旅するねこ毛

10/1(土)(抗がん剤治療9週目:ビンクリスチン)

この一週間しんどそうにしていたコですが、
抗がん剤投与日当日になって元気な姿を
見せてくれました。

いよいよ、お別れに向けて準備段階に来たかと
絶望的な気持ちでこの一週間過ごしていたので
にゃぁ!と元気よく鳴いてご飯くれっ!と寄って
きてくれたのには感動しました。
あまり期待してはいけないのはわかっているけど
もう少し一緒にいてくれるのかな?と
ありがたい気持ちでいっぱいです。

この日の血液検査の結果を見るのが怖くて
怖くて仕方がなかったです。

血液検査をする前に先生にこの一週間の様子を
聞かれ、「食欲が落ちてこの一週間は5,6くらいです。」
(5,6段階→いつも分かりやすく
10段階中の数字で言い表しています 旺盛なときは10と言います)
便はどうですか?
「快便です。しっかりした良い便が出ています。おしっこも問題ないです」
調子が悪いというのはどんな感じで?
「元気なときはずっと一緒の部屋で過ごすんですが
この一週間は薄暗いトイレ、脱衣所で過ごしています」

というような問診を終え、では体重を計りましょう^^

300gくらい落ちているかと思いましたが
100gマイナスの5.6キロでした。

あ~良かった・・・

血液検査の結果です。

9/25のデータ
白血球数 13.54
赤血球数 4.67
ヘモグロビン 8.6
赤血球容積比 29.7
好中球 11.46


10/1今回のデータ
白血球数 10.24
赤血球数 4.59
ヘモグロビン 8.5
赤血球容積比 28.7
好中球 4.46


※費用
診察料 血液検査 抗がん剤 セレニア注 ステロイド処方等で19422円
往復タクシー代2000円

貧血は横ばい。
前にも聞いたけど再度何か打つ手はないかと
先生に聞いてみたのですが
貧血を起こしやすいのは病気の特性でもあるし、
抗がん剤を投与することで貧血にはなりやすいので・・・
とのこと。

前回高値であった好中球が正常に戻っていたので
安堵しました。

でも、この状況・・・決して良い状況ではないんだろうな・・・
正常値に戻らないことには・・・
横ばいがずっと続いているというのは
抗がん剤の効き目が弱くなっているということなのか?

気になるけど、あまり深く追求するのはやめました。
先生にお任せします。
私に出来ることは猫の状態を見逃すことなく記録すること。
家にいるときには30分から一時間間隔で記録をとっているので
見逃しようがない。

昨日は抗がん剤を投与したにも関わらず
食欲旺盛で元気いっぱいでした。
おかげで私はライブに行くことが出来ました。
ありがとう^^!

今日も元気な様子です。

朝は一時間ベランダでまったりしましたよ。

a0091291_12471794.jpg


今日はあいにくの雨だけど、お外は気持ちがいいにゃー
それにしてもこの子は性格の良さが顔に出ているなぁと
思います。思いやりのある本当に優しい子なんです^^
見てくださいー
こんなに穏やかな表情なんです。

a0091291_12484927.jpg


実はこの日もう一匹のコの様子もおかしくて
一日に二回も病院へ行きました。
朝はどうもなかったので・・・

a0091291_12523315.jpg
まったりしていました。
じーさんの方を病院から連れて戻ってばーさんの顔を見て
びっくり。
度胆をぬかしました。
赤い目ヤニが出ていて、涙をボロボロ流しています。
これはまずい!
一旦目ヤニを拭いて、すぐ病院へ電話。

たまたま担当の獣医師さんが出てくださり
今さっき帰ったばかりの人からかかってきた電話に
どうかされましたか?と心配している様子。
抗がん剤打った直後ですもんね・・・

事情を説明し午後に診察予約をいれ様子を見ることに。
すっかりその頃には涙も治まり元気な様子で
ぱっと見何も変わらない状況。

a0091291_12563128.jpg
遊んでます(笑

夫が帰宅し、ばーさんをあとで病院へ連れていくからというと
なぜ?ということになり、事情を説明。

しかし、今や涙は収まり目も痛そうではない。

「連れていく必要ないんじゃないか
たまたま目に何か入っただけでは?」と言われたけれど
夫は赤い目ヤニを見ていないし、涙を流す姿も見ていないから
言えるのだ。
そうは言っても、確かになんともない状態で連れて行っても
先生わかるかな・・・と気にはなったけどもう予約もしてしまったし
何もなかったら何もないでそれが一番いいのだから、と説得して
行くことにしました。

先生に事情を話すも「左目ですか?」と何度も確認される。
はい、左目です・・・
しばらく見てもらうも何もない
左目ですよね??こっちですよね?と再度確認

はい、今は何もなってないけど帰宅したら赤い目ヤニと
涙が・・・と再度説明。

すると・・・よ~く見たら目のあっかんべーをしたら
見える部分に赤いできものがありました。

あっ、何かありますね・・・
と見るとなんとも嫌な形・・・

とっさに「腫瘍キター」と思いました・・・
この子まで腫瘍・・・・と・・・


でも、現在では判断のしようがないとのこと。
この部分を切り取って検査に出さないと何かが
分からない。
でも、まずは抗生物質で様子を見て一週間後に
再度見てみましょう、とのことでした。

いったいなんなんだろう・・・
あの赤いできもの

でも目をかゆがってもないし痛がってもないし
涙も出ていないし、今日でお薬塗って二日目ですが
これで治るといいなと思ってます。

ばーさんまで病気になってしまうと
私たちの精神が持ちません・・・

だけど、今回のことで改めて思うけど
猫がかわいそうだからと、
夫のなるべく病院へ連れて行きたくないという思いの
強さには嫌になります。
気持ちは分かります。私も同じですから。

でも私は少しの変化でも大げさでもいいから
おかしいな、と気づいた時点で 猫には悪いけど
病院へ連れていくべきだと考えています。
何もなかったら、笑ってすませりゃいいんです
心配しすぎでごめんね~アハハ で。
私はリンパ腫の診断をされる前に
じーさんの食欲が落ちてきているのが分かっていたのに
夏バテかな?などと様子を見ていたことで
苦しめる時間を増やしてしまったことすごく後悔しているので。

あの時 あれ?と思った時点で連れていけば良かったんです。
遅かったんです 連れていくのが。

今回のばーさんの時も、夫に「今どうもなってないから
また症状出たときに連れていったら」という言葉に
迷いましたが、押し切って連れて行って正解でした。

もう同じ過ちは絶対に犯しません。
何かあるときは、やっぱり何かあるんです。
言葉を分かってあげられないのだから、サインを
見逃したくないです。


[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2016-10-03 13:31 | ネコ | Comments(4)
Commented by arak_okano at 2016-10-03 16:14
おじいちゃんもおばあちゃんも大変ですね。
確かに、両方とも、病気の症状に薬の副作用で
さらに辛いですね。
病院へ行くのも怖いでしょう。
でも、海外の女性で、動物の心を読む方が
亡くなった動物の心を浄土から呼んできて
くれると、ご主人に感謝をしているんですよね。
お父さんとお母さんが、何回も病院へ連れて行って
薬やご飯の世話をしてくれて、日常の様子を記録して
お医者さんと一緒に頑張っていることに、感謝ばかりなのでは
ないでしょうか。
エレファントカシマシさんのコンサートも、お母さんが
楽しまれたこと、コンサートの素晴らしかったことを、
おじいちゃんとおばあちゃんに、笑顔で話しかけてあげたら、
たとえ、病気で辛くても、きっと「お母さん、よかったね、私も
お母さんの笑顔が見られて嬉しいよ。」そう心の中で言っているのでは
ないでしょうか、そうアラックは思うんです。
Commented by 147700 at 2016-10-05 10:34
猫ちゃんその後どうですか?
抗ガン剤当日に元気を取り戻してくれて良かったですね〜
大好きなベランダでもゆっくりされたんですね
とても気持ち良さそうでしあわせそう^ ^
穏やかで柔和な表情をされてますね
もうひとりの猫ちゃんも早くに対応されて
辛い思いをさせずに済んで良かったですね〜
顔立ちの整った可愛い猫ちゃんです
うちもいつ連れて行くかで夫と意見の相違がよくあります
前と同じことを繰り返して後悔したくないから早く診てもらいたいのですよね、
抗生物質が効いてくれます様に、どうかお大事に
Commented by tidakapa-apa2006 at 2016-10-05 12:37
☆アラックさん★

あたたかいお言葉ありがとうございます。
じーさんもばーさんも生物としての寿命を
全うしようとしているだけなんですけど
こうして私たちは抗おうとして、結果苦しめているのかなとか
考えだしたらきりがありません。
アラックさんが書いてくだったこと、心にしみました。
ありがとうございます。

アラックさんのおうちにも高齢猫ちゃんが
いらっしゃるのに、いつもお気遣いありがとうございます。
Commented by tidakapa-apa2006 at 2016-10-05 12:45
☆ようようさん★

じーさん猫は落ち着いています。
ご心配をおかけしてすみません。
今週は調子のいい日のようで食欲も10に戻りました。
2日前はばーさんと取っ組み合いのケンカをしていたので
仲裁に入りました(汗)

もしかしてようようさんに辛い思いをさせてしまったのかなと
ずっと気になっているのですが、ようようさんちのひかるちゃんが
元気な様子を見るのは嬉しいんですよ。
うちの子が調子悪い時に、その様子を知って、悲しくなるということは
ないです。
同じ年齢で同じ病気で闘っていること 励みに思ってます。
「わぁ~良かったな~!元気でうらやましいな!」という気持ちは
ありますが、記事を読んで落ち込んだり、辛い思いをするということは
決してありませんので、気になさらず更新を続けてくださいね。

私が元気がない、とコメントを残してしまったことで
ようようさんの負担になってしまったのかなと反省しています。
ごめんなさい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 闘病3か月目突入 気を引き締め... エレファントカシマシ 2016... >>



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧