旅するねこ毛

カテゴリ:ハナレグミ( 7 )

ハナレグミ「弾きが旅ばっ旅」2015.11.3味園ユニバース


幸せなとき 消えちゃいたくなる


長いこと ブログを放置していたら、いつのまにかいただいたコメントが
消えていたり投稿の仕方が分からなくなっていたりして
それがもうめんどくさくなってしまって、えーい もういいやと
思っていましたが、感動的なことはやはり記録に残したいので
頑張って書くことにしました。
新しくなってたんだな~。

ふぅ(ここまで息つぎなし)

今日までの間にバリに行ったり鹿児島へ行ったり、まぁ普通に色々と
生きておりましたよん。

さて、ハナレグミ。

正直新作を最初に聴いたときはピンとこなくて
どうなんこれ?って感じだったのですが
それはもうゆっくりゆっくりと心にしみわたっていきましたとさ。

最近せっちゃんのチケットは全然取れないし
どうせハナレグミもいつも外れるから無理だろうよと思って
申し込んだらまさかの当選!!
いや~~~!初めての経験でそれはもうびっくりしました。

と、ここでちょっと話ずれますが・・・いつからせっちゃんのチケットは
こんな取れなくなってしまったの~~
FC会員だったら今まで確実に取れていたのに
一応抽選と書いてたけどそれでもとれなかったことなかったんだよ~~ぅ

で、話は戻る。

ハナレグミまさかの当選!!

そしてチケットの番号を見て度胆をぬかしました。
これはもう神様からの誕生日プレゼントに違いない!!
少額だけど宝くじも当たったのよね~(ほんま少額だけど)

ってことで鼻息荒くして行って参りました。

味園ユニバース

ここは元キャバレーだった場所らしく、入ってちょっとひるみました。
中央ステージ(おそらくダンスフロア?違ったらごめん)に
ギター等が置いてあってそれを囲むようにまさかの座布団

タカシくんを座布団で囲んで弾き語ってもらう的スタイルで
そこに座れなかった人たちは後方の椅子(キャバレーなのでソファみたいにふかふか)
で聞き入る感じ。

あまり書くと、ばれちゃいそうなんで書かないけど
もつろん、わたしゃ座布団です=33

いやぁ人生初です あんな近くでライブ参戦は。
タカシくんのメガネが曇ってるところまで見えちゃう

ずっと緊張しっぱなしだったがふと思う。
この距離がせっちゃんだったら多分顔あげてらんないな
緊張して鼻血出るかもな。

タカシくんは音楽と人柄と歌声に惚れこんでいるのでね。
せっちゃんはそれプラスもうかっこいい~~!!が入るので
多分せっちゃんのライブだったら後ろで見ちゃうかもっ

さて、ほぼ時間通りに登場。

おおおお生タカシだ~~
もうそれだけで鳥肌が立ってくる 


ただ、ただしみ込んでくる。泣けてくるんだよな~・・・


にこにこしながら楽しそうにタカシくんは言った

「幸せなとき 消えちゃいたくなるよね」


本当にそうだ。

ライブ終了後は幸せの余韻を噛みしめながら
ラーメンを食べて帰りました。

次は1月(だったかな忘れた)だ~~
これもラッキーなことに取れたんでぃ!!!!


[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2015-11-14 09:45 | ハナレグミ | Comments(2)

ハナレグミ・So many tearsのどこまでいくの180分 2013.6.12神戸チキンジョージ

ハナレグミ・So many tearsのどこまでいくの180分

6月12日神戸チキンジョージ

二日前にギリギリ手に入ったライブ行ってきました。

いつもだったらどうしても行きたいライブは
金にモノを言わせて絶対に手に入れるのだけど
今回はハナレグミ単体ではないというのと
(ほかアーティストに全く興味がないので)
立ち見で最初から180分とわかっているライブは
ちょっと厳しいなぁと躊躇・・・

ノリに乗って気がついたら立ち見で3時間というのと
最初から3時間とわかっているのとは
大きく違うんですよね。
もう正直立ち見がキツクなってきました。
腰にキマス。

でもまぁ定価より安く譲ってもらえたしね。
なんといってもチキンジョージも我が家から
歩いていける距離なんで気分はラクショー


今回のライブは
ハナレグミとSo many tears、
そしてスカパラの人(すみません あまり知らない)で
構成されたイベントライブ。

チキンジョージは数年前のせっちゃん以来。
キャパ500人と書いてあったがギュウギュウの満員御礼。
これって500人詰めるだけ詰めたのか、それ以上詰め込んだのか
どっちなんでしょ?

もうね、ここまで満員のライブハウスは久々だったので
死ぬかと思いました。

どんだけ激混みかちゅうと朝の超ラッシュのまま
3時間 身動きできない状態。
もうね 体勢が最悪な感じでナナメになったまま
み、身動きとれまてん(汗)
拍手したくても手が動かせないもんで
じっと静止・・・

どんだけ満員かちゅうたらね
前のオンナの頭皮が臭ぇ!
人の頭皮の匂いがばっちり飛んでくるほどの
混みこみでしたよ。

救われたのは、ハナレグミファンの皆様のマナーのよさ。
ライブが始まってもどどーっと前に押し寄せることはなく
押し合いもない。
でもノリノリみたいな。

で、ワタクシso many・・・ははじめましてだと
思っていたら夫が
「この人たちマニッシュボーイズの前座やってた人たちじゃない?」で
思い出すことが出来ました。

よく覚えてるな~感心感心。

ファンの人には申しわけないが、スカパラもso manyも
私の音楽魂をキャッチはしてくれずスルーしちゃうのよね・・・

なのでそのへんの感想は省くことにして。

タカシくんの声を聞くといつも鳥肌が立つ。
空気が震える感じ。

いつまでもいつまでも聞いていたい癒しの声。

マイケル・ジャクソンのヒューマン・ネイチャーを
歌ってくれたのですが、泣きそうになるのを
ぐっとこらえました。
数あるマイケルの曲の中でもこの曲は
とてもとても好きな曲。

マイケルはもういないんだな~・・・
でもこうして音楽は歌い継がれていくのだなぁ。
などとしんみりしながら、生タカシを堪能。

本当にハナレグミは・・・。

しかし、高齢に立ち見ナナメ立ち どこまでやるの180分は
ほんとにキツかった・・・
楽しいライブだったのに、腰と膝の痛み(太りすぎという説あり)で
とちゅう悲鳴をあげそうだった。

タカシくんの声はいつまでも聴いていたいけど
本気で「どこまでやるの?」と何度心で叫んだことか!

次の日夫から静かにメールが・・・

「脚がパンッパンです。もう立ち見は引退します」

同感・・・

でもまだ引退しません。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2013-06-14 22:00 | ハナレグミ | Comments(4)

TOUR オアシス 2012.2.29梅田芸術劇場

行ってきました ハナレグミ TOURオアシス
予想していた通りの結果
生タカシを体験するとしばらく
「ヤベッ 生タカシ食っちまったよ」状態になるので
非常に危険なのであります。

ってことでいまだぼ~っとしている感が抜けないのですが
その勢いでレポしていきましょう。

ちなみにそんなアタシの今日のBGMは
スーパーバタードッグっ素。

私は三回目、夫は始めてのハナレグミライブ。

今回はライブハウスではなくけっこう大きそうな会場だったんで
どんな感じなんだろ?とワクワクしながら会場へ向かう。

いつも思うけど、ハナレグミファンって若いし、オシャレさんが多い。
特にメンズのオシャレ度高し。
私はあまり好きな感じのファッションじゃないけど
多分あれは世間ではオシャレと言うのだろう。

そしてカップル率高い?

会場に入る。
席につくと私の周り前後ろ横 ほぼカッポーでした。
あ、私も一応カッポーか・・・

う~ん ハナレグミはZeppとBIG CATでしか見たことないから
なんかあんな遠くにステージがあることが残念に感じる。
一階席だったんですけど、真ん中くらいでした。

じゃ~ん

タカシ登場。
今日もすごいね ファッションが。
ライトの加減でなかったとすると
私にはこう見えた。

上はど黄色のシャツかカットソー パンツはど水色・・・
そう 思わず「ど」をつけたくなるような鮮やかなお色でした。

ん~こういうの似合うのってタカシくんくらいじゃなかと?
セットを見て思わず「ニシキタのオアシスのよう」と思う。

※ニシキタのオアシスとは※

阪急電車の西宮北口のコンコースに
待ち合わせ用(?)に観葉植物などを置いて
イスなんかもちゃんとあって
ちょっとしたオアシス風になっている場所があるのです。

そこを私と夫はオアシスと読んでいるのです。
待ち合わせすると大体夫が私を待つことが多いので
そういうときに夫はオアシスで私を待つ。

そう、そのオアシスを思い出してしまったのであります。
ま、先日もそのオアシスを通り過ぎましたが
しょぼいもんですけどね ニシキタは・・・



光と影 でスタート。

うわっ やっぱ空気が一瞬にして変わる。
この澄み切った声 聴いてるだけで泣けてきそう
なんかこの瞬間にいる自分が幸せすぎて
贅沢すぎて泣けてくる。

でも泣かない 横に夫がいるから絶対に
絶対に泣くもんか。

と思っていたのだけど・・・
とにかく暖かな空気に包まれて何もかもがゆるんで
「PEOPLE GET READY 」の時には
とうとう目に涙があふれてきてジワ・・・

幸せで、音楽と声に包まれて涙があふれてくるなんて
なんと尊い体験をしているのだろう。

次々と歌うタカシくんを見ながらふと思う。

「意地悪な人や、悪い人や尖っている人たち
みんながハナレグミのライブを見たら
犯罪や争いが少しはなくなるんじゃないか?」

ちくしょう なんでこんなに心が震えるんだろう

後ろの方で何人かのすすり泣きが聞こえてきて
「分かる 分かるよ」と心でうなずく。


あっという間に終わり
もちろん、もっと聴きたいからアンコール。

しばらくしてタカシくん登場。
またすごいファッションで出てきた
ど赤のパンツ?にアロハシャツだったような・・・?
これまた似合っちゃうところがスゲー


「なんかいっぱい拍手させちゃってごめんね」みたいなことを
笑って言う。


順番覚えてないけど・・・

天国さんを静かに歌う。

天国さん 本当にいい曲で。

歌い終わったあと、会場シーン・・・

あまりにシーンとしているので
タカシくん「この曲歌うとしんみりしちゃうだよねぇ・・・」と笑う

どうもね、ボウっとしてしまって拍手とか忘れてしまうというか
魂を「今 会場でタカシを見ている」という現実に
戻すタイミングが計れないというか。

すんません 最後の最後はもう何を歌って終わったか
覚えてません。

とにかく最後の曲を終えてタカシくんとはお別れ。

良かったとか そういう言葉じゃ足りない。

だけど、それしか言えない。


今回はMCが少なかったかな~?
なんとなくだけど・・・ハナレグミはライブハウスの方が
しっくり来るような気がした。
タカシくんのMCもライブハウスの方がのびのびしてて
よく喋るし(ってライブハウスは二回しか知らないけど)
客との距離感とかもライブハウスの方がいいかもと思う。

はぁ 当分タカシくんには会えないのだろうかねぇ
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2012-03-08 22:00 | ハナレグミ | Comments(4)

TOUR オアシス 2011.11.22大阪BIG CAT

個人的に色々あった後だったので
この日のライブはどうしようかずっと迷っていた。
ぶっちゃけて言うが、このチケットは入手できなかったので
大人買い(ご想像にお任せします)したもので。


どうしよう 

「行って楽しめるか不安」

という気持ちと

「今の自分にはせっちゃんのライブではなく
(せっちゃんごめん ロックなノリではなく、あの宝物のような
タカシくんの声と雰囲気が必要だったの)
タカシくんのあの歌声に包まれて和みたい」

という気持ちが交差して悩みに悩んでいた数日間。

あれから音楽を聴くことも出来なくなってしまって
こんな自分がハナレグミなんて行っていいんだろうかと
ずっと考えていた。


が、結局行くことに決めた。


新作アルバムの最後に
「ちきしょー」という曲があってはじめて聴いたとき
衝撃なんてものはなく、なんというか
ささやくようなタカシくんの声にいつのまにか
引きこまれてしまい、何これ すごい曲じゃんと。
静かに心に染み入ってしまったのだ。

その「ちきしょー」を生で聴けたら
なんとかなるような気がする。
そもそも歌ってくれるか分からないけど
ちきしょーが聴けたらもうそれでいい、と
これほどライブに願いをかけたことはないというくらいの
願いを込めて参戦。


・・・そんな特別な日のハナレグミライブを
超アバウトで個人的記録として書かせていただきやす。



さすが大人買いしただけあって番号は良番。
オールスタンディングなのでさっさと前方へ行く。
じっくり聴きたいから、後ろとかすみっこで
眺めようかなと思ったのだけど、せっちゃんと違って
ハナレグミはファンもおとなしいし、押し合いがないな
と過去の参戦を思い出し、思い切って前から3列目に立つ。

お客さんはオシャレ系男女多し。
若者も多い。


バンドのメンバーとタカシくん登場。

ここで、斉藤和義ライブならば
どどどっと前に押し寄せこの時点で
おしくらまんじゅう状態になるのだが(前方はね)
あれ、誰も動かない パーソナルスペース広し(笑)
みんな 素晴らしい・・・


おお~生タカシ 久しぶり。
私は左の方にいたのだが・・・
この場所がナイスでタカシくんと近い!
いやぁいい場所でした。
ま、男としては彼にときめいていないので
(人間としては最高にときめいております)
ドキドキすることもなく眺めることが出来たのだが。


いきなりでのハンキーパンキーで弾き語り。
な、なんて贅沢な・・・

バンドのメンバーもいい感じ。

あれ?ドラムの人・・・玉田豊夢さんに似てるな~
でもまさかね~(ハナレグミとの接点が分からなかったので)
と思いながらちらちら確認。
目が悪いのでドラムの方まではなかなか見ることが
出来ず・・・

しかし曲は忘れてしまったが何かの曲で
ドラムソロがあり
「このドラムは!!!間違いない!・・・と思う」と弱気で
玉田豊夢さんじゃなかろうかと思い
早ぅメンバー紹介せい!と思うこと数曲・・・

ドラム!玉田豊夢!!

やっぱぴ~~~!!
ああ まさかハナレグミのライブで豊夢さんの
ドラムが楽しめるとは・・・うっうっ


それにしても・・・
前回も書いたような気がするがやはり
タカシくんを語るにはこれは避けて通れない。

なんと歌がうまいのでしょうか。
彼が歌い出すと、もう空気が一瞬にして変わる。
みんなが、1秒でも逃すものかと耳を
傾けているのが分かる。
しっとりと沁みこんで行く歌声。

まったくブレないのもすごい。

ハナレグミはCDで聴くよりも生で聴いたほうが
いいな~~と思う。
泣けちゃうのよ あまりの歌声の素晴らしさに。
こんなのってありなのか?と。

全部全部を逃さないように、耳を傾けるのだけど
いちいち感動してしまって、泣きそうになるたびに
ぐっとこらえて、また聴き入る。


曲と曲の間が異常にシーンとしてるのも
ハナレグミならでは?
あまりにシーンとしてるのでタカシくん
「なんか静かだけど(笑)もっと自由にしていいよ」と
言うくらい本当にシーンとしている。
たま~に「タカシ!」と声がかかるくらいで
いや~なんかもったいないな~と思ってしまうのは
貧乏性か。

でも気持ちは分かるの。
なんかね・・・放心状態なんじゃないかと。
生で聴いた人なら絶対分かってくれると思うのだけど
なんかね 声が出ないというか・・・
しっとりしてしまって・・・


放心状態のまま・・・
大安を聴き、あ~何度この曲に癒されたかな~と思い
またじっくり聴き入る。


なんですかね あのタカシくんの雰囲気は。
なんであんなふわりふわりとした空気なんですかね。

会場全体がオレンジ色のあたたかいオーラに
包まれ・・・いや、みんなで出してるっていう感じ?
とにかく、そんな感じ。

何度も泣きそうになりながら、でもぐっとこらえ
タカシくんを見つめる。

あっという間にラスト曲になってしまった。

あ・・・ちきしょー歌ってないな~・・・
今回はないのかな~

と思いながらお決まりではなく
もう一度見たい!もっとあの歌声を聴きたい!という気持ちで
アンコールを手拍子で求める。
途中みんなのリズムがバラバラになってしまうけど
再び持ち直し、同じリズムで手拍子を繰り返す。
あれ?と思ったのはここではみんな手拍子をしているということ。

以前アンコールのことで
アンコールがあって当然という気持ちで手拍子をせず
待つだけの人がけっこういる、というのを書いたけど
今回はそういうの感じなかったな~・・・

しばらくして、タカシくんとバンドのメンバー登場。

良かった また会えた。

3曲歌ってくれたのだけど・・・(曲忘れたので気になる方は
ネット検索してみてください きっとどこかのブログで
書いてるはず・・・)

最後に「ちきしょー」がきた!!!!!

ああ 私は本当に本当にこの一曲を聴きたかったのだ。
どうしても。
今じゃないとダメだった。

詩がどうのということではなく
一つの曲として、もう大好きな曲。
ハナレグミの曲の中で今のとこ一番好きな曲。

いいライブでした。本当に。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2011-12-21 11:53 | ハナレグミ | Comments(4)

君といて 僕を知る

いつだって君はそうだねぇ 僕のことなのに
自分のことのように 喜んでくれるんだぁ

君の泣いたり笑ったりが 僕のぬぐいきれぬ
傷だらけの日々に 色をそえてゆく

君の泣いたり笑ったりが
僕のぬぐいきれぬ傷だらけの日々に
色をそえていく

君といて 僕を知る

何も もとめぬほどに 伝わる愛
何も かざらぬほどに 深まるライフ


ハナレグミのマドベーゼ
このマドベーゼってあれかしら
シロガネーゼとかそういう感じの窓辺の人みたいな
言葉遊び?みたいなものなのかしら

ハナレグミはタイトルに関しては
どういう意味なんだろう、とあまり考えないように
しているのだけど、ちょいと気になる・・・

この曲 とってもとっても好きな曲で
ハンキーパンキーに並ぶかも。

タカシ君の世界は、「家族の風景」にしてもそうだけど
日常生活で誰にでもあるようなあたりまえすぎることを
タカシ君の言葉で、大切に優しく歌ってくれる。
それはとても大事なことばかり。
日々に忙殺されて
忘れてしまいがちなことを、ちゃんと思い出させてくれる。

大事なことはちゃんと
分かっているのだけど、でも、こういう音楽や
本や、誰かの何気ない言葉や、出来事など
そういうきっかけがないと思い出すことがない。
きっかけさえあれば、こうして日々のありがたみを
実感することが出来るのに。
なんて贅沢で怠慢な暮らしをおくっているのだろう。

愛されて、愛することがあたりまえになって
それがどれだけ特別で幸福なことに
気づかない。
私なんかは、こうしてブログに思いをつづることで
必死にかみ締めようとする。
だから過去の日記を読んでいると
同じようなことが沢山書いてある。


今日という日が二度と来なくなった人を知っているし
それはいつか自分になるかもしれない。
そういうことを考えながらも、悩みや沢山の出来事で
毎日忙しい。

あたりまえのことばかりでそれが
どれだけ恵まれているか分からずに。

明日自分に今日と同じ朝が来ると思っているし
夫にも友人にも、明日も愛されていると信じ込んでいる。

でも、それでいいのかも知れない。
こうしてかみ締めることが出来れば。

愛しい人の中に自分をみつけ、
自分の中に愛しい人を見つける。

その人の喜びが自分の喜びで
幸せならばそれが嬉しい。

最近ちょっと考えさせられることがあって
ついマドベーゼを聴いているけれど。

やっぱり、私はマドベーゼを聴いて
大事な人を思い浮かべることが出来る。
そんな人間でこれからもありたいと思う。


[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-10-24 21:44 | ハナレグミ | Comments(4)

TOUR うたう ハナレグミ~ZeppOSAKA~

10月21日 ハナレグミのライブ初参戦。

数日前に
「チケット入手できたからちょっくら行ってくるわ」と夫に
軽く報告すると、せっちゃんの時とは比べ物にならぬくらい
興奮し、「なにっ!俺の分は?」と騒いでいた。
そうだった もともとハナレグミのよさを教えてくれたのは
夫なんだった。

ものすごいファンというわけではないけれど
ハナレグミのライブは行きたい、とずっと言っていたっけ。
本当は楽しみにしていたけど、私以上に行きたがっていた夫のことを
思うとあからさまに楽しみに出来ず、軽い気持ちで行ってくる~という
空気を出すのがけっこう大変だった。

チケットないんだからしょうがないやんと冷たく言い放ち
当日まで悔しがっていた夫を置き去りにして時間ギリギリに会場へ
向かう。

会場に到着すると「スタンディング席あります」と紙を持った人が。

あぁ~!!イチかバチかで夫も連れてきたら良かったなぁ~と
激しく後悔。・・・でも来てみなきゃわかんないもんね。

はじめての生タカシ。

私なりに思ったことを昨夜の特別な夜の記念に
記録に残すけれど、その前に。

長いので読みたい人だけドゾ。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-10-22 20:46 | ハナレグミ | Comments(6)

ハンキーパンキー

あまりここでは書いてないと思うが
私ハナレグミ大好きです。

なんちゅうか、せっちゃんへの思いが強すぎて
他に好きなアーティストのこと・・・お気に入りの音楽など
どう表現すればよいか分からなかったりして。
とりあえず脳内は斉藤和義に埋め尽くされているし・・・
ほれ、ブログって日々の記録だったりするけれど
人に見せる前提で書くものだから。

最近繰り返し繰り返し聴いているのは
ハナレグミのハンキーパンキー。
初めて聴いたときからずっと好きな曲。

タカシくん(と呼んでおこう)の声って
ありそうで、他にない声だと思う。
なんだか聴いてるだけで優しくなれるような
そんな感じの声。
アルバムだかシングルだかに
「この声 世界遺産」と書いてあったけれど
本当にそう思う。

なんなんだろう この人の声
この人の作り出す音、そして存在感。
空まで届いてしまいそうな、そんな声。
あ~秋のライブ行きたいなぁ
でもチケット取れるんかいな
みんなどうやってとってるんかな~
電話?


変わることをこばむのではなく
変われたことをほめたいんだ
傷を嘆くよりも
出逢えたことを歌いたいんだ

君のための 日々のあわ


斉藤和義やハナレグミなど(他にもあるけどさ)
自分の好きなアーティストの音楽に触れていると
彼らを知らなかったりする人よりずっとずっと
私は幸せだな~なんて一人勝手に思っていたりする。
だってただ聞き流すような音なんかじゃなくって
ひとつひとつ心にしっとりと染みていくんだもの。
いちいち、感動したり、考えさせられたり
自分の人生に深く深く携わっていく。
こういう音楽ってとっても大事。

いやぁ 幸せ・・・


今日は食べ物の写真を載せます。

ある日の食卓。

a0091291_20223851.jpg


これは夫が作ってくれたもの。
すごいよ 手がかかってる。

手前は薄あげのピザ風。
真ん中は豚バラの串焼き。

a0091291_202351.jpg


いちいち焼いたというからまぁ・・・マメだこと。
奥にあるのはもやしをサンバルとかあれこれで和えた
エスニックなサラダ。

め~~~~~~~~っちゃおいしかった。
こんなおいしいものを作ってくれる夫には感謝している。
ありがとう。

そして妻バージョン。
盛り付けセンス全くないのは許してください。
食えりゃいい、って人間なのでそういうのにこだわらないもんで。

a0091291_20233041.jpg


これは何かな・・・
丸いコロンとしたものはミニトマトを豚バラで巻いて
軽く揚げたもの。
かりっとかじると中からトマトのジューシーさがもれて(?)
さっぱりしておいしかった。
あとはまぁ見た感じで・・・

たまに作るといいもんだな 料理とやらも。
[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2010-06-14 20:27 | ハナレグミ | Comments(12)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧