そんなことよりも
自分が自信を持って出したハエが認められたことが
すごく嬉しくて、そのことを今でもはっきり覚えています。


なぜそんなオメーの自慢をするんだよ、ってなりますよね
自慢っていうのはですね
過去のものだと多少はしても良い、と私は勝手に思っております。
これが現在も続いていたらイヤミ・・・
でもそのカケラが全くない現在栄光を軽く自慢するのは
そのくらいいいでしょう、ってなもんです。
ええ、独断と偏見です。

ま、中学入学してからは学校に行く意味が
分からなくなってしまったので
学校にはあまり行かなくなりまして、だから
勉強もできない、いわゆるオバカになった・・・
それが今の私です。

読書と何の関係があるんじゃい、と思われた方
正解です(笑)

いやぁでも幼い頃の私はかなり本を読むということで
救われていた部分があったので。
おかげで空想好きな子供で時間さえあれば
本を読むか空想で過ごしておりました。

読書って素晴らしいのです。

はぁまた長い・・・すみません

ってことで読みたい人だけどうぞ。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-18 12:29 | 本・雑誌 | Comments(6)

ゴールデンスランバー(映画)

散々迷いましたがようやくゴールデンスランバーを
観てきました。
レイトショーで☆

しかしご存知の通り(知るかい!)私の就寝時間は
22時から23時と早い。
なもんでそんな遅い時間に始まるレイトショーに
行くことができるのか?という不安が。
仕事を終え急いで帰宅し、仮眠しましたとも。
・・・そこまでしないといけないくらい、きっちりと時間を守って
寝ているのでレイトショーなんて本来無理なんですわ(笑)


レイトショーなら、音や匂いが気にならないのでは?という思惑と
時間の都合でセレクトしてみたのだけど、これが大正解でした。
これから映画はレイトショーだな・・・(安いしね)
我が家から映画館は2つあっていずれも自転車で5,6分のところに
あります。
なもんでレイトショーでも電車とか関係ないし、便利。

さて、ゴールデンスランバー
個人的に原作がすごく好きで、でも結末がすごく悲しくて
大好きだけど、つらい、というものであった。
だから、映画を観るのが実は少し怖かった。

斉藤和義の歌うゴールデンスランバーにいきなりジーンとくる。
ああ・・・せっちゃん♥

ま、そんなことはおいといて、さくっと感想を。

内容はもうあちこちで紹介されているので
簡単に。

無実の男が国家の陰謀により首相暗殺犯に
仕立てられ、ひたすら逃げる、という映画。

原作を先に読んでいるのだけど
この映画の良いところは、彼と関わった人達が
彼を助けようとするところにある。
それは大学時代の友人であったり、元恋人であったり
通り魔殺人犯だったり、会社の先輩だったり。
誰もが、彼の無実を信じ、危険をかえりみず
助けようとする、支えようとする。

これが愛であり、信頼というやつなんだろうな。

堺雅人という人を私はこの映画で初めて知ったのだけど
なかなかいい役者さんなのかな、と思う。
原作の青柳のイメージではなかったけど
なんだかいい感じ。

個人的には原作にいいシーンが沢山あって
その私の好きな場面が出てこなかったところとかは
少しだけ残念。

確か逃げている最中に店でガラのよくない若者のグループに
囲まれてしまって
「あ、こいつあのオッサンじゃん」みたいに
言われるんだけど、結局頑張って逃げろよ!と
ここでも助けられるのである。
逃げる時の上着とかその若者にもらっていたような気がする。

ロックな先輩 岩崎さんに「全然ロックじゃなくてすみません」と
いう青柳の台詞がとても好きだったし、岩崎さんのロックぶりが
すごく好きだった私としてはその部分も省略されていたのは
少し残念である。

だから、私はおすすめしたい!
ぜひ原作も読んでいただきたい。
もっともっと、青柳が沢山の人に愛されて支えられて
逃がされている、ということ。
それが原作ではたっぷりと出て来る。
そしてその人たちの描写も丁寧に描かれているので
感情移入もしやすいんだな。
花火屋の息子にしたってそう。
映画ではあっさりと出てきたけれど、この人がなかなか良いのだ。


いやぁ あれこれと書いたけど
ゴールデンスランバーはいい映画だった。
原作全てを表現することはやはり時間の都合で難しいのだろうけど
よくあれだけ伊坂作品をまとめることができたものだと。
期待を裏切らない映画。
原作ではぐっとこなかった場面を映画では感動したり
色々と演出もあって、さすが中村監督。

花火のシーンはずるいくらい良かったし
大学時代の回想シーンも静かに感動。

無様な姿をさらしても、逃げろ
人間生きてなんぼだ

逃げることに疲れたであろう、青柳は
自分が逃げ続けることで関係のない人が殺されたり
大切な人が殺されたり、傷ついたりするのを
見て「自分が捕まったら」
「自分が死ねば」と思ったのでは。
だけど、死ねない。
自分ひとりを逃がすために、どれだけの人が
血を流し、危険をおかしてまで助けてくれようとしているか
知ってるからだ。

だから逃げる。

私は結末がどうしても悲しすぎて、つらいのだけど
ありがたいことに映画でも原作でも
その後の日常については静かに描かれていて
それで少しだけ、救われているような気がする。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-18 11:02 | 映画 | Comments(2)

久々にエクステ

久しぶりにまつげのエクステをしてきた。
今キャンペーン中で安かったので
思い切って片目40本。合計80本。

いい年なんでエクステやってます~!ってな
華美な感じにはしないで欲しい、としつこくお願いして
カールもあまりしてないやつでいい、長さも程ほどに、と
お願いして、なかなか良いエクステが出来上がった。

よくいるでしょ~
ばっちりエクステなまなざしの女子。
あれが許されるのは若い女子だけ、と私は思っている。
中年は控えめがいいのですよ。
そうじゃないと、目以外のパーツが
バランスとして追いつかなくなってしまうから。

う~ん 久しぶりだけどやっぱいいですね
テンション上がります。
女子☆女子☆って感じがします。

この女子力アップの目で
憧れのインストラクターとお話するのが
とっても楽しみ ウヒヒ。←出た、邪な心。
でもときめくくらいいいじゃ~あ~りませんか。

ここからは駄文(暗いのが嫌な人は読まないでね)
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-15 09:23 | ビューティ- | Comments(2)

ありがとう。本当にありがとう。

バレンタインです。

この土日は私は仕事で夫は休み。
夫のほうが帰りが早かったり、休みだったりすると
ご飯の支度は夫がしてくれる我が家。
楽でいいな 夫ってのはこうでなくちゃ。

今日はバレンタインデー。
帰ってきて夫の作ったご飯を食べる前に
ふとお菓子のボックスをのぞくと
赤い箱があった。

冗談で「これ、私にバレンタインか?」とたずねると
「そうだよ バレンタインのチョコあげる。アパはオレには
くれないみたいだけど、俺はアパにあげるよ」と夫。

え~!ありがとう!こんな私にくれるのかい・・・と
そこでちょっとうるっときた。

どんなチョコだろか、とごそごそあけると
中から出てきたのは、欲しかったズッカのチューインガム!
(もらったのは真ん中の茶色)

a0091291_2055940.jpg


この時計をちょっと前に夫に
「アパにすごく似合いそうな時計を
みつけたよ 見に行こうよ」とつれていかれたお店で
私は一目ボレをした。

チューインガムは前から知っていたのだけど
写真で見るとさほど素敵に見えずそれっきり興味が
なかったもの。

だけど実際見るとブレスレット感覚で
つけることが出来るデザイン的にジャマにならない時計なのだ。

「これ、欲しい。」

そのときに「買って欲しいな」とおねだりしたのだけど
買ってもらえなかった。

「お前は俺を置いて、バリばっか行く。そんなヤツには
買ってあげない 自分で買いな」


ちくしょーいいさ ならば自分で買ってやるとも。

今度のお給料が出たら
こっそりその時計を買おうと思っていたのである。

それなのに・・・

まさかバレンタインに夫からもらえるとは
想像もしていなかった。


この時計アパに似合うと思ったから。

と照れくさそうに夫は言った。

なんだかすごくジーンときちゃって
「私泣きそうだよ」と言うと
「ウソつけ お前そんなガラかよ」と笑う夫。
ま、そうですけど(笑)

でも、思いもよらなかったサプライズに
本当に泣きそうになってしまったのだ。

そして胸をなでおろす。

おパンツ・・・買っといてよかった(ホッ)

ってことで今年は以心伝心?
お互いにバレンタインデーの気持ちの交換が
できたのでした。

夫がここを見ることはないけれど
今日の記念に。

ありがとう!大切にします。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-14 20:59 | 日常 | Comments(16)

メンズのおパンツ

もうすぐバレンタインですねー!

誰かにあげる人、もらう人・・・ワクワクのイベントですかね。

私が初めて本気のチョコをあげたのは小学校5年生の時
児玉君に。3年くらいずっと好きでとうとう思いを込めて渡したっけ・・・

あれから年月を経て大人になった今の私は
バレンタインだー?どうでもヨカ・・・てな具合になってしまいまして。

夫にもここ数年あげていません。
そもそも、そういうイベントごとに熱くなれない性質でして。
そんなことより、夫が職場でもらってくる女子一同から
贈られるたいしてお金のかかっていない(一口100円くらいか?)
義理チョコのお返しのほうに気持ちがいってしまって。(毒吐いてますな)
これは私にも経験があるんだけど、女子一同からの義理チョコって
お金かかってないんですよね~!(その職場の人間模様にもよるが)
夫も言っているけど、義理チョコなんてもらっても
返すのが大変だからやめてほしい・・・
ホントにね~義理チョコなんてね~いらないわ~

なんせみんなで100円ずつ、とか200円づつ、とか出し合って
配るから。
でもお返しは女子一人ひとりにもらえたり、けっこう良いものが
あったりする。

今まで(お返しを)もらう立場だったほうとしては
ラッキー!ハンカチもらえた!とか、こんないいものもらって
え~んだろか、100円しか出してないのに、とかで
得した感があったのですがね。

逆になってみて分かりました。

夫の立場を考えちゃうんですよね~
しょうもないもの買って来て恥をかくのは夫。

お返し。
それはセンスを問われるものであります。

500円のものをもらったからといって
同じようなものを返すのはなんだか粋じゃない、と考える私は
とにかく自分がもらったら嬉しい、ものを探す。

何年か前のお返しの時は
ボンヌママンのクッキーを自分でラッピングして
女子の数だけ持たせた。

帰ってきた夫に
「可愛い!って喜ばれたよ ありがとう」と言われたときには
ガッツポーズもんだ。

そんなバレンタイン。

今年も夫の分はスルーしようと思っていたのだけど
好きな人にもらうのが一番嬉しい、とつぶやいている。
どうやら、嫁からのチョコを期待している様子?
そういえば最後にあげたのは何年前だっけねー・・・

あげるわけないだろうが
私がそういうの好きじゃないの知ってるだろ!

といいながら・・・たまにはいいか、と探してみたところ。
チョコはやめた。
味の分からない男だし、わざわざチョコをあげなくてもね。

ってことで男性の下着売り場へゴウ。

色々見た結果
ポール&ジョーのボクサーパンツをプレゼントすることにしました。
ポール&ジョーは可愛い柄が多くて自分が欲しいくらいだったな~
花柄とか小鳥の柄とか色々あったけども

選んだ柄は!!!
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-02-12 10:17 | 日常 | Comments(12)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧