旅するねこ毛

急激なスピードで

昨日から抗がん剤治療に入った。

抗がん剤治療に入る前に血液検査をする。
食事を摂ってないことが影響してか
肝臓も機能が弱まっていて
その他結果

7/29の時点で

・白血球数16.27
・赤血球数3.78
・ヘモグロビン6.1
・赤血球容積比21.3%

8/7のデータ
・白血球数7.98
・赤血球数2.62
・ヘモグロビン4.4
・赤血球容積比15.5%

かなり進行しており、現在のこの子の体力を考えると
決断するならもう今日しかない。
ステロイドのみで、行くか
抗がん剤治療に入るか

先生に相談すると、当初は
ピンクリスチンの投与か入る予定だったが
現在の状況を見ていると厳しいかも知れないので
比較的副作用も出にくいLアスパラギナーゼを
投与してみましょうとのこと。

事前に確認する。

この投与が現在のこの子に試してみる価値があるのかどうか
耐えられる体力は残っているのか

先生は今なら出来ると思うとおっしゃった。

私たちは、それを承諾した。

この病院はすごく良いところで
先生も優しくて、温かみのある人で
本当にお世話になりっぱなしだ。

最後まで迷っていた私は
猫を飼っているその先生に
「専門家としてではなく、個人的な意見を聞きたい
先生の猫が同じ状態だったらどうしますか」と。

すると先生は
「僕は、もう少し一緒にいたいと思うし、
なんとかなるかも知れない技術と知識があるならば
抗がん剤治療を選択します。もう一度元気な姿で
おいしそうにご飯を食べてくれる姿を見たい」と。

でもほかの先生の中には、猫に無理な負担をかけず
ステロイドだけで症状を和らげながら自然に・・・と
いう方もいらして、直接その先生ともお話して
それもすごく分かるのだった。

最終的にお2人とも、どっちの意見も
聞いていくと「それもそうだよな」と納得は
できるので、こればかりはどれがどう、とかはないと。

どれも間違いではない。

すごくすごく考えて
私は担当の先生の「もう一度元気な姿でおいしいご飯を
食べさせてあげたい その姿が見たい」という
自分の気持ちを優先させてしまった。


そして治療費入り、あさ預けて急変する可能性があるからと
夕方まで半日入院。
夕方18時半にお迎え。

なんとか元気そうに見えた

帰ったら20時頃パウチのスープ系フードをがつがつと
15グラムほど食べてお水も飲んでくれた。
一緒にお布団でも寝た。

ほっとする。

少し寝ようかなとうとうとしていると
深夜2時 突然の嘔吐

副作用だ。
20時に食べたものをほぼ原形残したまま全部吐く。
消化されていないのだろうか。

そのあと少し落ち着きまたお布団に来てくれる。


3時 胃液だけを吐く

4時 粘着性のあるペースト状のようなものを
   吐きながら倒れる。
   呼吸が上がり、口呼吸でハアハアと苦しそうにしていた。
   横たわり 目がうつろ。

4時半 水を数口 舐めるだけ
    その後布団までまた来てくれて一緒に寝る。

5時40分
   スープタイプのパウチ15グラム程度にステロイドを
   細かく砕き食べてもらうも、10グラム程度しか食べない。
   水も飲まない。


この時間はもうずっと玄関に横たわっている。

これから病院へ向かいます。


腎不全と診断されてから二カ月ごとに検査を
勧められて、その通りにしていて
血液検査もちゃんとしていた。

6月時点ではデータに異常はなかった。
そのころは完全に腎臓療法食に替えていたので
ごはんを食べなくなったのは
食事が嫌だったのだろうと思っていた
それでも当時はまだ嫌がりながらも
食べてくれていたのだ。

7/29に連れて行く数日前から
ほんと、ほとんど口にしなくなり
これは・・・と思い連れて行き
血液検査で血液の数値がおかしいと診断され
リンパ腫か白血病の疑いありと言われる。

その時はレントゲンとエコー検査はせずに
外部にさらに詳しく調べてもらうということで
血液検査の結果を外部に回す。

8/2にレントゲンとエコー検査を行う。
そこでは腫瘍のようなものは見られず。

この段階では何も言えないが、
おそらくリンパ腫ではないかと思うと
先生。
でもまだ確実ではないので結果を
待ちましょうと待つこと一週間。

8/5に結果が出て、リンパ腫である可能性ありと
言われ現在に至る。

ものすごいスピードで猫の体を
破壊している憎いガン。

私自身も食事があまりとれなくなって
夫もそうだ。

しかし、今私たちが倒れたりすると
いけないというのはわかっているので
何とか口にしないといけないのだけど
喉をなかなか通らずこの数日で3キロやせた
良かったなと思うのはもともと太ってるので
見た目がまだ貧相ではないこと。

でも食べなきゃ・・・

では病院へ向かう。


   


[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2016-08-08 07:43 | ネコ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 吐き気止め 迷いが生じる >>



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧