旅するねこ毛

リンパ腫

今日 病院から連絡があった。

この数日 「何事も起こらないように・・・
もう、この先一生バリに行かなくてもいいから
これ以上 この子に病気を与えないで」と願うもむなしく。

現状では、急性白血病か、リンパ腫か線引きが難しいのだとか。
しかし、医師いわく、リンパ腫である可能性が高いとのこと。
病名として、はっきりと診断するには
全身麻酔をして脊髄の髄液を摘出して検査する必要があるが、
今のこの子の体力では非常に危険な状態であること。

リンパ腫であっても、白血病であっても
抗がん剤治療が可能なので、今あえてリスクの高い
全身麻酔をする必要はないように思う とのことだった。

ステージは5・・・

このまま何も治療せずに、自然な対応を求めるならば
すでに症状は出ているので持って2か月。
抗がん剤やステロイド等、ほかの延命治療を行うならば
体に合えば半年であるとのこと。
どちらにしても治らない病気なので
あくまで延命であることを理解してほしいとのこと。


頭が混乱してしまい、その先は真っ白。

今日は仕事だったのだが出勤前に電話を受け
泣きながら出勤。


今後どうなるか分からないけど、その時点で
私はこの子と少しでも一緒にいる時間を作りたいと
いう気持ちと、仕事してても涙が出てきて
迷惑かけるし、集中できないし仕事にならないと判断し
しばらく白紙にすることにした。

幸い私は定職につかず、一日派遣のかけもちを
しているので退職、という形ではなく
予定していた仕事をすべてキャンセルしてもらい
なかったことにするだけでOKだったので
すんなりできた、次の人を探さないといけないので
迷惑はかけたと思う・・・

どうするかは明日病院へ行き、治療方法を
決断しないといけない。

ステロイドか、自然に任せるか、抗がん剤治療に入るか。

抗がん剤の場合は数日後に猫の体に異常が発生する可能性が
あるため、少しでも変化を感じたら即病院へ連れていくことが
大事なのだという。
ということは抗がん剤治療をするということは
いつでも動ける状態にないといけないということ。

抗がん剤治療は一回安く見積もって2万
一カ月約15万くらいかかるであろうとのこと

私が仕事を辞めて、これをずっと続けていけるかどうか。
経済的にどうなんだろう・・・


私が今思うのは
猫という生きものにとって最も自然なことは
これが寿命なのでこのまま寿命を全うすることだと。
だって外の猫は病気や事故を全部受け入れて
死んでいっちゃうもんね。

でもこの子はそうではない。
私たちの家族なんてものじゃない。
うまく説明できないけどもう人生そのもの。
16年も一緒に暮らしてくれた大切な大切な存在。

治療をするのはエゴなんじゃないかというのは
分かっている。
この子がそういう治療を望んでいるかどうか
分からない。
普段大体の会話は出来ても、そんな難しい話までは
出来ないから。

だけど私はあともう少し、一緒にいたいと思う。

でもすぐには答えは出ない。

考えなきゃ・・・

うちは二匹いるので夫が泣きそうになりながら
一言

「こんな思い、あともう一回しないといけないなんて・・・」


本当に。
今でも壊れてしまいそうな自分がいるのに
どうなってしまうんだろう。





[PR]
by tidakapa-apa2006 | 2016-08-05 23:21 | ネコ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 泣くとすっきりする。 検査結果はまだか。 >>



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧