旅するねこ毛

<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

とっておきの一枚

今回の渡バリではいつもより、多めに写真を撮ってみた。
肉眼で色んなものを見ていると、ついカメラを構えることを
忘れてしまったり、どうでもよくなってしまったりすることが多くて。
だけど、そうだ せっかくブロガーなのだから
記録に残さなくてどうする、と心を入れ替えてみたんである。

帰国後に写真の整理をしてみる。

あ~こんなのも撮っていたんだ 素敵素敵。
こんな写真は削除じゃ~

などとやっていたのだけど・・・

私の中で大好きな写真があって。
この写真を見ると、ついほほえんでしまう。
我ながらナイス写真だわ~と思う。
ん?モデルはどうでもいいんかい!
いえいえ、モデルがいいからなんですけどね。

a0091291_1148564.jpg


このお方は私がお世話になっているルナGHの女将
ケメさん、後姿のチビッコはリョータ。

すごい自然に撮れていて、どこにも作った顔がない。
こういう写真が私は大好き。
バリ人を(ん?ケメさんは日本人でっせー)こういう風に
撮れたらいいなっていつも思うのだけど
あの人たち写真が大好きなくせに、いざ撮ろうとすると
固まっておそろしい顔になる人が多いんですね~クナパ
でも私もそうなんで、なんとなくわかるのだけど
それでもあの人たちのように恐ろしい顔にはなってないと思う・・・

ケメさんときたら、大将でしょう。
ってことで、ワヤンさん。
(余談ですが、ナイスバディでっせぇ。たまたま上半身裸を目撃してしまったのですが
生唾出ちゃいました 思わずもっと見せて、と迫ってしまいました え~体や・・・フヒヒ)

a0091291_11482764.jpg


ルナは写真を撮ろうとするといつも顔を隠そうとするー(ばれてるやーん)
ノッてきたら、笑顔でうつってくれるのにねーふほほ。

ルナGHは、家族経営のあたたか~いおもてなしと
一人でまったりしたいの、放っておいて~の人向けさっぱりしたムード
両方兼ね合わせているので、おすすめですよ。

実は私も夫もどちらかというと「放っておいて」タイプ。
普段日本で気を使って生きているので、バリでくらい
旅行の時くらい、何も考えずまったりしたい、と思うほうなのですね。
なのではじめてルナGHに泊まったときは2階のテラスで
二人でまったり朝食を食べたもんだ。
なかなか一階のお座敷には下りなかった・・・

でもね~
これがね~だんだん心を開いてくると
そろそろと・・・座敷へと(笑)
禁断の座敷へと・・・

楽しいんだな 本当に。
ゲストと話すもよし、家族のみんなに遊んでもらうもヨシ。
一人で座敷で寝っ転がるもヨシ(誰かがやってくるし^^)

そんなルナGHのご紹介でした。

ん?お部屋や料金の紹介はせんのか(笑)
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-27 11:56 | バリ・インドネシア | Comments(29)

ネコ日記

僕はネコ。
名前はわけあって言えないけれど、アパんちのニャンズの男のほうなのさ。
なぜか登場回数は少ないけどねっ。

僕が一番好きな人を教えてあげよう。

僕はアパのダンナさんである、僕にとっては「と~ちゃん」が大好き。
好きで好きでたまんないんだな。
帰ったらアパなんてすぐ自分の用事しちゃって僕のことなんて
ただいま~って言うだけであまり撫でてくんないんだ。
いつも忙しそうだ。

でもと~ちゃんは違う。
帰ったら頭を撫でてくれて、僕らがするように鼻をくっつけて
愛情表現もしてくれたりするんだ。
アパは僕が顔をペロペロなめたら「臭い、痛い」と嫌がって
なめさせてくんないけど、と~ちゃんは黙ってなめさせてくれるんだ。
僕なりの愛情表現を受け止めてくれるんだな。

爪切りや、歯磨き、目やになんかをとってくれるのも
大事なトイレ掃除をしてくれるのも、みんなと~ちゃんなんだ。

アパなんてな~んもしやしないのさ。

だから僕はと~ちゃんが大好きなのさ。
アパが数日いないことなんて気にならないけど
と~ちゃんがいないと不安になるのさ。

前に仕事で2ヶ月くらいと~ちゃんが家をあけたとき
僕は毎日と~ちゃんを探して鳴いたのさ。
なんで、と~ちゃんがいないのさ、と夜鳴きをして
アパを困らせたこともあったのさ。

と~ちゃんが帰ってきたときは
匂いですぐわかるから、あの時は嬉しくて
ジャンプして飛びついちゃったもんな。

と~ちゃんは
「二ヶ月もいなかったのに覚えててくれたんだ」って
言ってたけど、当たり前じゃないか。
僕を何だと思ってるんだよ 大好きなと~ちゃんのことを
忘れるわけがないじゃんか。

僕はと~ちゃんが家にいる間は
いっつもと~ちゃんにべったりだ。
と~ちゃんが大好き。

アパはそれを見て
「いつも男同士くっついておかしいな」とヤキモチを
やいている。
ふん 女には分からない男同士の絆ってものがあるのさ。

そんな僕ももう9歳。もう9年も一緒に暮らしているんだね。
最近は寝てばかりのことが多くなって顔も老けてきたみたい。

と~ちゃんは、「まだじ~さんになるのは早いぞ!あそぼう ほら!」と
オモチャで遊ぼうとしてくれるけど、ごめんよ もう僕そういうことが
できなくなってしまったんだ。
興味がなくなってしまったみたい。それよりもゆっくり寝ているほうが好きなのさ。
こうして、と~ちゃんのヒザの上にいれたらそれで幸せなのさ。

a0091291_1121046.jpg


最近二人はよく僕と妹の話をしているね。
長生きして欲しいね あと何年こうしていられるかなぁって
アパなんて、想像だけで涙ぐんだりしてるんだぜ。
笑っちゃうよね。

でも、大丈夫。
僕も妹も元気で長生きするよ。

だから、今日もおいしいもの食べさせて
たっぷり可愛がってね。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-27 11:24 | ネコ | Comments(16)

インドネシア語とAMEDのワルン

夫が数ヶ月前にはじめたインドネシア語。
今年の2月に一緒に行ったバリで「テリマカシー」と「すらまっぱぎ」しか
言えずバリ人と交流をもてなかったことがくやしかったらしく
それから猛勉強を始めた夫。
夫は英語がある程度理解出来るから別にいいんじゃないの?と思うのだけど
現地の言葉を話したいんだってー!
私が投げ出したインドネシアの教材をかたっぱしから読み、
マーカーなんてひいちゃって通勤の電車や寝る前などに
一生懸命勉強している。

結果・・・もともと語学上達の才能あったのかもね。
私よりうまくなってました。
私は何も勉強してないので今はほとんど話せませんから~

たまにインドネシア語で冗談で会話の練習をしているのだが
私は現地の会話で習得したなんちゃってインドネシア語。
夫は教科書で文法の基礎から独学で覚えた派。
そこに大きな違いが。

私の文法の間違いを指摘されるんですねー!
その使い方は違うと思う、と。
正しく言い直されちゃったりして・・・
で、よくよく考えると、夫が正解、だったりして
ちょっとへこむ。

昨日なんて寝る前に何読んでるのかしら、と思ったら
インドネシア語のどらえもんを読んでましたからー!

今では私が聞くことが多くなってすっかり立場逆転。

「大好きなバリで現地の人と会話したい」とただそれだけの
情熱を持って毎日勉強している夫。
わが夫ながらすごいなーと思う。
インドネシアのドラマやNHKラジオでインドネシア語に触れ
日本でもインドネシア語の発音になれていたいから・・・と
何かしら頑張っている。

今じゃ、インドネシアポップスも簡単なものなら辞書なしでも
訳せてるんですよー!
これってすごくないですか ワシには無理。

情熱を持って何かを始めるとこうも効果が出るものなのかと
新鮮な気持ちになった私には・・・
きっと情熱が足らんのだろうなー
上達するどころか、今回の渡バリではほとんど話していない。

が、しかし話す機会なんて簡単に訪れるものですなー。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-26 11:13 | バリ・インドネシア | Comments(10)

ガルーダ機内レポ

飛行機に乗る時はある程度ちゃんとした格好で。

これは数年前に間違って、ブルネイ航空のファーストクラスに
乗ってしまった私の苦い体験から学んだ教訓である。

まだうら若き20代の私は、バックパックを背負って
アジアを旅している真っ最中であった。
ある日行き先はもう忘れてしまったが、ブルネイ航空を使って
違う国へ移動することになったときのこと。

長期旅行だったのでとにかく薄汚い格好をしていた私。
飛行機に乗った時の服装は今でも忘れはしない。

よれたTシャツにデニムのオーバーオール。
ジャワ島で買った100円くらいのビーサン。

今その写真を見ると本当に小汚い格好なのだが
当時は何も感じていなかった。

チェックインすると係員が言う。

当方の手違いにより、あなたの購入したエコノミークラスの座席が
満席でうまってしまっている。
大変申し訳ないが、ファーストクラスを用意しているので
そちらでかまわないか、とのこと、

かまうもかまわないもファーストクラスですと?
もちろんいいに決まっているじゃないか!

とルンルンで乗り込んだ私。

が、なんせファーストクラスを体験するのは初めてで
座席の広さ、機内設備の素晴らしさに目がくらくらする。
ほかに客は2人くらいしか乗っていなかったと思う。

早速当時のスチュワーデスさん(当時の呼び方で書かせていただく)たちが
変わるがわるあいさつをしにきた。

ようこそ ブルネイ航空へ。
私たちがあなたのお世話をさせていただきます。
御用は何なりと。

ひぃ~~!こんな小娘が手違いでこんなところに
座っちゃってすみませ~ん
こんな汚い格好ですみません~・・・
と萎縮しまくりの私にとどめをさしたのは
男性のおえらいさん。
その紳士はひざまづいて、こう言った。

アパ様。ようこそブルネイ航空へ。
アパ様をご担当させていただきます、と。

なんだかみんなに笑顔で話しかけられ
薄汚い私は「さ・・・さんきゅ~ぅ」と言うしかなかった。

ファーストクラスに100円のビーサン
あちこち汚れたオーバーオール・・・

ものすごい豪華な食事や、おいしいケーキをいくつも出されて
普通なら味を楽しむのであるが、この場にそぐわない自分に
緊張して味を感じることができなかった。
(ファーストクラスの食器って割れるちゃんとしたお皿などを
使うのですね~・・・レストランみたいでした・・・)

そんな苦い体験から、飛行機に乗る時は
ラフな格好でもなるべくきれい目にしよう、と決めたのである。

そうは言っても、スウェットで乗り込んだこともあったけど
一応スウェットでもおしゃれ感を、という自分の中での
決まりがあるわけで~
(まぁでも他の人から見たらぱじゃま同然か?)

前置きが長くなったが、
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-26 09:01 | バリ・インドネシア | Comments(4)

美容ローラー リファ

と、とうとうやっちまった・・・
今話題沸騰中の美容ローラー リファを・・・
ぽちっとやってしまいましたの~

実はこれ、とあるお店でためさせていただいたばかりなのである。
販売員は若い20代前半くらいのおねーちゃんだった。
彼女 売る気マンマン。
悪い子じゃないのだけど、年若いからか?
ちょっとした言葉が妙にひっかかってしまいましたの・・・

私はお肌のたるみ(アゴのラインね)が気になっており
そのへんをシャープにしたいなぁというのと
ほかには全身にも使えるということだったので足のマッサージや
ウエスト周りなど気になっているところを重点的に使ってみたいわ!と
思っていたのである。
試している時点で半分買う気になっていた。

しかし・・・

そのおね~ちゃんは私が何も言っていないのに
勝手に「お客様の気になっているほうれい線にもばっちりききますよ~」
「特に左のほうれい線がはっきり出ていらっしゃるので、これで
ごろごろしたら気にならなくなりますよ~」

と、とにかく人のほうれい線を指摘。

はい、ほうれい線 ええ年ですから確かにありますよ
わかっておりますよ
でもね~こっちから「ほうれい線が気になって・・・」と
相談したならまだしも・・・
何を勝手に判断しとるんじゃい・・・
しかもそんな何度もほうれい線がほうれい線が・・・と
連発されると、今までさほど気にしてなかったものが
妙に気になってしまうではないかー!

アカンねー微妙世代の気持ちを全くわかっていない。
こんな接客をする人からこんな高価なものを
買いたくない・・・と思い、買うのをやめて店をあとにした。

きっと、というか本人には絶対に悪気はない。
良かれと思って言っているはず。
そして彼女から見たそのまま、ありのままを述べただけだと思う。
私はひねくれているので、事実は事実と認めるけども
そういうデリカシーのなさに嫌気がさしてしまったのである。

もうとにかく何が何でも売りたい!という気迫だけが
伝わってきて、要するに心がこもってない接客だったのだな。
私はバイトで、販売の仕事をしているのだけど
どんな安いものでも、気持ちよく買ってもらいたいと思っている。
だから、一人ひとりのお客さんに、気持ちをこめて対応しているつもり。
とにかく売りたい!というよりも、よさを知ってもらって
納得してもらった上で気持ちよく買って欲しいと思っている。
そういう考えで接客をしているから余計に彼女の「とにかく売りつけるどー!」な
態度が気に入らなかった。

一生懸命働いて得たお金は気持ちよく使いたいものだ。

ということで早速ネットでぽっちり♪
お買い上げ~届くのが楽しみだ。

頬があがってハリが出て・・・足が細くなったらいいなぁ

こんなやつです↓

a0091291_22144857.jpg

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-25 22:17 | ビューティ- | Comments(8)

デンパサールでおパンツを買うの巻。

ある日誕生日を迎えた私は、誕生日だから、と百貨店に足を運び
記念すべき25歳(コラコラ)のスペッシャルパンティーを4枚ほど購入したのであった。

本当はコットン100で花柄とかのきゃわゆいのが
好きだけども、もう立派なレデーだし・・・と花柄のきゃわゆいのは
一枚だけにして、残りは総レースやフリルひらんひらんなどの
ちょっと大人めのおパンツを購入。

そのお値段は軽く一万円を越えた。
パ、パンティーって高いのね~~・・・

で、バリで新品をおろそうとその素敵パンティーを持参。
だけど、なんだかなかなか穿く気にならない。
もったいない・・・だって高かっただから~
穿くために買ったのだけどね・・・
一応こんなこともあろうかとボロパンツも持参しておったので
穿くのはボロパンツばかり。

そこでふと思った。

そうだ、バリでパンティーを買ってみるのはどうだろうか。

そして思い立ったら即実行。
ということでデンパサールのティアラデワタへ行ってきた。

あるわ あるわ 素敵なランジェリーが!
日本のものとそう大差ないようなレースものや
コットン系やらたっぷり。

しかもお値段は安いものでRP16,000(約155円 09.11月 レート103)
少し高めでも45,000ときたもんだ。
や~~っす~~~~~!!!!
しかも半額セールとかもやっている!
とにかくデザインが可愛いものが多くて13枚も購入しちゃったのである。

しかも何度か洗濯しているけど、ほつれとかは
まだありません。
下着なんて消耗品のようなものだし、多少ほつれても
元値が安いのだから気にしないわ~。

ほくほくです。
ベーハー(ブラジャー)はワイヤーが心配だったので
買うのはやめたけど聞くところによるとワコールのものも
置いてあるらしい。ワコールだったら欲しいかも。

今までなぜバリで下着を買うということを
思いつかなかったのだろうか!
激しく後悔しちょります。

これから渡バリ時にはデンパサールで下着購入コースを
導入しようと決意したのでありました。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-24 23:30 | バリ・インドネシア | Comments(8)

カキアンのプリン


a0091291_2335178.jpg
ウブドのカキアンベーカリーのプリン
今回ようやく食べることができました!

ネコさんのおすすめだったこのプリン。
食べるのをとってもとっても楽しみにしていたのでありました。

これが!!

いやぁ~ん おいちい!!!
一個じゃ足りないくらいおいちい!
ということでウブド滞在中3回食べちゃいました このプリン。
幸せだったわぁ~

気になるお値段のほうは小さいプリンのくせに
RP10,000(約97円 09/11/6 レート103)

とろ~んととろけるこのプリン
お値段はまぁまぁなのに食べるのはあっという間でした。
でもこれ、わたしのバリのお気に入りになりそう。

今までデザート系で私のお気に入りは
アイスクリームのマグナム(これもRp10,000)だったのだけど
同じくらいこのプリンのファンになりました☆
ちなみにマグナムアイスは高いだけあって他の4000ルピアの
アイスクリームとはもう別格です。
チョコの硬さが違う バニラが違う。
やっぱ高いだけあるわ~♪
優等生アイスです。マグナム。

カキアンのプリンは、プリン大好き人間としては、ちょっと食べる前は
ドキドキだったのです。
だって、これ!というおいしさのプリンってなかなか出会えないから。
でもカキアンのプリンは本当に舌がとろけるくらいおいしかった!!
また食べに行くどー!
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-23 23:06 | バリ・インドネシア | Comments(8)

カエルを食べた

グルメじゃない私。
食べることに冒険をしない私。
同じものが続いても平気な私。

渡バリ何度目やねん?というほどバリを訪れていますが
いまだサテ・カンビン(ヤギ)を食べたことがありません。
なぜ?自分でもわかりませんねぇ~
次回こそトライしてみようかと思うのだけど
その前にトライしてしまったものがありました。
ぬぁんとそれはカエル!!

あ~ん 食べたくないわ~と思っていたカエルだったのだけど
これには理由がありまして。
プネスタナンのイケメンデラックスの一人(なんだそれ)
「プネの斉藤和義」がルナGHに飲みに来るということで
ワクワクして待っていた下心丸出しのワタイ。

a0091291_2131246.jpg


持ってきたのはカエルを揚げたものでした~
(写真ボケボケですんません)
これをツマミに飲めってか・・・

どうするー?カエルだべ・・・とひるんだのだけど
プネの斉藤和義(あくまでワタイの中でね)が揚げたカエル。
これを食わずして日本には帰れない!ということで
頑張ってほおばってみましたが。

は、はっきり言っておいちくなかった・・・
たんぱく質たっぷり たぽんたぽんな味がして
ダメでした~ミルクっぽいというか何というか・・・

でも、初恋の味がしました うふっ♪

カエル食った私ですが、お部屋はこんなに乙女ですのよ
ルナGHではこの部屋以外には泊まりません。
ドレッサーがついているというのが一番の理由なのですが
ほかにも理由が・・・でもそれは内緒♪
a0091291_2143560.jpg



そして、プネ和義写真を頑張って撮ろうと試みたものの
あからさまな撮影に(ファンだということをはっきり言ってますから~)
拒否られこんな写真しか撮れなかった。

手前のもじゃもじゃヘアーのデニム短パンのメンズがそうです。
お団子結びみたいに無造作に髪を結んでるんです。
とにかく基本オサレな人です。
私が言うのだから間違いない!(どんな理由だ?)

a0091291_2145764.jpg


どれ、もう一枚・・・やっぱりだめでした
このでかいピアスの穴イカしてますよね!
1000ルピアはさみたくなっちゃうんですよね。

a0091291_2155623.jpg


次回こそ、と今から隠し撮り作戦を計画している私なのでした。
ちなみに今回の撮影協力はルナGHの女将でした。
ご協力ありがとうございました~。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-21 21:14 | バリ・インドネシア | Comments(10)

バリ滞在レポ・・・

今回も、ぐでぐでと過ごしてしまったバリ滞在。
実は今回私の荷物はお土産も含め全部で50キロあったのですが
その中には
・バリでのんびりスキンケアをしよう
というのがあって持っていったコスメの数は半端じゃなかったです。

今回滞在する宿は全てバスタブのある部屋を選んでいるので
うっししうっしし・・・美女になるべく頑張るぞ~・・・の意気込みだったのですが
見事に挫折。
ヒマになることに忙しい、というのでしょうか?
なんか「今日も何もしなかった」と反省するほど何もせず
ルナGHでは女将の仕事の邪魔をしながら、べっちゃらくっちゃら・・・お話タイム。
あっという間に時間が過ぎ、おかげで自分磨きをする時間がない・・・
さぁやろうと思えば眠い・・・
そんな感じで足の毛はボウボウ、鼻毛もチラリ(バリってすぐ毛が伸びるのよね・・・)
指毛ワッサリ、カカトは角質ためこみ放題・・・というようなありえん女子になって
帰国したのでありました。
帰国した私を見て夫は「・・・なんだか薄汚くなって帰ってきたな」と
つぶやいたくらい、すすけてますからぁ~。

しかし、初日の意気込みだけはすごかったのです。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-20 11:43 | バリ・インドネシア | Comments(14)

素直になれたら。

もっと素直になれたらな、と思う。

あるとき、私は誕生日を迎えたのであるが
帰宅すると留守番電話に父親からのメッセージがあった。

「誕生日おめでとう」一言でぷつりと切れたその電話。
何ヶ月か前に父親がガンであることを書いたが
そのメッセージを聞いて、「本当にこの人は死んでしまうのかも知れないな
近いうちに。」と感じた。

父親の娘として生まれて、誕生日のメッセージなんて一度も
もらったことがないし、覚えていたということに驚いた。

とりあえず、電話をした。
後悔しないように、言いたくてもいえなかったたったのひとことを。
その言葉はわれながらぶっきらぼうで怒り口調の
「ありがとう」

おそらく父親は死ぬ準備をしているのだろうと
思ったからこそ、言えた言葉なのかも知れないなと思う。

本当に私は素直じゃなくて、なんでこんなに素直に
なれないのだろう、ということが日常の中で沢山ある。
愛情表現もできない。
それに対し、夫は素直な人間で、時折それがまぶしすぎて
つい意地悪心が芽生えてしまうのだな。

先日帰国した日 夫は昼までの仕事の日であった。
私が関空を出たのが9時過ぎ。
それから家に帰るまでに2回電話があり私は2回とも
「今タクシーの中だから」とそっけなく切ってしまった。
そして無事家に帰宅。
するとまたしても夫から電話。

「なんで何回もかけてくるのさ」
「かけちゃ悪いのかよ」
「だって朝から電話ばっかり!今日もうすぐ帰ってくるんやろ
 だから電話はもういいよ」
「はいはい わかりましたよ」

それで終わったのかと思いきや
今度は「今駅についた」とまたもや電話。

私が帰ってきたのをうれしそうにとてもわかりやすく表現してくれるのだ。
帰ってきてから疲れていたので横になっていると
「やっと帰ってきたなぁ」と寝ている私の腹の上に
頭を乗せて横になってきた。
私はちょっと嬉しかったのだけど、出た言葉は
「くさい!重い!」←あんまりですね・・・

それでも、何度も「やっと帰ってきたなぁ」
「ヒマだった」「やっぱりいないと寂しい」と喜んでくれる夫に
ちゃんと愛情表現をしたいと思うのだけど、どうしても出てこない。
言わなくても、ちゃんとわかるだろ、という私と
「言葉にしないと伝わらないだろう」という夫の決定的な違いが
こういうところに表れていますね。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-11-19 12:30 | 日常 | Comments(14)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧