旅するねこ毛

2017年 03月 04日 ( 2 )

エスポー開始

ああ・・・久々に撃沈。
泣きたい思いで帰ってきました。

ひとまず血液検査を先に。


2/22のデータ
白血球数 11.34
赤血球数 3.50
ヘモグロビン 6.8
赤血球容積率 22.6
血小板 168

※費用
診察料 血液検査  点滴チューブ、薬処方等で8531円
往復タクシー代2000円


3/4のデータ
白血球数 10.40
赤血球数 3.05
ヘモグロビン 5.7
赤血球容積率 19.6
血小板 153
BUN 63.7
CRE 3.7

※費用
診察料 血液検査 エスポー注射 点滴セット、薬処方等で22561円
往復タクシー代2000円


体重は100g減の5,1キロ
ガン細胞については相変わらず見えない状態

ただ・・・貧血が進んでいた。

19,6とは・・・

じーさんは腎不全に加え、リンパ腫(白血病かも)もあるので
貧血はどうしても仕方がないのだという。
しかし、この貧血がどっちからきているか全く分からないとのこと。
腎不全は貧血になりやすいし、ガンの方も同じく。


目で見る範囲のガン細胞は顕微鏡では見えない状態で変化ないが
骨髄の中に潜んでいるガン細胞は顕微鏡では見えないので
もしかしたらそれが悪さをしていて引き起こしている貧血かも知れないし
腎不全によるものかも知れない
でもこればかりは分からない。
調べることは出来るが全身麻酔が必要になるから無理だ。


値を見たときに「まずい」と思った。
きっと食欲低下の原因はこの貧血にあったのだろう。

ヘマトクリットが20%を切ったら造血ホルモンを
投与してみたほうが良いとのことで今日注射を。

ただ個体差あり造血ホルモンが全く効果がない猫も
いるとのこと。
そして、もともとこの造血ホルモンというのは
猫用ではなく人間用のだということ。
副作用という言い方はしなかったがもしかすると
身体に合わないこともあるかもとのこと。

ネットで調べるとこの造血ホルモンの名前は
エリスロポエチンというらしい。

今日の清算書のところには「エスポー」と書いてあった

はぁぁ・・・

今後どうなるのか

それにしても、やはり食欲が低下するというのは
何かしらあると思う。


明らかに食事量が減っていたのがずっと気になっていて。
それが療法食が嫌なのかな?と最初に思い
それならばと普通のフードの割合を増やしてみたけど
プイとする
だったら・・・ということで昨日からは
療法食は無視してジャンク的な食欲を刺激するものに
替えてみた。
少しは食べるようになったけど、明らかに量が違う。

私は週に一回くらいの割合で通院しているので
見逃しようがないけど、やはり食欲低下は
何かのサインだと思うのですぐ病院へ行くことを
おすすめする。
取り越し苦労で終わればそれでいいのだから。


貧血・・・改善されますように。
じーさんの体に何の反応も起きませんように(副作用的な)




しんぱいするな わしはフェニックスじーさんなんじゃ

a0091291_17571924.jpg








[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2017-03-04 18:02 | ネコ | Comments(2)

昨日の花子さん

花子さんのブログの頻度がゆっくりになるみたい。
残念だけどしょうがないね
無料で読ませていただいてるんだもの。
次の更新を楽しみにしよう。

昨日の花子さん
分かるわぁ~
うちのじーさんもよくやります。
キレが悪いのかな よくうんこをくっつけたまま動き回り
そのへんに落としても気にしてない。
時々、トイレからお尻が出てうんこをそのまま
床にしていることも・・

私は 
じーさんだし、しょうがないよね 人間だって漏らしたりするもんね
と気にしないのだけど
夫はこういうのがダメみたいで床に落ちてるうんこを見て
暗い気持ちになるみたい。

しかもじーさんはキレの悪い時お尻が気になるみたいで
カーペットにこすりつけたりしてます。

さすがにこれはワッ!となるけどあとで消毒したらいい話だし
動物と暮らすっていいことばかりじゃないから。


今日はじーさんの再診日
少し食欲低下気味なのでちょっとドキドキだ。



昨日、腎不全の猫ちゃんと暮らす人のブログ徘徊を
していて獣医師について書いているのを読み納得。

偉そうに怒鳴る獣医、薬の説明をしない獣医、勉強不足の獣医
色々。

色んな獣医師がいる中で自分に合う獣医師を見つけるのって
本当に難しい。


今の病院にかかる前に2つの病院に行ったことがある。
一つ目の病院は院長先生と奥さんが2人でやってるところで
お2人ともとても良い方だった。
なので安心して診てもらっていたのだけど
ばーさんの避妊手術後で問題は起こった。

手術は成功し、しばらく何の問題もなかったのだが
数日後ばーさんが押入れにこもるようになり
様子がおかしいとみてみるとなんとお腹に穴が開いていた。
えっ!!と思い、速攻病院へ。

すると先生は焦り、
「溶ける糸を使っているので
糸が残っているということはないと思うのだが・・・」


おまけにすごい高熱であった。
「でも避妊手術後のことなので何か原因があるのでは」と
聞いてみると


「お恥ずかしい話、僕一人では自信がなくて
先輩の先生と一緒に手術を行ったので
うちで手術をしたわけではなく違う病院へ運んで
手術を行った」というのである。

びっくりである。
なぜそのような大事なことを先に言わないのか
よその病院へ運んだって・・・
運ぶ途中で何かあったらどう責任取るつもりだったんだ?
しかも避妊手術って基本の基本じゃないの?
それが自信がなくてできないってどういうこと?

結局、お腹をちゃんと見てもらってもう一度
お腹を縫って閉じてもらったのだが・・・

隠そうと思えば隠せるであろうことを
正直に話してくれたことはありがたいが
避妊手術すら一人でできない獣医に
一体何が出来るのだろう、と不安に思い
もしかしたら今後この先生だと病気の見落としなども
あるかも知れないと思いその後通院をやめた。

ちなみにその獣医師はけっこうなお年で
当時50は過ぎていたと思う。
だから余計に不安に思ったんだよなぁ(こっちが)

もうひとつの病院は先生の対応がすごくよかったのだけど
とにかく不衛生、不潔な印象だったこと
あれは残念だった。

結局今の病院で、じーさんの病気を診てもらっているのだけど
本当にいい病院だと思う。

ありがたいです。

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2017-03-04 09:10 | ネコ | Comments(2)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧