旅するねこ毛

新しい悩み

昨日とその前は不調に思えたじーさんですが
今日は持ち直したように見えます。
昨日の夜あたりから猫小屋から時々出てくるようになりました。
昨日は夫の膝の上に自分から向かい、ゴロゴロ言いながら
夫の膝の上で甘えて寝ていました。
じーさんは本当に夫が大好きなんですよ。
悔しいけど、2人の間には入れない男同士の絆があるようです。


さて、猫小屋問題です。

一回目に「使ってくれるかどうかわからないから」と思い
一つだけ猫小屋を購入したところこれが大人気で取り合いになり
じーさんは自分も入りたいのに、ばーさんがわがままだから
ばーさんに譲ってあげていました。
たまにじーさんが入ると、意地悪いばーさんは上から飛び乗って
寝ているじーさんをつぶしにかかるのです。

それ以来じーさんは遠慮して入らなくなりました。
慌てて新しい小屋をじーさん用に購入。

しかし、トラウマがあるのかじーさんは気がねして
入ろうとしませんでした
入るのはばーさんのみ。
ばーさんは2つの小屋を掛け持ちで寝ている状態。

それでも最近は人間トイレにこもることがなくなったじーさんが
ようやく猫小屋に入るようになったんです!


喜んだのもつかの間

ばーさんが意地悪をするのです。
自分はちゃんと自分の小屋があるのに
わざわざそこから出てきて、寝ているじーさんに
突然噛みついて追い出したり、上から飛び乗って
つぶそうとしたり・・・

じーさんは今弱っているので守ってあげられるのは
私達しかいません
猫はその瞬間に叱らないと分からないので「こらっ!」と
叱ります。軽くポン!と叩きもします。
すると痛くもないのに(痛くない程度にしか叩きませんので)
大声でぎゃ~!!と叫び、さぞ虐待をされたかのように
ふるまうのです。

そしてまたじーさんをいじめようとする。


ここだけに注目すると、じーさんにばかり構っているから
やきもち焼いてるのでは?と思われると思うのですが
もうね 昔っからなんです。

じーさんは何もしないのに、意地悪ばかりする。
じーさんのやることなすこと気に入らないような感じです。


じーさんが元気だった頃は、猫同志の問題にあまり
介入しない、と思って放置していましたが
それがいけなかったのでしょうか
でも、大喧嘩するほどのこともないし、単に
ばーさんの性格に問題ありというだけのことで
悩みながらも放置していたんです。

人間同様、いろんな性格の子がいるし
ばーさんも大切なうちの子ですから。

ペットシッターをしてくれている姉からは
甘やかしてしつけをしなかったから!!と
言われます。

姉が見てくれているときもばーさんのじーさんいじめは
ひどいようです。
ずっとじーさんを気にして監視しているようなところがある、とも
言っていました。
スキあらば攻撃しようかしら的な感じです

今日一日見ていると、じーさんの気に入っているものが
ほしいみたいな感じなんです。
じーさんの小屋に入りたいのか、とじーさんがトイレに行った帰りに
もう一つの方にじーさんに入ってもらって
ばーさんには、今までじーさんが入っていた小屋を提供すると
もう、気に入らない。

今、じーさんが使っている小屋が気になるのです。


とても困っています。

特に今は本当にじーさんが心身ともに弱っているときなので
余計なストレスを与えたくないし、そっとしてあげたい。

なのにばーさんはじーさんに意地悪をする。

何度言い聞かせたか、叱ったか分かりません。
聞いてくれないのです。
もともとばーさんとはコミュニケーションをとるのが難しかったので・・・


姉が出て行ってからの3時間
気が気じゃありません。
そろそろ私も仕事をやめようと思っていますがあと数日は
仕事があるので・・・

24時間じーさんを見張っているのも無理ですし。

どうしたらいいのでしょう。

不在の間、大きなケージ(檻みたいに大きいやつ)とかにばーさんを
入れておくというのは虐待になるのでしょうか?
でも、購入したとしてもじーさんの残された時間を考えると
そう長くはないと思うので、そんなお金あったら
じーさんの治療費に使いたいし・・・


ばーさんは私が連れてきちゃったんですよね・・・
子猫の時に、ニャーニャー鳴いてて
見ると、ものすごく恐ろしい顔をした子猫がいて
私は、猫好きですが、善人ではないし、やっぱり可愛い子が好きです。

顔を見て「うわっ なんかホラー映画みたいに怖い!」と思い
こりゃ気の毒に・・・うちには猫がいるからごめんね・・・
と去りかけたら・・・

にゃ~~!!と追いかけてきたんですね。
まくしたてるようにニャーニャーと小さい体で一生懸命何かを
訴えてきました。

私には「拾うつもりがないのに中途半端に撫でて何よ!」
と言っているように聞こえました。


それでそのまま動物病院へ連れていき、その時何をしたか
忘れましたが先住猫がいるのでその子と同居するにあたって
必要な処置をしてもらったと思います。


うちでは一番の存在はじーさんです。
じーさんが嫌がるようなら諦めようということになっていました。
じーさんは数日嫌がっていましたが、ばーさんはその頃から
性格が悪かったのか、じーさんにまとわりついて甘えて
気に入られようとしていました。
じーさんは本当に嫌だったようで逃げ回っていましたが
ある日ばーさんを舐めてくれたんですね。

許したんだ・・と思いました。

それからずっと一緒にいます。

でも、気がついたらばーさんはわがままでいじわるなコに
なってしまっていて、じーさんをしょっちゅういじめていました。

気がついたら仲裁に入るくらいはしていましたが
その甘い対応が今こんなことになろうとは・・

どうしたらいいのかわかりません。


あの時、連れて来なかったら良かったのかなぁと
よぎることも、あります。
でも、やっぱりばーさんも家族なんですよ。
だから悩むんです。

[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2016-12-14 12:36 | ネコ | Comments(2)
Commented by arak_okano at 2016-12-14 13:28
悩んでください、じーさんが頑張っているんです、お母さんお父さんの願いが通じたんです、凄いです。まだまだ日々が大変ですが、今日の報告に泣いてしまいました、これこそバグースです。
Commented by tidakapa-apa2006 at 2016-12-16 14:55
★アラックさん★

ばーさんがじーさんをいじめて、じーさんの
ストレスになっているようでそれを見て私も
胸が痛くなります。

ばーさんは常にじーさんを見張っています。
昨日は、帰宅したらじーさんの首根っこが濡れており
なんだろうと匂いを嗅ぐと臭くって(猫の唾液のような)
そしてじーさんの周りを見渡すとじーさんの毛が固まりで
散乱していました。

ばーさんに首を噛まれた、と分かり半狂乱になって
けがをしていないか確認しましたが大丈夫でしたが
ショックで・・・


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 血液検査と腎臓病に関する再検査 12/11(日)(抗がん剤治療... >>



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧