旅するねこ毛

下北沢について

吉本ばななさんの「下北沢について」

私は何かにすがりたいときによく吉本ばななさんの本を読む。
ずっとずっと、この方のつむぐ言葉に救われてきた。

今回このエッセイも琴線に触れるものが沢山あった。

中でも、読んだ瞬間涙が止まらなかった一文を。


私は動物を「尊敬している」と言っても過言ではない。
人間よりもよほどすばらしいところがあるからだ。
動物のいちばん理想的な死に方は老衰で、死ぬ直前までふつうに
暮らして、よたよたとトイレにも行き、しかしだんだん食べなくなっていって
でも痩せ細るまではいかないで、そのときが来たら飼い主がちゃんと揃うまで
待っていて、揃ったら「じゃあね」というように息を引き取るというものだ。


動物は本当にすごい。
私にとっての一番身近な猫という生きもの
じーさんを見ていると本当にそう思う。

今日もじーさんは生きています。
点滴を済ませ、ステロイドを飲みました。
もう、してあげられることといえば、傍にいてあげることだけ。
毎日大好きだよ、ありがとうと伝えてあげられることだけ。

どうか、じーさんがこの世にいられる残り少ない時間を
穏やかでゆるやかなものにしてあげられますように。

もう、祈るしか私にはできない。


今年の一月の写真。
もうこんな寝方をすることはこの先ないだろう。

a0091291_07490979.jpg

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2017-04-01 07:50 | ネコ | Comments(2)
Commented by umi_bari at 2017-04-01 08:47
動物は凄いですね、じーさん、穏やかに。
こんな事を書いてはいけないんですが、
外の猫は、最後はどことなく消えてしまうと
言います。
最後の姿を見せないようです。
じーさんこそが、自分の運命を知っているのだと
思います。
目力あり、ご飯を舐める、治療を受ける、だから
まだまだ、じーさんの奇蹟は続きますよ。
Commented by tidakapa-apa2006 at 2017-04-03 11:12
★アラックさん★

じーさんと出会えて良かったです。
じーさんは私たちに沢山の事を教えてくれました。
同じ言語を話せなくても、じーさんと私たちは
確かに分かりあえていると思います^^
今日もじーさんは元気です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< せっちゃんと宮本さん ターミナルケアに入ります。 >>



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧