旅するねこ毛

<   2009年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

不道徳教育講座

私は猫が大好きです。
理由は猫というヤツが、実に淡々たるエゴイストで
忘恩の徒であるからで、しかも猫は概して忘恩の徒であるにとどまり
悪質な人間のように、恩を仇で返すことなどはありません。


「不道徳教育講座」 三島由紀夫著 ~人の恩は忘れるべし~より。

教師を内心バカにすべし
大いにウソをつくべし
人に迷惑をかけて死ぬべし
友人を裏切るべし

などなど目次だけ読んでいると
ええ~~!というような内容を想像させるが
これが意外にスジが通っていて、おもしろい。
まぁ独特の視点ではありますが、理屈だろうが、屁理屈だろうが
とにかく堂々と主張するものの勝ちだなぁと思わず感心してしまう。

おすすめかどうかは別にして、まぁ楽しく読ませていただいた。

中でも猫への表現はピッタリですなぁ。
淡々たるエゴイスト・・・
忘恩の徒って・・・

そうなんだよね~アンタたちってそうなんだよねぇ~と
我が家のニャンズを見てみる。
私のこと、どう思ってんだろか?

犬と人間の関係って、想像するに「ご主人様だ~いすき♪」ワンコと
飼い主・・・という図式、対して猫と人間は「アナタに好かれたい ついていきます~」と
いうのが人間で「ふんっ、あたしゃ好きに生きるのさ」と自由きままに動き回るのが猫・・・

こんな感じなんですけどね、私のイメージは。
どうでしょうかね?
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-24 21:19 | 本・雑誌 | Comments(6)

ジム友出来ました。

最近ジム通いを頑張っている。(仕事しなさいよ)
行かなくなると足が遠のいてしまう(会費は払い続けるけど)・・・それがジム。
行き出すと狂ったように行ってしまう・・・それがジム。

まぁ今の私の狙いはさわやかイケメンインストラクター狙いってのも
半分ありますが、理由は何であれ体を動かすことはいいことさ。
昨日はぬぁんと~帰り際に肩を叩かれてしまったワン(うっとり・・・)
あーん ウレチー

ジムに通いだして10年以上経ちますが、
はじめてジム友なるものが出来ました。
しかも二人も!
同じレッスンを受ける人で、へたくそなのでお互い似たような場所を
陣取っている。
へたくそなので動きが目立つ・・・
ということで仲間意識が生まれ、いつしかおしゃべりする関係に。

でも名前とか、何をしている人か、なんて知らない。
ジム友ですもの、そんなことは必要ないの。
会話だって、スタジオのこととかインストラクターのことばっかり。
レッスンに行けなかった時は「先週なんで来なかったの?」などと
声をかけてもらえる・・・なんか嬉しい。

そのジム友たちは
おばちゃん・・・
一人は多分60は過ぎてるな・・・
もう一人はファンキーな容貌でパッと見 どこの国の人か
よく分からない強烈なキャラ。
5,60代だと思うんだけど・・・

とにかくめっちゃ元気です。
私なんか週に2,3日くるのに必死なのに
ほぼ毎日通っている。
おかげで彼女たち、体型はすっきり しかも健康的。
私の受けるレッスンは下手なくせに、ハードな内容ばかりなので
それをあの年齢(知らんが)で参加するなんてガッツあるなぁ。

ジムって雰囲気独特だけど、ものすごく楽しい。
やめられませんな~!
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-23 18:31 | 日常 | Comments(2)

まったくためにならない。

あるブロガーさんに教えていただいた深沢くんの(こらこら・・・)
「言わなければよかったのに日記」を読んだ。

この本に関しては深沢七郎氏のことを深沢くん、と呼びたくなるような
内容のものであった。

ひとことで言うと、まったくためにならない本。

もっとピリッとしたことが書いてあるのかと思っていた。
だって、深沢七郎ですもの。
「生きているのはひまつぶし」と言い放ったお方ですよ。
ところが、ここではイッキに「大丈夫かこの人は」という感じ。

まったくためにならない本・・・
いいですねぇ ニヤリ。
確かに悩んでいるのがバカらしく思えてくる。
そこには何の悟りも説教も教えもない。
読んでて「それでいいのだ」と思えてくるから不思議。
いいわぁ 深沢くん。
ためにならないことばっか書いてるけど、
楽しい!サイコー☆

余談だが、私いわゆる自己啓発系は苦手。
どれだけ立派なことが書かれていても
真正面から来られるとよけてしまう。
自己啓発系を批判するのではなく、単に私の
性格に合わないというだけのこと。

「自分を変えよう」「刺激が欲しい」とか・・・
色々あると思うのだけど、あえて自己啓発本から
ヒントを得るのではなく、本人の意図することなく
書かれた言葉から探り出すほうが好きなんだな。
そこに真実を感じる。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-22 09:03 | 本・雑誌 | Comments(4)

☆ドキッ!年寄りだらけのサイクリング大会☆

「ドキッ!年寄りだらけのサイクリング大会~ポロリもあるよ」


まず、超私信入ります。

メンバーである、年寄りの皆さん。
体力勝負なのでとにかく日ごろから体調管理を
十分にしておいてください。
年寄りなので無理は禁物。後ろ振り返ったら自転車漕ぎながら
死んでた、なんて笑えないエピソードはいりません。

「人に迷惑をかけない、気を使わせない。」
これ、愛される年寄りの秘訣ですよ。


何のこっちゃ、読んでくださってる皆様 分かりませんね。
ブログを思いっきり自由に使わせてもらっています。
読んでる人には??な内容なので
どうぞスルーしちゃってくだせぇ。

でも一応説明しておきます。

私が通う美容院のオーナーが自転車を買ったのです。
すごく立派なロードバイクというシロモノを。

オーナーは今まで通勤にバイクを使っていたのですが
バイクを売っぱらって、ロードバイクを購入したそう。
それからというもの毎日、風になって通勤している。

そういう話をしていて、いいなぁいいなぁとワイワイやっていたら
ツーリング行こうぜい、という話になり、とんとん拍子で決定。

こういう話は思い立ったら即行動!しないと
流れてしまいがちなので日程決めて、メンバーも募って
一応決定?となっております。

年寄りで集まって、何かやる!
なんか、そういうのっていいですねぇ~

年寄りには知恵がある!無理がある!
意地もある!

いいのか悪いのか分かりませんが、年寄りが頑張ることに
意義があるのです。
今回はそういうテーマ。
ってことで一応「ロック」がテーマになってます。

めっちゃロックじゃないですか!!
それぞれのブルースを乗せて走るロックな年寄りたち。
いいわぁ~

年寄りっていくつのことをさすのか?
私より上な方には申し訳ないですが・・・
自分をもう若くはないと自負しております。
そりゃ人生まだ半分も生きていないけど
もうすぐ半分には違いないし、ギャグも入ってるので
みんなで年寄りを楽しんでおりますよ。

当分バリには行けないので、今年の夏は
バリを忘れることができるよう楽しもう、心にも花火を!と
決めておりました。
ワオ!楽しみやなぁ~
梅雨が明けたら山登りも行きたいし、夏って
本当に短いから、一日たりとも無駄にしたくない。

夏だ!ロックだ!自転車だ!
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-22 08:40 | 自転車部 | Comments(6)

ヘルシアとスーパーVAAM

私のお気に入りをご紹介。
両方ともスポーツ系ですけど。

まずはヘルシア・ウォーター!
a0091291_10125774.jpg

飲んだことある方もいらっしゃると思います。
茶カテキンが540mgも入った飲料ですね。
これ、イマイチよくわからんのですが、脂肪を燃焼させるのではなく
消費しやすくする、という何とも微妙な・・・

トクホの商品とのことですが、まぁ飲んだからといって
痩せるわけじゃないだろうし、即効性もないだろうし。
しかも一本180円くらいしてめちゃ高い。(500mlで)
毎日一本飲むことをお薦めします・・・と言っていたなぁ。

去年あたりからちょこちょこ飲んでいるのですが
当然毎日なんて飲んじゃいないので効果はなし。
でも茶カテキンの苦味が、おいしくて・・・たま~に飲む。

どうせ飲むならちょっと継続させてみようじゃん、ってことで
楽天で1ケース(24本)注文しちゃいました。

毎日続けて24日分・・・さて、どうなるか?
まぁ私はこれと併用でスーパーVAAMも飲んでいるので
効果は出やすいかも?

そう、次はスーパーVAAMのご紹介。
これはかなり前から飲んでます。
a0091291_10131153.jpg


運動する前に飲むと運動中の体脂肪を燃焼させる、というものです。
前にサンプルとしていただいて、半信半疑で飲んでみたところ
ものっすごく体がぽかぽかしてきて、代謝悪く、激しい運動をしても
Tシャツがびっしょり濡れる・・・なんてこともないくらい汗をかかない私が
め~~~っちゃ汗をかいたんですね。

これは すごい☆
体感してしまってからというもの、運動前には必ず飲むようにしています。

このVAAMも高い。
200mlでなんと300円します(泣)
パウダーも出ているけどパウダーだと7袋で1780円
じゃっかんお買い得?

ジムに最近は頻繁に通ってますが
けっこうVAAMを飲んでる人多いんですよ
そして飲んでる人は必ず「効果ある」「汗をかく」「持久力がつく」など
口々におっしゃるので、説得力ありますね。
アスリートが飲んでいるというのも納得です。

どうせやるなら効果的に。
頑張るでぇ~☆

ヘルシアはまだ分からないけど、VAAMは本当にお薦めですよ!
ま、どれでもそうですが、効果は人それぞれだと思いますけど。

あ、言っておきますけど、メーカーの回し者じゃありまへんで~(笑)
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-19 10:15 | ビューティ- | Comments(10)

あたたかな記録。

斉藤和義のFC会報を読んでいたら、思わず涙ぐんでしまうエピソードが
あったので記録に残しておこうと思う。
(ぜんっぜん関係ないけど、今日のBGMはスガシカオの「TIME」どす)

私はせっちゃんが語る猫話が大好きで、聞いてるだけで
心がホカホカしてくるのだが、今回も猫ネタ。
新曲(ってまだ言うのか?)ドント・ウォーリー・ビー・ハッピーについてのエピソードで
その話はふっと突然出てきた。
油断していたので「えっ!」とちょいひるんでしまう。

このタイトルは家にあったグラスに書いてあった言葉を
そのまま使っている、というのは知っていたのだが
こんなお話があったなんて・・・

もったいぶるのはこの辺にして、っと。

何年か前に飼っていた猫が亡くなった時に
自宅に祭壇を置いて、お水をあげようと
箱からグラスを出したらそのグラスに
書かれていたのがこの言葉だったとか。
そのグラスを手に取ったとき、泣けて
泣けてしょうがなかった、と
せっちゃんは言っていた。

ひえ~・・・
なんて人なの・・・なんて愛情なの
なんて幸せな猫なの・・・

まず猫に対して「死んだ」という言葉を使っていないところも
愛情を感じたし(別に死んだ、でもいいんですけど)
もうどんだけその子はせっちゃんに愛され、大事に
されていたのか、分かりますよ。

妙に感情移入しちゃって、じわ~っときてしまった。
自分ちにも猫がいるから、余計になんだかぐっとくる。
この子たちもいつかは死んでしまうのだろう、とよく考える。

自分の都合で家猫にしちゃって悪いなぁとか
この子らはこの家で幸せなのかなぁとか
よく夫婦で話し合う。
言葉が通じないから、どう思っているのか
分からないけど、とにかくいつも元気で健康で
いてくれていることに感謝している。

猫といえば、阪神大震災のときに私が住む地域は
モロに被害を受けたところで、当時一人暮らしだった私は
中学校の体育館に避難していた。
あの時は皆それぞれに涙していたり、緊張して
ピリピリした空気が流れており、当然誰も笑っている人は
いなかった。
これからどうなるのだろう、そんな思いをそれぞれに
抱えていたのだろう。

当時姪はまだ生後間もない赤ちゃんで
震災時は冬だったのでまだまだ寒く避難するときに
私は部屋からムートンの暖かい敷物を持ってきていた。
姪のために。

緊迫した空気に息が詰まりそうになり廊下に出てみると
みゃーみゃーと猫の鳴く声が聞こえてきた。
どこだろう?と探してみるとダンボールの中で
紐につながれた猫が不安気に鳴いていた。

ちゃんと連れてきてもらえたことがうれしくなり
しばらく様子を見てみると寒さと緊張のためか
猫は震えていた。

どうしようか・・・としばし考えた私は
自宅からムートンを持ってきていたことを思い出し
室内に戻る。
姉に言ったら怒られるだろうな~なんて言って返してもらおうか、と
思いあぐねていると、幸いなことに赤ん坊も姉も寝ていた。

しめしめ・・・と赤ん坊からそっとムートンを奪い
猫のダンボールに敷いておいた。

しばらくして、姉が大騒ぎ。
「@@(姪の名前)のムートンがなくなってる!!!」

「あ~ごめん、返してもらったよ」
「なんで!!寒いのに風邪ひくやん どこ??!」
「外に猫がいて、その猫が寒そうやったからあげた」
「はぁ~?@@が風邪ひいてもいいっての?」

そうではないのだけど・・・そのときはとっさにして
しまったのだから分からない。
でも人間は何とでもなると思ったのだ。
猫は何が起こったのかわからない状況であんな
ところで震えている。
その方がなんだか辛くて。

姉からはこの後たっぷり説教されて、
「姪より猫が大事な叔母」と数年後まで言われてしまう。

その猫だが、気になって後で戻ってみると
飼い主さんが猫の様子を見にきており
猫に話しかけていた。

毛布誰にもらったの?
よかったね 何もしてやれんでごめん、と。

私の視線に気がついたその人は
「誰かが毛布を入れてくれたみたいで・・・」と
話しかけてきた。

まさか私です、なんていえないので
「これで猫ちゃんも寒くないですね~」と
猫を撫でて室内に戻った。

そんなことをふっと思い出した。

いつまでも元気で長生きしてください。

a0091291_963380.jpg

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-19 09:10 | 斉藤和義 | Comments(12)

大事なところは隠します。

猫はいいな 疲れているときは猫に限る。
ちょっと疲れて帰ってきて、まず見るのは猫。
一応二匹とも「仕方なく」出迎えてくれる。
寝るのが仕事の彼らだけど、ほかにも仕事あったんだね・・・
家の人の見送り、出迎えも大事な仕事さ。
これがないと調子が出ない。

猫の仕事はそれだけか?
あとは身だしなみ。
私なんか参ってしまうほど彼らは清潔好き。

この子はメンズなのに女子顔負けなくらいキレイ好き。
大事なところは隠しつつ、自己流エステでピカピカ。

a0091291_8434847.jpg

そして疲れたら寝る。

a0091291_8441751.jpg


猫はいいな。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-18 08:45 | ネコ | Comments(8)

さすがの日本語

バリから帰って二ヶ月が経過した。
この二ヶ月・・・もうバリに戻りたくて戻りたくて
気がつきゃバリのことばかり考えている私にとって
半年程の長さに感じるが、まだたったの二ヶ月しか経過して
いなかったのか、と知って愕然とする。

我慢するってつらいなぁ
昨日も夫と焼き鳥を食べに行き、バリの話ばかりしていた。
夫もバリは好きなのでそのよさは理解してもらっているが
私のように頻繁に行って、それでもなおかつまだ行きたいと
渇望する私は理解できないのだそう。

一年に一回行けたらそれでいいじゃないか、と
よく言われる。
確かにそう思う。分かっているのだけど喉が渇くのを
我慢できないように、バリに対する思いもそうなのだから
これはもう仕方がないことで。

はぁ・・・何度思ったことだろう。
バリを嫌いになれたら・・・いや、せめてタイや韓国に対する思いくらいの
気持ちになれたら・・・(またいつか行けたらいいな)

そうだったら何て楽なんだろうな。

バリに行くと待っててくれる誰かがいる。
バリに戻る理由もその一つかな。

友達で憎たらしいくらいクールで失礼なやつがいる
そしてエロ。
あまりに暴言を吐くので、私も彼に関してはもう
「そこまで言う?」くらいの勢いで言い合いもする。

日本語が堪能な彼は、こっちが驚くほどの日本語で
話しかけてくる。

ある日バイクで二人乗りしているときに彼が言う。

「アパはバイク自分で乗ったことある?」
「ん~ないな~ ってか聞こえにくいし話しかけないでくれる?」←失礼か!
彼はそんなこと言われても全く気にせず続ける。

「車は?」
「乗れない」
「今まで何に乗ったことがあるの?」
「ん~・・・自転車かなぁ」
「ふ~ん・・・それだけ?」
「そうやな 今のところそれだけやな」
「自転車以外もあるんじゃないの?」
「ん~ないなー・・・」
「乗ったことあるのはホントにそれだけ?」

・・・ここでぴんと来た私は望みどおりの答えを出してやった。

「ああ、あった あとは男かな」

「やった~!!!アリガトー♪」

「これ、言って欲しかったんやろ?」

「そうそう♪」

こんな会話を普通に出来るのはきっと彼だけだろうな。
しかしここで注目したいのはこの高度な会話(そうか?)を
出来るくらい彼は日本語が堪能だということ。
乗るという言葉でそこまで連想できるなんて、すごいな~と。
もうまったく日本人の発想じゃん。
うむ。

あ~バリ行きたいな~
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-17 09:44 | バリ・インドネシア | Comments(4)

美女とセシール

昨日はある美女と某高級レストランでランチ。
高級レストランなのでドレスコードは「庶民派」
11時半にスタートした会食は名残惜しい気持ちを残しながら
18時に解散となった。
本当は10時集合の予定だったのだが、私の都合により
時間変更となったため、何となく一時間半の遅れが気になり
解散時「今日は時間短かったな~」とつぶやいてみたが
しっかりしろ!ちゃっかり6時間半喋っとるがな。
でも人と会って「時間短かったな」って感じることが
出来るなんて素敵なことだよなぁと思う。
「もう十分」とか「沢山一緒にいたな・・・」とか
思うよりはるかにエネルギッシュで豪華な時間を過ごしたことになる。


その美女にいつも会って思うのは
本当にキュートなお方だ・・・ということ。
きっと自分好みなんだろうなぁ。
いつも会うときは食い入るようにみつめてしまう。
tapi,sayangnya dia tak punya pacar・・・

別に彼氏がいない人に残念な気持ちを抱いているわけ
ではなく、本人も出会いがあれば・・・という気持ちがあり
しかも、本人はすごく魅力的ときている。
となるとやはりこう思わずにはいられないのであった。

tapi,sayangnya dia tak punya pacar・・・
残念なことに彼女は彼氏がいないのよね~・・・

常に男目線な私は、本当にうっとりして見つめてしまうが
一部女子的な目線もあり「そのアイラインは・・・まつげは・・・」
などと口に出してみる。
でも基本男なのできっと私に例のものがあったなら
bangun(起きる)していただろうな(こらこら)

kalau saya punya kyantama pasti saya bangun
私に例のものがあったなら、絶対起きているだろうな。

さて、いつものごとくシモネタ入ります。

ここからはシモネタ嫌~いって方はクリックしないように。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-17 08:01 | インドネシア語 | Comments(8)

生きているのはひまつぶし

続々いきます、読書感想文。

まずはほのぼの絵本~♪
本屋に勤めていた頃はよく絵本を買っていましたが、場所をとるので
100冊以上持っていた絵本を処分して以来めったなことでは
絵本を買わなくなりました。
でも、たまにこうして読むと絵本って大人も楽しめるし贅沢なトリップが
出来るのでいいですなー!

「いたずらこねこ」
a0091291_8424070.jpg


3匹のいたずらこねことおかーさんねこのお話。
別にどうってことないストーリーですが、絵がかわいい。
猫好きにはたまらんと思うのですがいかがでしょ?
微妙にリアルでよく見ると怖いタッチの絵が何ともいえません。
ファンシーな猫はどちらかというと苦手なので(キティみたいなつるっとした猫)
こういう猫見るとぐっときます。
a0091291_8425473.jpg


しかもですね~さすがは猫の家ってことで
ところどころに猫が隠れているんですねぇ
猫グッズ?を探すのも楽しみの一つです。

これなんか・・・缶のフタに猫がのってます。
わかりますか?
a0091291_843141.jpg


これです・・・!!

a0091291_8432844.jpg


そして調味料のニャンソース!
どんな味なのでしょう 気になります。
a0091291_8434945.jpg



さて、続いてはgunungさんのずいぶん前の記事を読んでいたら
深沢七郎の話題が出ており、なんだか嬉しくなってしまい
久々に深沢ワールドへ入ってしまったわたくし。

a0091291_8445888.jpg

今回は「生きているのはひまつぶし」を紹介することにしましょう。
これ、未発表作品集ってことでエッセイになってます。
あまり・・・知らない人のほうが多いかな?と思うのだけど
どうでしょう。
「楢山節考」の作家といえばお分かりになりますかねー。

一言で言ってこの深沢氏・・・
アナーキーなお方だなぁ・・・パンクなお方だったなぁ・・・と私は思うのであります。

死ぬことはありがたい、とか
動物の中で人間が一番バカで悪いヤツ、
戦争でエネルギーを使うくらいなら、セックスで消耗する方がよっぽど気がきいている、

などなど・・・う~んと唸ってしまう数々のお言葉。

とりわけ印象に残っているのはこの部分。


オレには生きていることが青春だからね。
死ぬまではずーっと青春の暇つぶしだね。

人生とは
何をしに生まれてきたのかなんて
わからなくていい。
三千年前に悟りを開いたお釈迦様は
「それは、わからない」
と悟ったから悟りを開いたんだね。

此の世は動いている。日や月が動いているのだから
人の生も死も人の心の移り変わりも動いている。
人間も芋虫もその動きの中に生まれてきて死んでいくと
いうことだね。

まあ、暇をつぶしながら、死ぬまではボーっと生きている。
それが俺の人生の道、世渡り術というものだよ。


前から思っていたことだけど
たけしや斉藤和義も同じようなことを
言っていて、もしかしたら深沢七郎に
影響を受けているのかな?と思ってみたり
したのだけどどうなんだろうか。
まぁ、こんな風に生きることについて考える人は
割と多いし、きっと深沢七郎に限らず
多くの人が言っていることだろうから
一概には言えないんですけどね。
なんとなく、深沢氏の生き様のようなものが
ロックミュージシャンなどには影響を受けているのでは
ないかと感じたもので。


斉藤和義はジユウニナリタイという歌の中で
生きていくことなんて死ぬまでの暇つぶしと
歌っている。
たけしも昔読んだエッセイで同じことを
言っていた。

ふむ・・・

私はやはり、暗い人が好きなのだなぁと
改めて思う。
斉藤和義もたけしも基本は暗い、と思うのであります。
え~あくまで私の主観なので~
違う!と思われた方スルーしちゃってくださいね。
斉藤和義はドント・ウォーリー・ビー・ハッピーなど
明るい曲も沢山歌っているけれど、暗さの中に
光を見い出している、そんな斉藤和義がやっぱり
好きなんですねぇ。

それに斉藤和義の良さは、とことん暗いのではなく、
「すっぱいぶどう」を例えに出してみると
あの曲は自分に襲い掛かる劣等感に
立ち向かっていく曲。
最後にちゃんと、前にすすんでいるところがいい。

妄想が趣味と言っていたけれど、エロ系も当然アリだろうが
いろんなことを考えているのだろうなぁと
思われるギターを弾く歌うたいであります。


あれ?結局せっちゃんの話になってしまった・・・
でもカテゴリは「本」にしておきます。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2009-06-16 08:48 | 本・雑誌 | Comments(6)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧