旅するねこ毛

こわい

じーさんがトイレに行くときが一番こわい。
それ以外は酸素ルームから出ることがないので
安心なのだけど・・・

今日はことごとくじーさんとのタイミングがずれており
あと5分したら様子を見に行こうと思っていたところへ
じーさんがトイレへ出てきて、案の定ふらついて倒れる。
呼吸は荒い。
あわわわわ・・・と抱きかかえて慌てて酸素ルームへ
連れていく。
しばらく口呼吸を繰り返し、お腹の動きも早い。
数分すると落ち着くのだが・・・

見えるところにいてくれたらいいのだけど
物置部屋なもんで30分おきに見に行くのが限界かな
夜はずっと物置で寝るのだけど。

そして、もしもその時がやってきたら

「末期のリンパ腫(または白血病)だったのに
ここまで頑張ってくれて、これがじーさんの寿命なのだ
よく頑張ったね」と見送ってやろうではないかと。

思っているのに。

気付けばツツツ・・・と涙がこぼれる。

覚悟は出来ているつもりなのに
じーさんを失うのが本当に怖くて怖くて
胸が押しつぶされそうで、不安で仕方がない。

今日もじーさんの手を握りに行くと
じーっと優しい目で見つめてくれて
何もかも見透かされているような気持になった。

「ワシは大丈夫じゃ その時がきたら違うところに
行くけれど、かーちゃんはくるしんじゃいかん」

そう言っているように見えた。

飼い主の勝手な、都合のいい解釈かも知れないけど
延命したことについて。
じーさんは、ちっとも責めてないように見えた。

だって、そうだもの。
じーさんは、心の優しい子で、自分より他の猫(ばーさん)を
優先し、自分はつい我慢しちゃうようなところがあって
夫婦喧嘩をしていると間に入ってにゃあにゃあと大きな声で鳴いて
仲裁に入り、私が泣いていると、そっとお腹を貸してくれるような
優しい、優しい、人の気持ちがわかる猫さんなのだ。
だから、私も夫もいつだって「じーさんのようになりたい」
「じーさんを見習わないといけない」と思っているのだ。


今日じーさんに

「16年も一緒にいてくれてありがとう。楽しいことしかなかった。
病気にさえならなかったらもっと長く一緒にいられたよね。
いつもお腹を貸してくれてありがとう。色々ありがとう。」と
伝えた。

じーさんは、じっと私を見つめながら、握った手をそのままに
じっとじっと聞いてくれていた。


一日一日。
確実にじーさんとのお別れが近づいてきているけど
じーさんを見送るまでは、しっかりしないと。
悲しむのはそれからだ。

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2017-05-12 17:29 | ネコ | Comments(2)
Commented by umi_bari at 2017-05-13 21:22
本当にその通りだと思います。
じーさんは、お母さんの気持ち、一つの動きの意味の
全てが分かっているんですよ、間違いないです。
だって、フェニックスじーさんなんですからね。
一分一秒だって奇蹟の時間だと思います。
Commented by tidakapa-apa2006 at 2017-05-15 09:20
★アラックさん★
ほんと、大体のことはじーさんに伝わっているような
気がします。そしてこういう終りへの向かい方も
じーさんらしいというか、そんな気がしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 今日のじーさん 酸素ルームについて。 >>



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧