旅するねこ毛

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

歌うたいまでには・・・

さてバカンスの始まりです。
アパ的に夏到来でございます。

バリでバカンスしてきますぜ。
レートにうはうはしてきます。

歌うたいが待ってるから・・・
それまでには帰ります。ぎりぎり前日に(笑)

では 行ってきます。しゅたっ!
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2008-11-16 21:56 | 日常 | Comments(10)

僕のアーバンブルースへの貢献

え~・・・いまさらですが、小沢熱復活してしまいました。

過去のCDを聴きかえしてみるとやはり小沢健二は良い!!!のです。
LIFEが爆発的に売れ、それ以降なんとなくひっそりとした感じは
あったけどもその後発売された曲たちも、やっぱりとてもよかったし。

だけどある時期から小沢健二の世界から離れてしまったのは
なぜだろう?
決してファンをやめたわけでもなく、飽きたわけでもなく。
気がついたら他の音楽を聴いていた。

なんていうのかなぁ 小沢健二の曲を聴いて思うのだけど
とても素直な人なんだろうなぁと。そしてものすごく真剣にいろんなことを
考えていて・・・頭がいい人ゆえに時に発するその言葉は意味不明なことだったり
そんなひねくり返さずもっと普通に話してくれ!と思うこともしばしばあった。
きっと私のような人間には想像も及ばないものすごいことを考えているのだろう。

素直さゆえか・・・

自分でもわかんないや。まぁでも、戻ってきちゃったわけです。
小沢ワールドに。

ってことで今日はずっと「ある光」を繰り返し繰り返し聴いているのですが
これまたよく聴くとすごい歌なんですわ。
いや、よく聴かなくても分かる人にはわかるんだろうけどね。
ぶっちゃけ私はすぐに受け止めることができなかった。
そして、今深く感動しているわけなのです・・・

この曲は廃盤になってるそうで(本人の意思によるものなんでしょうね)
またしても残念な・・・なんでベスト盤に入れなかったのだ!

この曲では小沢健二の語りが入るのですが(語り好き?)
これがまた・・・

強烈な音楽がかかり、生の意味を知るような時
誘惑は香水のように 摩天楼の雪を融かす力のように強く

僕の心は震え 熱情がはねっかえる
神様はいると思った 僕のアーバンブルースへの貢献


これをどう思うかは極端に分かれると思うけど
小沢健二の世界でならこれはアリですね。

ちょっと色々考えさせられる曲なので気持ちうまく説明できないや・・・


っとここで突然斉藤和義ネタ。

実はこれが一番言いたかった!

今日FC先行発売のチケットが届きましたです。

もうね!ものすごいいい番号だったんですわ この整理番号が!
ぎゃーどうしよう たまらん。

番号順に会場入るから・・・これはかなり前のほうになりそう。
遠くからじっくり見たい気持ちもあるけどこの番号で後ろに行く理由が
みつからない!

ってことで至近距離でせっちゃん見ること出来そうだぜい!

はぁ~シアワセ・・・
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2008-11-14 13:14 | 音楽 | Comments(12)

女はみんな超能力者

昔の斉藤和義と山崎まさよしの対談を読んでいたらオモロかったので・・・。
まぁファン以外の人にはどうでもええ内容ですが・・・


この頃は結婚したての頃か?やたらせっちゃんがあちこちで
「結婚はおすすめ」と結婚しろしろ言っていた時期。
山崎まさよしにもその被害?が。

せっちゃんいわく「余計なところにエネルギー使わなくなったから楽になった」とか
奥さんとは「映画の趣味や旅行で行きたいところとか、やりたいことが一緒だから
一人でいるのとあまり変わらない」なんだそう。

これ、さらっと言っちゃってるけど、いいよなぁって思う。
趣味が一緒とかそういうのってよく聞くけど、一人でいるのとあまり変わらないという
言い回しがなんかいいなぁと。

思い切り真逆だとか、微妙に向く先が違うってのも刺激があって
おもしろいと思うけど、一人でいるのと変わらないくらい一緒ってのは
ものすごく楽で自然なことなのかも?

私と夫の場合は以前にも書いたが何もかもことごとく違いすぎて
衝突が多い。だけど、最終的に軸となっている「嫌だと思う事が同じ」ということで
バランス保ってる感じ。

対談は続き、ここで山崎まさよしから質問。


結婚したことで奥さんからの嫉妬はどうなん?

せ 「あるある!」

そりゃそうだろうよ~ 信用されてないかも、みたいなこと言うてますな・・・

そこでせっちゃんの名台詞登場。


「女はみんな超能力者。男にはない、そういう力がある」


うまいこと言いますなぁ!
ほんまにこれ、思います。
浮気とか、まだされたことはないけども、もし夫がそうなった場合
みつけてしまうだろうなぁって思うし、何かと・・・女はそういう嗅覚を持っているものです。

お気をつけあそばせ・・・
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2008-11-14 09:31 | 斉藤和義 | Comments(6)

ジーンズの裾

土日はユニクロが安い!ってことでユニクロにフラリ立ち寄ってみた。

とそこでユニクロのデニムが目に入る。
スタイルアップジーンズという名の割りとキレイなライン&USED加工が
されているデニム。
部屋着&旅行着デニムにいいかも・・・と試着。

おお!!足が細く長く見える!しかもストレッチきいててラクチン!!
値段はっ!3990円が土日価格で1000円値下げ。
これは買いでしょう!

a0091291_951877.jpg


家でもデニムはいてますがやっぱり座ったりしてると足が痛くなる。
夜になるとデニムのシワが足に残ったりしてリラックスできぬ。

ジーンズは生に限る!とずっと思っていたのですが、最近は変わりつつある。
だって生デニムって慣れるまで本当に硬いし、ごわごわしてて動きにくい。
けど、自分で育てた自分のラインが出来上がっていい感じになったときの
喜びといったら・・・

おっと、そんなことはどうでもよくて。
ユニクロのそのデニム。
デニムの質は多少気になるものの、ラインがとにかくキレイ。

で、すそを見たらちゃんとチェーンステッチになっている。
これに感動し、よし買おう!と決断し裾あげをお願いしました。

が、しかし出来上がった裾は・・・チェーンステッチじゃなかった。


うっそ~ん・・・やっぱそこまで無理なのか・・・とガックシ。
しかも微妙にステッチから裾までの幅が太い。すごい違和感。
手持ちのジーンズと見比べてもユニクロのステッチの幅は数ミリ太い。
シングルだからどうしてもこの仕上げになるのだろうな・・・
あの8ミリの幅がいいのに・・・

家に帰りショックを受けている私に
「裾上げお願いする前に確認したらよかったのに」と夫。


そうか、そうだよね~ 通常ジーンズって売りに出てるときはチェーンに
なってるけど、お直しになると別だもんね~失念しておりますた。

へヤギとしてはお気に入りだけどやっぱこの裾では外には出ていけないな~
と思ったのでありました。

多分、これ自己満足。きっと人は私の裾なんて見ていない。
でも、自分が気になるんだな~

ま、この値段ですからしょうがないのですね。

裾の件はともかくとしてユニクロのデニム ラインはきれいで値段の割りに
すばらしいと思います。(どっちやねん)

これがユニクロの裾幅 微妙に幅が太いのが分かるかしら?


a0091291_955581.jpg

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2008-11-12 09:32 | お気に入りのものたち | Comments(10)

犬キャラ

ぱぱらぱさんのブログで、小沢健二の事が出てきたので
ほぼ毎日斉藤和義を聴いている私はむしょうに小沢健二を聴きたく
なりCDボックスをごそごそ・・・

小沢健二のアルバムは何枚か持っているのだが
取り出したのは「犬は吠えるがキャラバンは進む」
ファーストアルバムです。オザケンのアルバムで一番好きなアルバム。

通称「犬キャラ」

小沢健二の「犬キャラというのはいまいちなので犬と略してもらいたい」という意に反して
ファンの間では犬キャラと呼ばれ愛されていたアルバム。

このアルバムって彼の好きなアラビアのことわざからとったらしく、
いまは「dogs」と改題され、なんとも残念なことに小沢健二自身による
あのライナーノーツがなくなってしまっているのだそう。

これはまぁ・・・残念な・・・

このアルバムの最大の魅力はなんといっても
小沢健二のライナーノーツにある!と私は断言する。
それを読みながら天使たちのシーンを聴く。
まぁこのアルバムにはものすごく青臭い天才の匂いのする曲がたくさんあって
本当にどの曲も心をとらえて離さないのですが・・・

さて、そのライナーノーツ
一部紹介します。(すべてがすばらしいのだけど特に好きな部分だけ・・・)

「"犬は吠えるがキャラバンは進む"というのは僕の好きなアラビアの諺で、
正確な意味はよく知らない。だけど例えばこのアルバムで僕が何回か言っているように
"俺という犬は吠えるのだが熱力学的キャラバンは全く無頓着に進んでゆく"という風に
考えることもできるし、また同じくらい何回か言っているように"犬たちが吠える時にも
恐れずに僕たちはキャラバンを進めていくことにしよう"という風に考えることもできて、
実際に僕は1日の中で犬になった気分になったりキャラバンになった気分になったりする訳で、では結局これはどっちでもいいいい加減な諺なのだと勝手に決めて、多くのアラビア人や諺学者には悪いけど、この言葉をタイトルにすることにした。」

「言い古された言い方をすると、作者に全てがわかる訳じゃない。
でもお喋りな作者というのは常にいて、哀れにも自分の作品には及びもつかない
みすぼらしいメモ帳の切れはしを読み上げてしまったりする。
僕は過去に何人ものそういう愛すべき作者たちが好きだったんだけど、
今回はどうやら僕の番のようだ。せいぜい堂々とやろう。
まず僕が思っていたのは、熱はどうしても散らばっていってしまう、ということだ。
そのことが冷静に見れば少々効率の悪い熱機関である僕らとかその集まりである世の中と
どういう関係があって、その中で僕らはどうやって体温を保っていったらいいのか?
(このへんの下りは暇な人には考えてもらってもいいけど、暇じゃない人にはどうか読み流してもらいたい。こんなライナーノーツは全く、僕が好きな蛇足というやつに過ぎない。)
またある点で物事の性質がクリッと音をたてて変わるというのはどういうことなのか?
それにもの凄くスピードの違うものがあるということは? などなど悩み盛りの若者らしく
様々考えていたりする一方、それにしても友達はうざったそうに鏡を見てるし、
どこかへ出かければ楽しいし、夜更けにリズムやメロディーはほんとに心に突き刺さる。」

「ある友達の女の子が出来たばかりのこのアルバムのカセット・テープを聴いて、
何かゴスペルみたいねと言った。その時僕は即座に言わなくてもいい軽口の2つ3つを
たれ流してその場をごまかしたんだけど、本当はその子をぎゅーっと抱きしめてしまいたかった。どうかこのレコードが自由と希望のレコードでありますように。
そしてこのCDを買った中で最も忙しい人でも、どうか13分半だけ時間をつくってくれて、
歌詞カードを見ながら"天使たちのシーン"を聴いてくれますように。
ついでに時代や芸術の種類を問わず、信頼をもって会いに来た人にいきなりビンタを食らわしたり皮肉を言って悦に入るような作品たちに、この世のありったけの不幸が降り注ぎますように。」


神様を信じる強さを僕に
生きることをあきらめてしまわぬように
にぎやかな場所でかかりつづける音楽に
僕はずっと耳を傾けている
(天使たちのシーン)
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2008-11-11 14:52 | 音楽 | Comments(6)

話題・・・

斉藤和義のHEYHEYHEY出演を知ってからというもの
胸騒ぎがざわざわするアパなのです。

夫と「ね~せっちゃん 大丈夫かねぇ?気になるわ~」とザワザワ

今日たまたまテレビをつけていたらグッドタイミングなことに
HEYHEYHEYが放送されていて見てみるとやっぱ~りあの番組は濃い!!

夫も思わず「せっちゃん これに出るんやろ?もう収録終わってるやろけど・・・
大丈夫か~?」とつぶやく。

見知らぬ夫婦に心配されるせっちゃんって・・・(笑)


さて、最近洋服ばかり買っているアパです。
先日梅田のNu茶屋町をウロついていたらかわいいトップスが目につき
一目ぼれ。買っちゃった~。ヒラヒラ?がたくさんついてて袖も微妙に
広がっててかわいい~♪

何をあわせようかしら^^

a0091291_21193211.jpg

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2008-11-10 21:20 | お気に入りのものたち | Comments(6)

ひえ~・・・

11月17日のHEYHEYHEYにせっちゃん出ますね・・・

あのお二人に何をどう突っ込まれるのやら、うまく話すことが
出来るのだろうか・・・?
心配ごとがたくさん・・・??(笑)

でも!!!見れないのですぅ・・・
ビデオうまく録画できたらいいのだけど調子悪いし・・・(泣
リアルタイムで見たいぞ~~!!!!
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2008-11-06 21:43 | 斉藤和義 | Comments(12)

緑色のキレイなヤツ

じゃじゃ~ん☆

a0091291_23174279.jpg

コイツを見てやってください。
緑色のキレイなヤツ これ何?トカゲ?イグアナ?なんていうの~?

ウブドのワルン・ミナで食事をしていたときのこと。
お店の女の子に「こっちきて!おもしろいのがいるよ!」と招かれ
いってみると・・・コイツが。

はじめ色が同化しててまったく分からず
「ん?何があるの?」と何も見えなかった。

イグアナ~~~!!!と叫ぶバリ人女子。

??で、よ~く見ると
「オイラみつかってないもんね」というような顔でしれ~っと
たたずんでいるコイツ。

しばらく眺めていたらささっとどっか行ってしまいました。

キレイだったな~♪
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2008-11-04 23:19 | バリ・インドネシア | Comments(10)

カランコロン

a0091291_14554093.jpg


これ、なんだか分かる人。
バリでおなじみ「カランコロン」
田んぼですずめ除けに使うものです。

なんという名前なのか?
誰に聞いても「なまえ?そんなものないよ~」とか「カランコロンでいいんじゃない?」
とか・・・みなさん適当。
ちゃんとした言い方ってないみたいですね?でもカランコロンで大体通じるのですが・・・

風でくるくる回って軽やかに確かに「カランコロン」と音がする。
そのままやんけ~!

・・・でもこの適当さがスキ♡

昔はよくお土産に買っていったものです。
我が家にもあったのだけど壊れてしまって今はどっかに
行ってしまった

なんかまた欲しくなってきたな~

このカランコロン、いろんなバージョンがあって見ているとおもしろい。
カランコロンコレクターにでもなろうかしら・・・
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2008-11-03 14:56 | バリの日用品 | Comments(11)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧