旅するねこ毛

今日で一週間

a0091291_10211985.jpg
ある日の動物病院でのたーくん
朝の診察の時はいつでも一番ノリでした。
診察券を先に渡して順番取りをしていましたから。

怒ってます。
早く帰らせろニャー!
今来たばかりだから待ってねーごめんねー


本気で怒ってると思うのですが
この表情にこの耳 たまりません。
猫ってずるいよな~
どのパーツをどの角度で見ても可愛い。


たーくんは病院が本当に苦手で、呼吸が上がり、口呼吸に
なってしまうくらい、怖がってしまうので病院へ行く時は
なるべく待ち時間がないよう、頑張りました。
一旦朝に診察券だけ渡して、自宅に戻る。
そして朝一番に診てもらう。
家から病院が近かったらいいのだけど区が違うし
ちょっと遠いんですよね。
自転車で片道25分くらい。
今はそれもいい思い出です。

たーくんのことを思うと、胸がきゅぅーとなり
悲しみがこみ上げてきます。
泣くだけ泣いて・・・骨壺からたーくんのお骨を
取りだしました。
骨になっちゃったねー これはどこの骨かな?
小さくなっちゃったねー

と言いながら。

そして、私はその一部を食べたくなったのです。
ちょうど小さく良いサイズがあったので・・・
私の一部にしたい これでずっと一緒だねと思い
骨を口に入れようとしました。

でも、どうしても出来ませんでした。

たった一つでもそろっていなかったら
たーくんがお骨を探すんじゃないかなと思ったのです。
私達は責任を持って、覚悟を持って骨を引き取りました。
何よりも大切なものです。
たーくんがいつでも戻ってこられるように
そばにいられるように、と願いを込めて。

その大切なお骨を、私が食べることで
なんか、体おかしいにゃーと思うかな?
そんな思いで、なんとかとどまりました。

帰宅した夫に、太助の骨を食べようとしたけど
寸前で思いとどまったよ と話すと

良かったよ 絶対食べたらダメ!
一部でもかけたら太助がかわいそうだ

と言われました(^-^;そりゃそーだ

a0091291_10331505.jpg
冷蔵庫ブームの時のたーくん。

そういえば旅立つほんの数日前にこれまた不思議なことがありました。
もうほとんど介助なしで歩けない状態になっていたたーくんが
フラフラになりながら「思い出巡り」を始めたのです。

押入れブームの時の押入れに行き・・・
自分では行けないのでそっち方向へ行こうとしてるなと
分かったので抱いてブームの時に休んでいた場所へ
連れていってあげました。

そして、次はベランダへ行くという。

最初はなんで押入れに?と思ったのですが
次に「ベランダに行く」と目で訴えてきたときに
「ああ、今まで行った場所へ行きたいんやね」と分かりました。

ベランダへ出してやると数分でしたが
気持ちよさそうに目を閉じていました。

次はどこ?たーくんの言うことちゃんとわかるから
かーさんに「あそこ」ってちゃんと言ってね

というと、今度は冷蔵庫を見上げました。
分かったよー冷蔵庫やねー
でもたーくん かーさんの肩に乗る体力ある?

冷蔵庫に乗るときは、いつも私たちは肩を太助の高さまで
下げます すると太助が両手を伸ばして肩にしがみついてくるので
それをひょいと抱き上げるのです。
その両手を私たちに伸ばす仕草もいつも胸がキュンとなる
愛おしい仕草でした。

しばらく、体力を集めているのか冷蔵庫前で
じっとしていた太助は、頑張って両手を伸ばしてきました。

よっしゃ~じゃぁ冷蔵庫ノンノしようねーと
乗せてあげると、しばらくそこで落ち着き・・・

次は人間用のトイレです。
ここは闘病初期によく入ってたよね~

そして玄関へ

これで太助の思い出巡りは終わったようで
満足げに元の位置へおさまりました。

何となくですが、たーくんは自分の死期が
分かっていたのかも知れません。
もしくは、とーさんとかーさんが絶対にいる時間に
出かけようと思ってくれていたのかも知れません。

深夜だったら時々寝ちゃってしまったこともありましたし
平日の17:55だと夫はいません。
土曜日のあの時間だったから、ちゃんと2人でしっかりと
見送ることが出来たのです。


色々、勝手な解釈してますね。
でも、そうとしか思えないのです。

本当に、本当に、可愛い猫さんでした。

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2017-06-10 10:36 | ネコ | Comments(2)
Commented by umi_bari at 2017-06-10 18:51
太助ちゃん、最後は自分の思い出の場所を巡って
いたんですね、本当にこれも奇蹟ですね。
やっぱり太助ちゃんはフェニックスだったんですね。
想い出の一場面を有り難うございました。
Commented by tidakapa-apa2006 at 2017-06-12 09:57
★アラックさん★

フラフラの体で一生懸命めぐっていました
あの子とは本当に心がつながっていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 一つの区切り 闘病記録 >>



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧