旅するねこ毛

ダメな飼い主

ダメな飼い主です。
本当に、私の猫への愛情ってなんなんだろうと
情けなく、恥ずかしく、もういなくなってしまいたいと
思うほど自分が嫌になる。

リンパ腫闘病中の子ばかりを構って
ばーさん猫の方をあまり構ってあげてなかったと思う。

それじゃぁいけないと分かっていたので
ちょくちょくなでたりはしていたものの
きっと足りないんだろうな 色々と。

じーさん猫のほうは猫というよりも(猫なんだが)
なんか人間に近いものがあってなんとなく会話も
出来てるような感じだし、抱っこをせがんできたり
私が泣いていたら寄り添ってくれてお腹を貸してくれたり
また主人と大喧嘩をしているときはどこかから
すっ飛んできて間に入ってにゃーにゃー大声で
泣いておろおろするような子なのである


冬は毎日腕枕で寝る。
私のトイレにまでついてくる。
本当に甘えん坊で、コミュニケーションもよく取れているのが
じーさんの方。
爪も話せばわかるので大人しく切らせてくれるし
何かと猫にとって嫌なことをされても
ちゃんと説明して、あなたに必要なことなんだと
伝えると、観念して我慢してくれる。


対し、ばーさんの方はまさに猫!という感じで
甘えてはくるが絶対抱っこはさせない。
抱くと「う~~!!」と言って怒る。
自分の触って欲しい時だけ寄ってくるという感じ。
会話は成り立たない。
そういう子なので無理なことはせず
寄ってきてくれたら遊ぶという形。

よく夫婦で話しているのはじーさんは俺たちじゃなきゃ
ダメだけど、ばーさんは俺らじゃなくても
誰でもよさそう

こういう感じの子なのである。

だからと言って可愛がってないというわけではなく
愛情はあるけど、コミュニケーション不足というのは
否めない。それでも保護してから14年大切にしてきたつもり・・・


長くなったが、そういう関係なのである。

だからきっとこういうことが
起こったんだと思う。
今後二度と同じ過ちをおかさないよう
ここに記しておこうと思う。

これ、虐待だから。

真夏の水はすぐぬるくなるし一日置いてると
濁るときないですかね

うちはそうなんですよ。

で、前から夫に気づいたらちょくちょく水を
入れ替えてやってな と言われていたのに
私は一時間おきにじーさんの様子を見に行くときには
必ず新しくお水を入れ替えていたのに
ばーさんのことはすっかり忘れて、昨日一日
朝入れっぱなしのお水だったことを
夜に帰宅した夫が気づいた。

それは見てすぐわかるほど濁っており
こんなの飲めるかよというような水だった。
そんな水だから当然猫も飲みゃしない。

注意されて慌ててばーさんに謝りながら
ばーさんのところへお水を運ぶと
すごい勢いでごくごく飲んだ。
このばーさんは水を飲むとき まず手ですくって
飲んで・・・しばらくしてから
ゆっくり・・・ゆっくりと時間をかけて飲む子である。

それががぶがぶごくごくと・・・
よほど喉が渇いていたのだろう。

申し訳ないやら情けないやら

ひどいことをしていると思う。
ばーさんのこともとても大切なんです。

ごめんなさい!

今後二度としません!






[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2016-08-20 12:28 | ネコ | Comments(2)
Commented by 147700 at 2016-08-20 16:42
アパさんちに比べたら、うちなんて放ったらかしですよ
水も朝晩しか取り替えないし、空っぽの時もありましたし、トイレの砂も注ぎ足してばかりで全取替えもしてないです
3匹いるけれど、どーしても同じに平等にはなりません、ひかるはご飯の不満を毎日言うし、イビキかいて寝てたり、でも私が具合悪くて寝てるとそばでゴロゴロしてたり、3匹の中で一番世話が焼けるけど親近感があります
ひかるは私たちでないとダメだねと話してたので、アパさんちも同じなんだなと思いました
なるべく平等に接する様にしてるけど、勘付かれてるかも?です
ひかるが病気になっていろんな事に気づかされました、でも生きてるうちに気付けて良かったなと思います
アパさんもこれからでも全然遅くないと思いますよ〜
あと、うちもひかる以外の2匹は仲悪くて16歳の今でもケンカばかりしてます、猫も相性があるのですね
Commented by tidakapa-apa2006 at 2016-08-22 07:55
> ようようさん

ようようさんはお勤めに出てられるのでお水を替えることが出来ないのは
普通ですよ~^^私の場合は家にいるのにと思って情けなくなってしまって。
トイレの砂はうちは抗がん剤を使用しているのでまめに替えるようにしています。
可能ならトイレは別が望ましいと言われているのですがトイレ替えてしまうと
しなくなると思うので・・・ずっと二匹同じトイレですから・・・
それが出来ない場合うんちやおしっこ等こまめに取り除くよう言われてて・・・
抗がん剤って怖いんですね~
必ずしも発がん性があるとは限らないけど、念のためということらしいです。

やっぱり完全に平等に、とはなかなか難しいですよね。
なるべくもう一匹に寂しい思いをさせないようにと思います。

ホント、猫のおかげで気づかされること沢山ありますよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ビンクリスチン(1クール:3回... ようやく泣かなくなりました。 >>



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧