旅するねこ毛

カテゴリ:どうでもいいこと( 67 )

ラ・ムー

ずっと悶々としていたので書かせていただきます。

関西には「ラ・ムー」という激安スーパーがあります。

ラ・ムーです ラ・ムー

私はつい最近このスーパーを知りました。

ラ・ムーと聞いてすぐに浮かんだのは


「菊池桃子」


いやね、当時ものすごい衝撃だったんですよ
アイドルだったのに
「ロックバンドのヴォーカリストになる」的な菊池桃子・・・

しかしちっともロックじゃなかったという・・・

失礼を承知で言いますが・・・・
当時私は見ているのが恥ずかしくてラムーをまともに見ることが
出来ず、チャンネルを替えてしまっていたほど・・・

よほどのインパクトだったんでしょうね

しかしですね

ラムーという激安スーパーがあるらしいよと夫に
話すと夫からはフーンだけで・・・
「菊池桃子」とは出てこなかった・・・

あれっ?菊池桃子のラムー知らん??


「ああ、そんなんあったなぁ てかラムー知ってるやつはもう死んでるわ」


ええええ!!

いや、ご主人 そこはまだ(汗)
ラムー世代 まだ若い(と思っている)人たちばかりで
青春を謳歌してるはずですから・・・


でもな~きっとこのブログを読んでくださってる方々は
ほとんど知ってると思うんだけど
若い人たちにはラムー?なんじゃそら的な感じなんでしょうね

いやぁ記憶によるとラムーはこけたはずなのだけど
このように強烈なインパクトを残していることを思うと
商業的には成功と言えるのだろうか。




[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2017-03-17 12:22 | どうでもいいこと | Comments(4)

とある夫婦のお話。

体調不良との長渕つぁん
その後どうなったのだろうか・・・
まぁねぇあの人元気すぎたからねぇ・・・
年も年だし、自分も含めこれから色々体に
ミラクルなことが起きてあたふたするんだろうな。


とある夫婦のお話をしましょう。

ある日YOUTUBEで長渕の15年前か?20年前の
オールナイトニッポンのラジオを聴いていた夫。

何気に耳を傾けていたら、けっこう話がおもろかったもんで
妻も参加して一緒に聞くことに。

まぁ内容は実にくだらなく単なる「女の話」なんだけど。

それでも長渕って話オモロイからついつい
引きこまれちゃう。

中でもウケたのが・・・

汚い話なんでお食事中の方気をつけて
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2013-06-20 22:00 | どうでもいいこと | Comments(0)

Tシャツの難しさ

先週のMステーション 偶然にせっちゃんが
出ているのを発見!
そういや 出るってどこかに書いてたような。

ひまわりの夢 個人的にはビミョーな曲。
一回聞いただけではピンと来なかったな
何回か聞くとよくなっていくのかな
ポッキーの曲(タイトル忘れましたよ)に匹敵する
第一印象どうでもいい感がある曲。

でもポッキーはライブで聴くとしびれるかっこよさだったしなぁ。
せっちゃん 相変わらずかっこいいな
居心地悪そうだったけど、実はそうでもないんじゃないかなと
思ってみたりして。
さすがにテレビ慣れしてきてるだろうし
前にもMステ出てるから、どんな感じか分かってるだろうし
イヤだったら出ないんじゃない?って思うし。

ま、あんなもんでしょ


昨年また新しく年を重ねてから、気づいたことが
色々あって。

まぁあたりまえのことなんだけど・・・
年重ねていくと、色々なブレーキかかりますね
自分の中で、だけど。

例えばこういう髪形したいけど
顔がついてこない、だとか、こういうメイクしたいけど
顔がたるんできて、なんか似合ってねぇ?的なこととか。

最近じゃ白髪!
今前髪を伸ばしていてアゴまでようやく伸びたとこなんだけど
かっこよく分けたいんだけど自分が分けたい部分に
白髪がワサワサと生えておるので、なんかそっちでは
分けにくいだとか。

あと大きな変化は
Tシャツがいよいよ似合わなくなったこと。

もともと体操着みたいな首もとのラインが太くて
つまってるやつは着ないんだけど・・・

もうね ことごとくデザイン性のあるものしか
着れなくなりました。
あと黒Tはまだいけるけど、シンプルな白いTシャツが
似合わなくなった。
なもんでストール巻いたりしてちょっとにぎやかにして
ごまかしてみたり。

Tシャツって昔はカンタンにこなせるアイテムだったのに
いつのまにか難しい存在になってしまった

さようならTシャツ・・・ずっと好きだったよ・・・

それでもかっこいいTシャツを見つけたら
わざと首をひっぱって伸ばしたりして
なんとか着れるようにはするのだけど。

でもこうして似合わなくなったものを
手放すことで新しい発見があったりもするから
年を重ねることってなかなかミラクルで
おもしろい。

似合わなくなったことに気づける自分で
良かったなぁと思うのでありますよ。

だから今どんどん洋服を処分中。
なんでこんなに持ってるんだろう?っていうくらい
ありすぎて、沢山あるから数年着てないものもあるし
買ったはいいけど着る機会なしのものとか・・・

モノは使うためにあるし、服は着るためにある。
こうして確実に年はとっていって
似合わなくなったり好みが変わったりも
していくのだから、どんどん処分だ。

よくもまぁこれだけの服、カバン、靴、アクセサリー・・・
ためこんだものよ。

だけどオシャレって楽しいんだよね。
ワクワクする。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2012-09-18 22:00 | どうでもいいこと | Comments(4)

いくつに見えますか?

「いくつに見えます?」

これ・・・私非常に苦手です。
若い頃は正直に見た目そのままを
答えていたけど、それじゃイカン帝国・・・
最近はある程度適当に答えてなんとか
その場を乗り切っておりますが・・・

こんなの聞いてどうすんでしょうか?
たとえ若く見られて、実際の年齢を口にした時に
「え~!見えな~い」と驚かれたとして・・・
大体のソレはリップサービスと思ってヨシ。

そもそも何のためにそんなことを
他人に聞くのかよく分かりませんアタクシ。

つい先日職場で知り合ったおばさまと・・・
年齢の話になり
「ねぇ 私いくつやと思う?」と聞かれ
うわ~きたよ~~!と内心アセアセ

だって私の中でその人は
「ただのおばちゃん」でしかないから
年齢なんていう数字が浮かんでこない
要するに私の中で、どうでもいい人に対する認識は


「若い子」
「女の人」
「おばちゃん」
「ばーさん」

この4種類でしかないわけです。
その中にいちいち数字が存在しない。

この区別って私だけじゃないような
気がしまつ。

例えばホームに立っている大学生風の男子を見て
「あの男の子」と表現しますよね。
そして見た目おじさんのことは
「あの男の子」とは言わず「あの男の人」でもなく
「あのおじさん」になる。

ま、そんな感じでいちいち何歳くらい?とか
考えてないわけです。

で、そのおばさん・・・
改めて考えると・・・
う~ん 60から70くらいかなぁ・・・
でも例えば50代くらいと答えて
あまりにも白々しいお世辞に思われても困るし
まさかの展開で50代だったらなんとなく気まずいし・・・

と考えれば考えるほど分からなくなってきて・・・

「私人の年って全くわかんないです ごめんなさい」

とその場を逃げ切りました。

結局その人は60歳ジャストだったわけです。
で「この年には見えへんってよ~言われるねん
気が若いからかな」と・・・
おっしゃったのですが
60といわれたら60と思うけど?と思いながら
話を聞いておりました。


あまりに当人と年が離れている人というのは
年齢がもう分からないんだと思います。

例えば10代の人から見たら
30歳も40歳も同じというように。
これが世代が近かったりする場合は
なんとな~く把握できるんですけどね。


最近の日本人はとても若い。
昔は60歳といえば、おばーさんという感じの人が
多かったのだけど今の60歳の人は若々しいし。

でも、だからかな?
若くみられたい、とかキレイでありたいという
女を諦めない意識が強まってるのかな~とか
思ったのでありました。

で、結論としては(?)
ホームに立つ私を見て誰かに
「あのオバサン」ではなく「あの人」と
言われ続けたいなぁと。

これって見た目が若々しいとかそういうことではなく
あくまで私が「オバサン」と判断するか「あの女の人」と
判断するかどうかの基準として
見た目にちゃんと気を使えているかどうかということ。
年齢的にはオバサンでも、ちゃんとオシャレして
キレイにしている人を「オバサン」とは呼ばないので。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2012-01-25 22:00 | どうでもいいこと | Comments(2)

日々のあわ

我が家のテレビはいまだブラウン管である。
しかももらいもので、見れたら良い程度の
小さいサイズでごあす。

もちろん?ケーブルテレビとやらには加入していない。

ということは地デジ化されるときどうするか?
夫婦談義がかもし出された。

私「テレビは必要ない この機会にテレビのない暮らしをしたい」

夫「テレビは絶対必要」

さんざんモメた挙句、テレビは必要という夫の
意見を尊重することにした。

しかし肝心のテレビはいつ買うのだ?
ということになりアナログ放送終了の日を
迎えたのだが、なんと 普通にテレビ放送されているではないか

どうやらマンション自体がケーブルテレビに加入しているらしい。
我が家は契約していないが電波だけは
受信できているのでテレビは見ることが出来るみたい。

そんなわけで、今日も我が家のテレビは元気。

テレビについてはこのブログでも散々書いてきたので
読んでくださってる方は私がテレビが嫌いなことを
知っている方もいらっしゃると思う。

とにかく、イライラするのだ。

夫は一日中テレビをつけている人なので
(でもあまり内容は見てないようで
とりあえずつけるというタイプ)


テレビをなくす生活をしたいと思うのだけど
できない。

夫にはテレビが必要だから。

必要だと思うものを私のワガママで
なくすことなんてできないし。

だけど家にテレビがあるということ
テレビの音が本当に耳障りであること

どれだけ不愉快な気持ちか夫には
分からないだろう。

私だって色んな部分で夫に不愉快な思いを
させていると思う。

他人と暮らすことの難しさを
こんなことで感じるのもどうかと思うが
最近とくにそう思う。

みな何かを我慢して妥協して
歩み寄りながら寄り添っているのだろう。


これが、まずひとつ目の私にとっての
日々のあわ。

二つ目。

タカシくん!!!なんでもっと行きやすいところで
ライブをしてくれないのだ~!!!

神戸は行きたいところだったのに
その日私は不在でライブにいけない。
他の日程はどうかと言うとこれまた・・・遠い・・・
ハナレグミのライブは、本当にものすごく良かったので
ぜひとも行きたかったのに・・・
そんなわけでちょっと、いやかなり凹み気味のわたし。

三つ目のあわ。

白髪がだんだん目立ってきた。
といっても表面には出ていない。
中を見るとちろちろと白髪が出てくる。
私は髪が長いけれど、いつもアップにしているので
結び加減で白髪が出てくると困るんだな。

で、夫によく白髪を抜いてもらうんだが・・・
ハイ 白髪を抜いてはいけないのは承知しとります。
でも抜きたいのだからしょうがない
後悔はあとでしますから←?

夫がひとこと・・・

「白髪・・・すごいな・・・白髪だらけの大運動会やな」と
ポツリ・・・

大運動会って・・・80年代でつか?
ドキッ 女だらけの水泳大会を思い出し
切ない白髪ネタなのに大爆笑。

まぁ白髪染めをしたらいい話なんだけど
私はカラーリングの色にめちゃくちゃこだわりがあって
いつも美容院へ行くときは細かい希望を伝える。
それを分かってくれる担当さんなので
白髪染めは私の好きな色のニュアンスが出ないから
おススメしないということでいまだしぶとく普通の
カラーリング。

その人いわく白髪染めで白髪のストレスからは
逃れられるけれど、代わりに自分の好きな色が
出ないことがストレスになるか
好きなカラーを選ぶことで白髪発見のストレスか
どっちかというと色にこだわりがある私なので
おそらく白髪染めじゃストレスがすごいだろうということ。

髪の色は絶対。
こだわる。


四つ目の日々のあわ。


私はオシャレな場所が苦手である。
カフェと呼ばれる店はめったに行かないし
カフェと純喫茶があれば迷わず純喫茶を選ぶ。
居酒屋だって、シャレた店よりも
赤提灯のオヤジばかりいそうな店を好む。

友達と軽くお茶をすることになり
待ち合わせは西宮のガーデンズ。


「どこでお茶する?ダサいお店知ってる?」
との私のメールに友達からの返信。

「ガーデンズにはダサい店なんてないで~
ダサい店やったらそのへんのマクドとかどう?」


おそらく普通は「どこかいいお店ない?」と聞くところであろう。

「ダサい店知らない?」と聞かれて
沢山知ってる人がいたら会ってみたいものだ。

私なら例えば大阪でダサい店と聞かれたら
駅前ビルの中にある昔ながらの喫茶店を紹介する。
駅前第二ビルか第一ビルか忘れたけど
あのへんには素敵なダサイ店が沢山あるんす。

なんたってお水がワンカップの入れ物で
出てくるんだから。

いやぁ~落ち着く~

違う友達とランチをする約束をした日のこと。

どこでランチする?と彼女。

ダサいお店がいいねんけど~と言う私に
彼女は
「そんなんイヤ。お金出してなんでわざわざダサい店に
行かなアカンの オシャレな店行きたいやん」

確かにそれは一理ある・・・

ということで彼女の連れて行ってくれるお店は
いつも混んでいてかなりオシャレなお店。

確かにおいしいし、盛り付けもセンスあるし
テーブルコーディネート、インテリアどれを見ても
オシャレ空間。

・・・だけどなんか息がつまる。のだな。


五つ目の日々のあわ。

試食販売の仕事をしていたときのこと。
背後から「おばちゃん これ食べていい?」と
声をかけられた。
「はい どうぞ」と振り返ると女子高生。

2人組みの女子高生の一人が
小声で、おばちゃんと声をかけた女子に
「おばちゃん ちゃうで」と言っているのが聞こえたので
「いえいえ おばちゃんですよ^^」と私。

その子も「すみません~」と恐縮している。
まぁ背後から声をかけられ振り返って
おばちゃんじゃないと判断していただいたのは
ありがたいことだが・・・

つまりは私は後姿がおばちゃんの形を
していたってことなんだな~と。

だっていくら後姿でもおばちゃんかそうじゃないかは
大体判別つくもの。

そうか こうやって形がおばちゃんになって
いくのだなぁと思う今日この頃。


以上 超日記的な日々のあわでした。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2011-08-10 17:00 | どうでもいいこと | Comments(6)

少女時代・・・

クライアントのおじさんとおしゃべりしていたら・・・

音楽の話になり・・・
誰々が好きだ、あ~だこ~だ・・・となり
芸能人の誰が可愛いという話になり・・・
突然おじさんは言いました。

「僕ぁねぇ 少女時代がすきなんだよ」

ワシ「はっ少女時代ですか・・・」

「可愛いじゃん 一生懸命でさ」

ワシ「はぁ・・・」

「でも女の子から見たらどうなのかなぁ」

ワシ「若い子が好きってことですよね・・・?」

「いや、そういうわけじゃないんだけど(笑)
やっぱ可愛いからさ 輝いてるし」

ワシ「・・・」

ワシ「人の好みにどうこう言うつもりはないんですけど・・・
あまりそういうことを人前で言わないほうがいいような気がします・・・」

☆この時ワシの嫌悪感はマックスに達しておりました☆

「えっ?そう?なんで?!」

ワシ「いえ いいんですけど・・・私はそういうのあまり
笑って聞けるタイプじゃないんで~」

「ん?少女時代ダメ?」

ワシ「だめとかじゃないんですけど・・・大人じゃダメなんですか?」

「ん?」

ワシ「若い女の子じゃないとダメなんですか?」

「えっ?えっ?少女時代の話だよ?(笑)」


とここで何やら話が食い違っていることに気づいたワシ・・・


少女時代って何でつか?


おじさんに説明してもらい・・・
アイドルグループだということを知る(笑)

ああ ビックリした ワシおじさんが堂々と
ロリコン宣言をしているものだと思い込み。
色んな趣味嗜好があるけれど、ワシ・・・
そっち方面だけはどうしてもどうしても許せないもので。

誤解が生じていたことを謝罪したわけなのだけど
少女時代を知らないなんて・・・と逆にそっちに
驚かれてしまいまちた。

そんなに有名なんですかね。
帰宅し、夫に聞いてみたけど夫も知らなかったぞ。

・・・おじさんだって斉藤和義知らなかったじゃん。
みなさまは少女時代をご存知なのでしょうか。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2011-02-07 09:26 | どうでもいいこと | Comments(16)

軟骨デビウのはずが・・・

2011年明けてすぐに軟骨にピアスをあけようと
思っていたのです、わたくし。

インダストリアルにしようかと思ったけれど
あれやっちゃうと普通の仕事がなかなか出来なくなるな~と
いうのとか、あの耳で夫の実家に帰ったら
何か言われちゃうかな~とか考えて断念。

で、へリックスとトラガスにしようと思っていたのです。
(何のこっちゃわかんない~という方はここをクリック 詳しく書いてます

散々悩んだ結果・・・開けるときに相当痛いらしいというのと
開けたら穴が安定するまで最低半年はつけっぱなしにしないと
いけないということ
開けてからもかなり痛いということを
実際開けた人(ちなみにOver30)から聞き
軽くブルってしまい、あっけなく断念しちゃいました~

彼女は「めちゃくちゃ痛い思いをしたし、正直今でも
寝てる時軟骨の方下に向けて寝ると飛び上がるほど痛いけど
やっぱ可愛いし開けてよかった」と言っていましたが・・・

私 そこまで痛い思いをして開ける根性がありませんでした。

楽しみにしてたんだけどな~
まぁそのうちどうしても諦め切れなかったら
開けちゃうかも知れないけど、どうだろう?

夫はこういうことが大嫌いな人で
「なんでその年でそんな変なところに穴あけるわけ
やめてくれよ」と珍しく真顔で反対しとりました。
私が何をしようと反対することのない人なのに。

まぁでもやっちゃったらやっちゃったで
何も言わないんだろうけど。

私としてはこの年でやることに意味がある、と
思っていたわけですよ。
浮ついていて上等 バカっぽくて上等なんです。
軟骨にやっちゃうことで、ますますオサレに気合が
入ると思って、ハタから見たらバカみたいでも
かまわないんです 自分がかっこいいと思えればそれで。

私の可愛いおかずもかっこよくピアスをあけていて
これまたシビれました。
でも乳首にピアスはどうかな(彼はやっとらんけど)
かっこいいけどさ 痛そうじゃん。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2011-01-12 09:08 | どうでもいいこと | Comments(10)

旅先での洗濯物

最近の私の旅先といえば、もうバリしかないんですが。

女子の皆様は旅先で洗濯物を干すことに
苦労していませんか?

今回渡バリが重なった ネコさん と おね~たま がナイスな干し方をしていらしたので紹介したいと思います。

旅先での洗濯物・・・ランジェリーを干すとき
どう干すか?

私は基本室内干しにしておるんです。
風で飛んでいってしまったらイヤだし
出かけているときに雨が降ってもイヤだから。
洗濯物の中には下着が当然ありまして。

この下着を干すときに、いつもタオルや
てぬぐいで下着が見えないように干していたのであります。
室内に干すのだから、誰にも見えないってことで
堂々と干せば良いのですが、お部屋の掃除をしに来てくれたときに
見えたらイヤだなぁと。

おそらく掃除をしてくださる方はそんなの慣れっこで
パンチーが干してあっても見ないだろうし
気にもならないのだろうけど
自分が、気になるのであります。

下着を干すことに対して。

人それぞれあると思います。

私は旅先でヒラヒラと下着が干してあるのを
見るとつい、見ないよう目をそらしてしまう。
目に飛び込んで不快なものではないけど
逆に嬉しいものでもない。

そんな思いを他の人にさせたくない。
そして、自分自身も見られたくない。

いえ 別に干してあることはいいんですよ
批判しているわけではないのであしからず。
ただ、やっぱり目線をどこに置いていいやら
戸惑ってしまうのがありまして。

で、室内干し+タオルで隠しているわけだから
下着がすぐに乾かない・・・

しか~し。

このお二人は上手に干していらしたのであります。

それは!
洗濯ネットに入れたまま干す。
こうすると下着が見えません。
凝視したら見えるけど、そもそも人の洗濯物を
凝視する人なんていないでしょう(笑)

これだ!
いただきっ!と思ったのでご紹介させていただきました~
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-12-19 23:20 | どうでもいいこと | Comments(6)

ずぐろじんが消えないんだ。

一週間以上も前に出来た腕のずぐろじんが消えねーんすけど。
「ずぐろじん」って分かります毛?

青あざのことを鹿児島では「ずぐろじん」と言います。
ワシ 鹿児島女なんでね。
さすがに今じゃずぐろじんなんて言わないですけど
青アザは「ずぐろじん」なんす。
鹿児島にはオモロイ方言が沢山ありんす。

イケメンはヨカニセだし、恥ずかしいは「げんない」だし。
でもやっぱ「ずぐろじん」ちゅうのはずば抜けてるような気がする。

さて、そのずぐろじん・・・一週間以上前にどこかにぶつけて出来た。
ちょうど一週間前に加圧のトレーナーに
「そのアザどうしたんですか?」と聞かれ
「DVです」と答えて失笑をかったのだけど・・・
明日はまた加圧の日。

やだ この人アザが消えてない(ばーさん毛?←心の声)
と思われるか、またDVを受けたのか、と思われるかビミョー。


あら このブログ主ってカゴイマ(鹿児島)の人だったん毛~

そうなんす
ってことで本日は鹿児島民謡をどうぞ。
鹿児島人はほぼ歌えるという代表的な民謡(←うそかも。でも歌える人多いよ)



[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-10-29 01:14 | どうでもいいこと | Comments(2)

オサレ判定

・Tシャツはジャストサイズ
 オーバーサイズ、特に袖が肘のところまであったりするのはダメ・・・
・ジーンズの裾はかかとが隠れるくらいじゃなきゃヤダ・・・
・Tシャツの首がやたら詰まっているのもダメ・・・
・スーツの裾から靴下が見えているのはヤダ・・・

男子の好みに非常にうるさい私だが
上記の4点をクリアしていたらひとまずヨシと
しているのだけど、先日ある男子にそれを「手厳しい」と
指摘されてしまった・・・

そうかね?
だって他はどうでもいいってくらいスルー出来るんですぜ?

好みだと思うんだけど、裾も袖もブカブカのTシャツが
浴衣みたくなってる男子よりはジャストサイズで
力こぶがチラっと見えるくらいのものを着こなしているほうが
かっこいいと思うんだけどな~

若いときってTシャツって難なく着こなせたし
そんな難しいアイテムだと思わなかったのだけども
自分が年を重ねて分かる。

Tシャツは難しい。
体型を選ぶし、素材も・・・

でもちょっと太めの男子がジャストサイズの(細身)
Tシャツをえ~感じに着こなしている姿とか
細い斉藤和義のような男子が細身のTシャツを
さらりと着こなしているのを見ると
私なんかはもうおかずになりそうなくらい
ムヒムヒと興奮しちまうわけです。

やっぱTシャツ姿が似合う男子ナンバーワンは
せっちゃんかな~・・・
いつも思うけど、本当にTシャツ選びが上手。

秋冬になると、素敵男子のTシャツ姿を
拝めないのも寂しいなぁと思うのであった。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-10-11 21:39 | どうでもいいこと | Comments(10)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧