「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

旅するねこ毛

幸せです。


a0091291_10090632.jpg
今日も少しだけどちゃんと便が出ました^^
便が出たら必ず「良かったねー^^えらいねー」と
声をかけています。


昨日も今日も元気で動き回ったり、ベランダで
涼んだりしてくれてます。
昨日の嘔吐は二回のみ。
今回は副作用じゃなかったのかな?
どうなんだろう こればっかりはよく分からないな
今日は今のところ嘔吐なし
昨日は夕方70分くらいベランダで涼む。

昨日はどうしても銀行へ行かないといけなくて
安定しているからちょっと一時間くらい
街へ出ても大丈夫かなっと支度をしていると
玄関で寝ていたのに立ち上がって「抱っこ」の
素振りを見せる

え~抱っこ??嬉しいじゃないの~と
早速抱っこ 
気のすむまで抱っこをしてあげおろすと
次はベランダで行きたいという・・・

うっ 銀行へ行けないのでは・・・
でも猫優先猫優先

ってことで昨日は夕食の買い出しにも行けず
銀行へも行けず夫はコンビニ飯となりました。
しょうがないね~

昨日はホント元気だった
今日だって。

ずっとこんな日が続けばいいのに。
もしかしたらこのまま完治しちゃうんじゃない?

なんてことがないのは様々な闘病ブログを読んで
分かっているんだけどそれでもそう思ってしまうほど
あんなに苦しんでいたのがウソのよう。

病気にならないと実感しないのが情けないけど
おいしくごはんを食べて、寝て、便をしておしっこして
そういう当たり前の光景を見ることが出来るこの幸せ
本当にありがたいと思う。

ぐったりしてこのままだとやばい・・・という状況だったとき
抗がん剤治療して本当に大丈夫なんでしょうか
こんな苦しんだままの延命は望んでいないんですと
涙目で訴える私に「目指しているのはこういう状況じゃないんで。
ちゃんと自力でご飯を食べることが出来る 元気になる
それを目指してますから!」と力強く言ってくれた先生の
言葉を思い出す。

先生は沢山の患者を見てきているので
こうなることも予想していたのでしょうね
そして、この先どうなるかもきっと想定内なのかも知れない・・・

でも、今は神様が与えてくれた貴重な時間を
噛みしめることにしようと思います。

今、本当に幸せなんです。

明日、あさっては仕事してくるよ~!
治療費稼ぐからね^^
土曜日は夫が午後には帰って来るしね
そして日曜日は4回目の抗がん剤投与の日です。
ドキドキ・・・


[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-26 10:26 | ネコ | Comments(0)

副作用なのかなぁ?でも元気です。

昨日はあれから元気よく過ごしてくれました。
基本的には脱衣所 玄関 人間用トイレで
ひっそりと寝て過ごします。
でもばーさんも見ていたら一日中寝ているので
大丈夫かと・・・

見ていてしんどそうには見えないので
安定しているのだと思います。
ごはんもちょこちょこカリカリを食べている様子。
見に行くと減っているのが嬉しい
最近はウェットよりカリカリがお好みのようです。

先生にもカリカリの方が栄養が詰まっているから
カリカリを食べたがっているときはそうしてくださいと
言われているので朝のステロイドタイムの時以外は
カリカリ。

ステロイド飲ませるの今のところ成功しているけど
そのうち何も口にしたくないというときが
またきたらと思うとぞっとします。
絶対飲んでほしい薬なので・・・
かといってステロイドだけ口に入れると
吐き出しちゃうし 困ったものです。

最近はスープに混ぜて飲ませているけど
ホント無理やり飲んでくれてるので
我慢してるんだろうなと思う。

今日の様子(8/25)


今日は朝の5時前から布団の方に移動して
夫の背中に寝ていたりした様子
そして5:20頃には人間枕に頭をのせて横たわる
こっちの部屋に来てくれるということは
調子がいい時なので嬉しいです♪

ステロイドも飲ませいつものベランダタイム!
しかし10分経過した頃突然立ち上がり
続けて2回嘔吐

ん~~やっぱ来たか 副作用かな?
今日で5日目だもんなぁ
予想通りかな あまり続くようなら
吐き気止めを飲ませようかと思うが
その後は嘔吐なし 
しんどそうにも見えずカリカリを食べて元気に過ごしています。

先ほどは玄関に様子見に行ったら
お水沢山飲んでくれておまけに抱っこ!と
甘えてしばらく肩に乗せて部屋をウロウロしてました。
色々話しかけながら。

なんて幸せなんだろう。
こんな時間を私だけ悪いな・・
夫は一生懸命働いてくれてるのにな


でも私もそろそろ仕事入れていこうと思ってます。
毎日はムリだけど・・・
急変する可能性もあるけど大体のペースがつかめて
きたので少し働いて家計を応援しないと
やっていけない・・・

でもあくまで猫優先なのでホント少しづつだけど・・・

そして私の体調はというと
体重低下は6キロで終わってます。
それでももともとブーちゃんなので6キロ減で
ちょうどいい感じではないかと。

食欲もまぁ少な目ではあるけどちゃんと
一日一食は食べれるようになりつつあるので
あとは体力つけるだけ。
でもまだ米とかパンとかそういうものが
食べられないんだよな~・・・
朝はプロテインのみ・・・

立ち上がるときは歩くとき(部屋の中で)
目の前がほわ~・・・となってぐるぐる視界が
回って立っていられなくなることが多々あります。
貧血じゃろか?




[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-25 12:49 | ネコ | Comments(2)

立派な便が出ました!

a0091291_10512118.jpg



3年前のこの子と夫
いつも夫にべったりで夫のそばから
離れようとしない甘えん坊
男同士で一緒にテレビを見ている図

基本的には夫にべったりなこの子だが
病気になってからは私がずっと家にいるので
私に甘えてくるようになり、最近夫は寂しそう
今日も仕事に行く前にこの子を撫でて、
出来れば俺が仕事やめてこいつと一緒にいたいと
寂しそうに出ていった。
大丈夫だよ この子と夫には私なんかじゃ
超えられない絆があることを私は知っている。

爪を切るのも耳にお薬を入れるのも
大変なことは全部夫がしている。
それだけこの子は夫に身を任せているのです。
私にゃそげんこつはできん・・・


さて8/22の様子から。

6:00 ステロイドは飲ませることに成功
11:30 脱衣所へ水 モンプチスープ持って行く
    飲んでくれる
12:00 倦怠感の他にちょっとしんどそうに見えたので
    頭を触ってみると熱いような気がする 耳もばーさんと
    比較すると熱い 熱はかるも38.4度の平熱でホッとする。
13:00~16:00
    カリカリちょこちょこ食べてる
    少な目ではあるが一日に必要な量はなんとなく取れてると判断
22:15 排便を試みるも出ない様子
    床にお尻をこすりつける動作をしたのでお尻を見てみると
    肛門に便がはさまってる状態 出かかっているが
    指で掻き出せる状態ではない。
    お腹のマッサージや肛門に指で刺激を与え続ける
    出したいのに出ないのがしんどそう
    5分後 もう一度排便
    コロコロの便がようやく一個出る
    触ってみると石のように固い


8/23

6:00 ステロイド入りのモンプチスープ一口のみ
    その後排便 小指くらいのカチカチの便をコロン
7:10→8:00
    ベランダをあけると脱衣所からとことこやってきた。
    ベランダに出るということは調子は良いのか?
    部屋に入りたいというまで一緒に日光浴
    抗がん剤治療中は外に出したり、日光に当たったりすると
    体力を消耗しやすくなるからいけないとネットで読んだが
    この時間はお日さんも当たらない日陰だし
    何より今はこの子のベランダへ出たいという気持ちを優先したい。
11:20 モンプチスープ少しだけ
13:35 カリカリ10g食べる
16:00 置きカリカリ食べてる様子
    水 がぶ飲み
20:00 排便 親指くらいのカチカチ便を一個
21:00 膝の上に乗ってきたり、抱っこをせがんだり
    昼間は人間用トイレや脱衣所で寝ているが
    夜になると少しこういうしぐさを見せてくれる。


そして今日8/24

6:00 にゃーにゃー元気よく鳴いている
    どうした?ごはん?何?
    ステロイド入りスープ一口 ごはんではない?  
    ふと猫トイレを見ると夜中にしたのか朝方か
    沢山の大便をしてくれていた 便秘解消か?
    カリカリ少し食べる

7:10→8:20  
    ベランダに誘うとやってくる。
    微妙に少しづつ時間が伸びている・・・
    嬉しいがかーちゃんはずっとベランダにいるのは
    体勢がしんどいんだよ~
    でも、部屋に入るというまで頑張る。
8:45 カリカリ食べる
10:12 排尿


2日続けてベランダで気持ちよさそうにしてくれる姿を
見せてもらって幸せ♪
本当に病気なのかな~?
最近しんどそうにしてるときもあるけど
3日ほどほとんど食事をとることが出来なかった
地獄のあの日は、ホントに今月で旅立ってしまうかもと
思ったけれど最近は元気な様子も見せてくれて
末期がんというのが信じられない。

今日のベランダでの様子
どこから見ても元気な子です。

今はまた脱衣所で寝てるけど。


a0091291_11204740.jpg

ビンクリスチンの副作用で腸の動きが悪くなるようで
便秘が起こりやすくなるのが覚悟していたが
今日沢山してくれていたので安心する。
そろそろ副作用が現れる頃
消化器毒性→食欲不振、下痢、嘔吐
骨髄抑制→白血球の最下点が認めれらることが多い


何事も起こりませんように。
今日も元気で平和に過ごせますように。
多くは望みませんのでよろしくお願い致します。


[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-24 11:27 | ネコ | Comments(0)

ビンクリスチン(1クール:3回目の投与)8/20(土)

以下は8/20に書いたものです。


8/20は血液検査のデータを見て次の抗がん剤を投与するかが
決まる日。

朝一で病院へ。
触診と血液検査。
口の中が真っ白・・・やはり貧血状態である。
しんどいんだよね~・・・貧血。
ホント代わってあげたい。

血液検査の結果

前回8/13のデータは

白血球数 11.81
赤血球数 4.30
ヘモグロビン 7.3
赤血球容積比 25.6%
総ビリルビン0.3

8/20 今回のデータ
白血球数 9.62
赤血球数 3.45
ヘモグロビン 6.1
赤血球容積比 22.8
好中球 9.62

今回は主治医の先生がお休みだったときには
いつも担当してくださる先生にお願いした。
担当医師によってデータの出し方も違うのかな
今回の先生は好中球も記してくださった。
好中球は抗がん剤投与できるかどうかか
判断できる大切な数値なので今後はやはり
好中球も記載してもらおう。
気にはなってたんだよな~・・・

数値的にはあまり良くはないが
抗がん剤は投与できるとのことで
今回はビンクリスチンを投与。

経過を見守りたいということで
夕方まで入院。

※ちなみにこの日の費用は
部屋代、診察料、抗がん剤、吐き気止めセレ二ア注射、
ステロイドとセレ二ア内服薬8日分などで
22,500円
往復のタクシー代金2,000円



この数日この子の様子を見ていると
倦怠感があったり、しんどそうにしてたり
元気があったりと波があって
ずっと一緒にいることでいつかお別れの日がやってくる
なんせ私泣かなくなったし、覚悟が出来つつあるのかも!
思ったよりペットロスもないかも・・・と思っていたのだ。

しかし・・・家に帰って
この子の水入れとフードのお皿
いつもどこかに必ず横たわっているので
姿を確認するのが日課になっていて
帰ってお皿を見て・・・部屋全体を見渡して
いるはずのところにいない・・・
当たり前なのだが・・・・預けてきたから
いないのは当たり前なのだが
いない と思うことが悲しくてワンワン泣く。

泣いて泣いてこのところの出なかった涙が一気に
出た感じ。

こんなことじゃダメだ・・・


8/19 昨日の様子

9:25 嘔吐
11:18 脱衣所にいたので水を口に運ぶと沢山飲む。
    ちゅーる12g完食
13:15 脱衣所にカニカマ持って行く 一本完食
13:20 嘔吐
17:00 気づくとちょこちょこカリカリを食べている様子
    水も自力で飲んでいる
17:30 元気に動き回る。ダイニングへやってきて
    ベランダに出たいというので出してやる。
    10分ほど外の匂いを嗅いだり横になったり
    気持ちよさそう。雨が降ってきたので
    自ら部屋に入る。

17:45 立派なうんちを出す!
18:15 とても元気になった。玄関の方へ様子を見に行くと
     何か欲しそうに立ち上がる。モンプチパウチ35g完食

嘔吐はあったもののとっても元気な一日だったように思う。



そして今日8/20

8/20 


5:30 私より早く起きてリビングへいたので
    カリカリを一口だけあげる
    ちょっと早いがステロイド入りのちゅーるを一口分指から
    あげると最初嫌がる素振りを見せる。
    食べてちょうだい お薬だからとお願いすると
    なんとか食べてくれて残りのちゅーる12gも完食
5:40 続けて2回嘔吐
9:00 病院へ
    そのまま預けて帰る。
17:00 お迎えに
18:00 キャリーから出すとまずおしっこ!
     お腹がすいていたのかカリカリをすごい勢いで食べる
     水も飲む。
20:45 カリカリ食べる
22:00 またカリカリ

元気で食欲も旺盛!


8/21 

2:00 排尿
6:00 ステロイド入りのちゅーる一口を嫌がる。
    ステロイドだけは飲んでもらわないといけないので
    なんとか食べさせる。
    続いて吐き気止めセレニア 先ほど食べなかったので
    フードの量をさらに減らして口に近づけるも嫌がるので
    無理やり口に塗り込む。
6:10 粘着性のあるよだれを垂らして吐き出してしまう。
    おそらく薬に対してフードの量が少なかったから
    苦みを感じたのかも ごめんね・・・反省。
8:00 機嫌を直してもらい20分ほどベランダで過ごす。
    気持ちよさそう
8:30 モンプチ スープタイプ20g食べる
10:00 排尿後脱衣所へ
13:30 置いているカリカリを食べた様子
14:15 銀のスプーン ジュレ 半分食べる
18:00 ばーさんのフード置き場に行きばーさんの残りの
    カリカリ半分食べる
19:15 さらにばーさんの残りカリカリ完食
21:00、22:20 カリカリを食べる けっこう食べてくれる。

     
このところ、調子がいいような?
嬉しい!

そして今日

4:00 排便するもコロッとした小さいものが一つだけ
6:00 ステロイド入りのちゅーる指で口元へ持って行く
    見せただけで嫌がって逃げる 
    もしかして昨日の嫌な記憶が?? 
    なんとか口に塗り込む。
    ちゅーるは諦めてスープを少し出してみる。
    ぺろぺろ舐めてくれるが残す。

今日は食欲がない様子。
ベランダへ誘っても起きてこない。

副作用はまだ先なので心配。
副作用出ませんように。

貧血がしんどいのかな~・・・


玄関で横たわっているところへ
食事を運ぶと少しだけ食べてくれた
でもこの食べ方・・・しんどいんだなぁ
食べてくれてありがとう。

    
a0091291_15042902.jpg








[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-22 08:29 | ネコ | Comments(2)

ダメな飼い主

ダメな飼い主です。
本当に、私の猫への愛情ってなんなんだろうと
情けなく、恥ずかしく、もういなくなってしまいたいと
思うほど自分が嫌になる。

リンパ腫闘病中の子ばかりを構って
ばーさん猫の方をあまり構ってあげてなかったと思う。

それじゃぁいけないと分かっていたので
ちょくちょくなでたりはしていたものの
きっと足りないんだろうな 色々と。

じーさん猫のほうは猫というよりも(猫なんだが)
なんか人間に近いものがあってなんとなく会話も
出来てるような感じだし、抱っこをせがんできたり
私が泣いていたら寄り添ってくれてお腹を貸してくれたり
また主人と大喧嘩をしているときはどこかから
すっ飛んできて間に入ってにゃーにゃー大声で
泣いておろおろするような子なのである


冬は毎日腕枕で寝る。
私のトイレにまでついてくる。
本当に甘えん坊で、コミュニケーションもよく取れているのが
じーさんの方。
爪も話せばわかるので大人しく切らせてくれるし
何かと猫にとって嫌なことをされても
ちゃんと説明して、あなたに必要なことなんだと
伝えると、観念して我慢してくれる。


対し、ばーさんの方はまさに猫!という感じで
甘えてはくるが絶対抱っこはさせない。
抱くと「う~~!!」と言って怒る。
自分の触って欲しい時だけ寄ってくるという感じ。
会話は成り立たない。
そういう子なので無理なことはせず
寄ってきてくれたら遊ぶという形。

よく夫婦で話しているのはじーさんは俺たちじゃなきゃ
ダメだけど、ばーさんは俺らじゃなくても
誰でもよさそう

こういう感じの子なのである。

だからと言って可愛がってないというわけではなく
愛情はあるけど、コミュニケーション不足というのは
否めない。それでも保護してから14年大切にしてきたつもり・・・


長くなったが、そういう関係なのである。

だからきっとこういうことが
起こったんだと思う。
今後二度と同じ過ちをおかさないよう
ここに記しておこうと思う。

これ、虐待だから。

真夏の水はすぐぬるくなるし一日置いてると
濁るときないですかね

うちはそうなんですよ。

で、前から夫に気づいたらちょくちょく水を
入れ替えてやってな と言われていたのに
私は一時間おきにじーさんの様子を見に行くときには
必ず新しくお水を入れ替えていたのに
ばーさんのことはすっかり忘れて、昨日一日
朝入れっぱなしのお水だったことを
夜に帰宅した夫が気づいた。

それは見てすぐわかるほど濁っており
こんなの飲めるかよというような水だった。
そんな水だから当然猫も飲みゃしない。

注意されて慌ててばーさんに謝りながら
ばーさんのところへお水を運ぶと
すごい勢いでごくごく飲んだ。
このばーさんは水を飲むとき まず手ですくって
飲んで・・・しばらくしてから
ゆっくり・・・ゆっくりと時間をかけて飲む子である。

それががぶがぶごくごくと・・・
よほど喉が渇いていたのだろう。

申し訳ないやら情けないやら

ひどいことをしていると思う。
ばーさんのこともとても大切なんです。

ごめんなさい!

今後二度としません!






[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-20 12:28 | ネコ | Comments(2)

ようやく泣かなくなりました。

飼い主のことで申し訳ありません。

これから長くなるであろう闘病生活
泣いてばかりじゃ心労もたまり、持ちません。

食欲不振は相変わらず続いておりますが
なんとか詰めこむようにして私も生きる力を
この子からいただいております。

ようやく涙も出てこなくなりました。
まぁその時が来たら、またわんわん泣くのであろうし
今は涙はとっておこう。

昨日の様子。8/18

朝食タイムはすでに記述してあったので
その続きを・・・


11:30 嘔吐
     カリカリ、缶詰等食べたものがそのまま出てきた。

14:00 ちゅーる12g 完食 水 がぶ飲みする。
17:00 脱衣所に置いていたカリカリを見に行くと減っているので
    食べてくれている様子
夜 ごはんを求めてか?リビングへ来てくれたので
  缶詰あげると少し食べてくれる

穏やかな一日が終わる^^


☆8/19 今日の様子

6:00 いつものステロイドタイム あげかたは昨日と同じ
    最初に一口 ステロイド入りをあげる。
    一気に舐めてくれたので今日はいける!と思い
    残りのちゅーるを指からあげてみる。
    勢いよくぺろぺろ舐める。
    よ~しよし いい子いい子 食べてくれてありがと。

    調子に乗って35g入りのパウチを持って行くと
    20gほど食べてくれた 嬉しいな

9:15 リビングに置いてあるばーさん用の残りのカリカリを
    一口つまみ食いしているのを目撃
    満足し、排尿
    その後玄関に戻っていたが、洗濯物を干すため外に出た私は
    ベランダから「こっち来る?いい天気だよ!」と呼び掛けてみる。
    ベランダの大好きな子なので。

    よっこらしょ・・と腰を上げベランダにやってきて
    一緒に5分ほど日向ぼっこ
    あ、暑いのう~・・・・どうでもいいけどずっと家にいるので
    化粧はおろか日焼け止めも塗っとらん 
    紫外線が・・・でも平気(^^♪ もうオバサンだし
    あまりそういうの気にしなくなったんです。
    どうでもよろしいわ そんなこと。
    

9:25 嘔吐

その後は玄関で体を休めている。


う~ん これは副作用なのだろうか 気になるな~・・・
回数的にはさほど多くないけど・・・
今の予定では今週土日のいずれかに3回目の抗がん剤投与の日である。

今 嘔吐があったり少し食欲不振ではあるけど
まぁなんとか落ち着いているので少し仕事をしたいのだけど
先の予定を埋めることが出来ないのが厳しい現状。

一週間先がどうなってるか分からないから
仕事入れてしまって副作用で苦しんでいたりする時に
仕事してられない

大体の飼い主さんはお勤めされてるから
気になりつつ生きるために働きに出るのは
もうしょうがないことなのだけど
私はパートでもバイトでも社員でもないから融通がきく
どこにも属さないフリーター

仕事ありますかと訊ね、あったら仕事に行くというスタンスなので・・・
猫優先が可能な勤務スタイル。

だから猫優先だけど、少し安定しているときには
たまには働きたいというのも正直な気持ち。

お金稼がないと・・・自分の年金 保険 支払
あと猫の治療費稼がないとやばいんだよ~・・・

うーん

なかなかうまくいかないね。
明日あいてます!と会社にメールしてみたけど
当然ながらそう都合よく仕事はない。

明日仕事行けたら、日曜に夫に猫を任せようと
思っていたんだよな~






[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-19 10:38 | ネコ | Comments(3)

今日で21日目

何度も同じこと書いてしまってます。
私の頭の整理をするためです。

7/29

数日食欲不振が続き、腎臓病が悪化したかと思い
病院へ連れて行く。
少し対応が遅れたのが、6月の血液検査の結果が良くはないが
悪化もしてない状態(つまり現状維持)だったため
ただの夏バテか、おいしいフードじゃなかったのかなと
いう気持ちから。

その日の血液検査の結果で数値が異常なこと
顕微鏡で見ると、嫌な細胞がうようよしている
おそらくリンパ腫か白血病でしょうとの先生の見解

そこから詳しく検査機関へ回し結果が却ってくること
ちょうど一週間。

8/5 午前中に先生から電話がありリンパ腫でしょうとのこと。
100%確定出来ないのは、それ以上調べて
病名をきちんとつけるには全身麻酔で髄液を摘出しての検査と
なるため、おそらくそれをやることでこの子の命の補償が
ないと先生が判断。

ほぼリンパ腫で間違いないので今後の治療方法を
考えていきましょうということになる。

8/7 1クール:一回目の抗がん剤投与「Lアスパラギナーゼ」

8/13 1クール:二回目の抗がん剤投与「シクロホスファミド」

そして今に至る。

病院へ行き、リンパ腫かもと言われてから今日までで21日目

抗がん剤治療に入ってからは12日目

8月の頭の時点でかなり衰弱していたこの子を見て
先生は通常なら何もしなければ2カ月
抗がん剤治療に入ってからだと半年くらいの延命が
可能でしょう
ただ、この子の今の状況だとかなり危険な様子なので
放っとくと8月持たないと思います。

この時点で治療方法を迷っていた我々は
あとどのくらい時間が残されていますかと
訊ねると、とにかく体力の低下がひどいので
一週間くらいかも知れませんと言われたのだった・・・

そう考えると、今日こうして生きていてくれることが
とってもとってもありがたい。

今日はベランダに出して~と言ってきてくれたし。
ただ今朝も6:00のステロイドタイムには
まずは一口分のちゅーるにステロイドを混ぜるだけ。
なんとか舐めてくれたので追加のちゅーるを
持って行くが受け付けない・・・
う~ん 厳しい・・・
ちゅーるはいらないのかなと思い
別のフードにしてみたら35g入りのものを
20gくらい食べてくれた。

良かった・・・しかし絶対量が不足している。
ちょこちょこ食事を運びに行かなくては=33

今のところ便も尿も良好。


さて、我が家には白いばーさん猫もいるのだが・・・
この白猫はちょっと意地悪な猫で
気の優しいじーさんをよくいじめていたのです。

病気になってからいじめたりしたら心配だなと
思っていたのだが
じーさんが病気になってからいじめなくなった。

というより、怖がって一切近寄らなくなった。
なんか感じるものがあるんでしょうな。

しかし、ここまで拒絶しなくても・・・というくらい
完全にじーさんの距離から離れるほどに。

まぁ仲の悪かった二匹だし(ばーさんが一方的に
じーさんを攻撃)それはそれで安心なのだが・・・

今日も一日 平和に暮らせますように。

[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-18 10:39 | ネコ | Comments(0)

ちょっと元気がない

相変わらずリンパ腫について色々調べる日々。

猫は少し元気がないように見える。
抗がん剤の影響なのかな。
まぁ今抗がん剤がじわじわ効いているのではないかと
思っているのだがどうなんだろう。
調子のいいときにはリビングやダイニングに来てくれるのだが
昨日は一度だけ来てくれた。

夫のお腹の上で気持ちよさそうに寝てくれたが
きっとこの子なりのサービスなんだろう、と思う。
夫が名前を呼ぶと、少し考えながら
「よっこらしょ・・」とスローな動きでのそのそと
歩いていき、おなかの上に寝そべる。

私が仕事しない代わりに、一生懸命働いてくれる夫へ
癒しのサービスが出来て良かったなと嬉しくなる。
私は何もできないからこの子に感謝です。

数分程度サービスタイムが終わるとすぐ脱衣所へ。

昨日はうんちも少し出たし、おしっこもちゃんとしていた。
ちょこちょこあげていたフードもなんとか食べてくれたし
一時期よりは食欲は落ちているものの、心配するレベルではないと思う。

そして今日。


6:00

いつもはちゅーる14gにステロイドを砕いて全部入れるのだけど
昨日の様子を見ていてなんとなく今日はちゅーる全部に
ステロイド入れても完食できないのではないかと思い
一口分くらいの量にステロイドを入れ、あげてみる。
読みは当たった。

指であげるとプイ・・・とする。
食欲が減退。
でもステロイドだけはあげないといけないので
この一口分だけは絶対に食べてもらわないと困る。
嫌がっていたけど口に無理やり塗り込んで舐めさせて
ひとまずノルマのステロイドを飲ませることは成功。

トイレを見てみるとおそらく深夜にしたであろう
大きなうんちがあった。
うちは二匹同じトイレを使用しているが
それぞれする位置が決まっているので
場所で判断。

7:40 脱衣所に置いていたカリカリが少し減っていた。
    今日はカリカリの気分なのかな?食べてくれることは
    ありがたい。


今、落ち着いている傾向にあるから
これなら週に2日くらい仕事しても大丈夫かなと
思っていたが、ごはんをこちらが持って行かないと
食べないことが多いのでまだ目が離せない。
抗がん剤治療には体力が必要だからね。
食べることが力になるからぜひとも頑張って
食べていただきたい。

と、全く食べなくなった飼い主が言うのも
説得力がないのだが・・・

食事をちゃんととれなくなって
お風呂に入ることが出来なくなった。
シャワーだけどその行為を考えるだけで
エネルギー使うなぁ・・・疲れるなぁと思うと
入れなくなっちゃって・・・
お風呂って疲れますよね。
たとえシャワーでも・・・
でも、今日は入ろう・・・思う。


今日もこの子が穏やかに過ごせますように。
明日もそうでありますように。

昨日の様子。(これは人間用のトイレの中です)

a0091291_08193694.jpg


[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-17 08:22 | ネコ | Comments(4)

嘔吐

昨日の様子

食欲は落ちたが、カリカリを食べる気力もあって
横たわっているところへフードを持って行くと
横たわった状態だけど、食べてくれる。
立ち上がる体力があまりないのだろう。

そんなこんなで21:00
嘔吐 一日に食べたものを全部吐くという量だった。
吐くのはLアスパラギナーゼを投与して以来なので
久しぶりだ。

そのあとトイレで排便。
立派なうんちが出ました。

そして今日

2:30 二回吐く
もう水分のみ。
吐いて落ち着いたのか、久しぶりにお布団で
一緒に寝てくれた。
しかし数分したら脱衣所へ移動。
水を持って行くとがぶがぶ飲んでくれる。ありがたい。

6:00 ちゅーる14gにステロイドを入れて完食
8:45 ペースト状になった缶詰40g完食後排便
    人差し指第一関節より少し大きめのものが一つだけコロン

副作用かな~・・・
見ていてかわいそうになるけれど、
救われるのは、まぁまぁ食べてくれているから
前回の嘔吐より体力があるのか、よろめいたり
さほど苦しそうにしていないところが
見てる方からしたらありがたい。
本人はしんどいのかもしれないけど
何もしてあげられないことが申し訳ない。

今日も平和に過ごせますように。

[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-16 09:11 | ネコ | Comments(0)

シクロホスファミド(1クール:2回目の投与)

シクロホスファミド 投与


2回目の抗がん剤治療に入ることにした。


このところの体調は良好。

よく食べるし、よくお喋りも出来るし

膝の上にも乗ってくれる。


どの道を選んでも後悔はつきまとうだろう。

だけど、今この瞬間は抗がん剤治療を進めていくしか

ないように思え、前に進むことにした。


私は仕事だったので8/13の2回目の治療は

夫に任せることに。


まずは血液検査の結果


重複して申し訳ないが8/10の結果


白血球数 16.67

赤血球数 5.01

ヘモグロビン 8.7

赤血球容積比 31.0%

血小板数 116

総ビリルビン 0.3




一回目のL アスパラギナーゼ(8/7に投与)のあとだったので

効いてる!!と喜んだのもつかの間


悪くなってる・・・


やはり進行が速い。

リンパ腫は飼い主が気づいた時点で

症状が進んでいるから病院へ行くようになってからは

おそろしいスピードで進行していくという。

ネットなどで嫌というほど調べたが、本当に怖い。


8/13の血液検査の結果



白血球数 11.81

赤血球数 4.30

ヘモグロビン 7.3

赤血球容積比 25.6%

血小板数 95

総ビリルビン 0.3



ただ、肝臓は前回と変わらずなので

少しだけホッとする。



抗がん剤治療は十分に出来る数値ということで

1クール目の2回目の投与は(ややこしい書き方ですみません)

シクロホスファミド


前回のLアスパラギナーゼは副作用が出にくい薬であったが

今回は出る可能性もある。


消化器毒性 投与2~5日後に、食欲不振、下痢、嘔吐が

認められやすいとある。


前回Lアスパラギナーゼを投与した際

深夜に嘔吐があり、とても苦しそうで見ていられなかったことを

話し、なんとかならないかと相談。

前回、嘔吐したあとに連れて行ったときは

セレ二アを注射で入れてもらったが

今回は抗がん剤と一緒に入れることになり

センダンを注射で入れてもらう。


本来なら経過を見るために朝預け→18時頃まで

入院なのだが、シクロホスファミドは膀胱炎を

引き起こす可能性があり、前回半日もおしっこを

我慢していたこの子のことを考えると

連れ帰った方が良いでしょうとのことで

連れて帰る。


前回は、負担をかけないためにゆっくり時間をかけて

投与してもらったのだが、今回は夫の目の前で

すぐに終わったらしい。


色々調べてみると副作用をなるべく抑えるために

時間をかけてゆっくり投与するところもあるようで

今回はなぜそうしてくれなかったのかなという疑問。

ゆっくり投与すると結局半日かかってしまい入院となり

膀胱炎を心配したのかも知れないが

その辺は後日確認してみようと思う。

このときは夫が行ってくれたから・・・


うちの子の血管が細すぎて、投与しにくいということで

お腹に刺しての治療だったそう。


通常は足の血管に刺すのです。


このシクロホスファミドは血管から漏れてしまうと

漏れた部分の皮膚が壊死してしまうという

おっそろしいものなので・・・

先生もゴム手袋をしながらの投与

漏れるおそれがあることを考えたら

お腹にやるしかないものね・・・

可愛そうだ・・・


そしてそのまま連れ帰り、今日に至る。


13日抗がん剤投与してからは

ちょっと疲れた感じで横になっているけれど

しんどそうには見えない。

食欲もある。


以下 夫の記録


8/13


11:00 病院から帰宅

11:30 カニカマ1本完食

12:15 銀のスプーン 1本15g完食

13:30 お腹の上で寝てくれる

13:35 排便試みるもイキむだけで出ない

13:45 銀のスプーン カリカリ10g完食

    直後に再度排便試みるも出ず

13:50 再度排便試みるも出ず 

    床に肛門をこすりつけるので肛門を見てみると

    便が顔を出している。指で出してあげられるほどではない。

13:55 再度排便 10cmほどの便が出た!

    色 こげちゃ 固さ 良好



その後はいつも通り 寝て起きて、食事の繰り返し


8/14も前日と同じような感じ。

食欲も少し落ちたが、心配するほどではない。


今日も量は減っているがカリカリを食べたりしてくれた。

あとはやはりだるいのか、脱衣所や人間用トイレの中で

横たわっている。


先ほどはうたたねをしていた私のお腹の上に

乗って寝そべってくれた。


う、嬉しい~・・・

りっぱなうんちをしておしっこをして

食べてくれる。


最近は今まで当たり前だったことを

幸せに感じる。



ひとまず今日は安定しています。

副作用が起きませんように。


今回、私たちは悩み、苦しみながら
「抗がん剤治療」という選択をした。
リンパ腫と言われたとき 夫は即座に
抗がん剤治療は絶対にしないと言った。
どうしても抗がん剤=激しい副作用に苦しむと
いうのがあったので私もそのつもりだった。
動物にも人間と同じ抗がん剤を使用するからというのも
不安だったし。

だけど実際、先生に話を聞いてみたり
ネットで調べていくうちに動物に使用する際の
抗がん剤の使用法についてわかってくる。
それと同時に恐ろしさも学ぶ。

こういうことは、先生によって言うことも
違ってくるから私たちの主治医の先生が
正しいとか間違っているとかではなく
ただ、自分が共感できるかどうか信頼できるかどうか
それしかないような気がする。

小さい病院だが、獣医師や看護師等沢山いて
設備も整っており、いつも患者でいっぱい。
待ち時間もハンパないがここは数名の医師がいるので
迷ったときに獣医師同志で相談が出来るのではないかと。
患者の方もセカンドオピニオン的な感じで違う先生に
意見を聞くことも可能なので安心している。

主治医の先生は 今のこの子に抗がん剤を使用して
我々が目指すところへ向かう価値はあると思うと
言ってくださった。
目指すところというのは寛解のこと。
猫の残されたQOLをゆるやかに穏やかに
そして寛解を目指す。

だけど、抗がん剤はガンを叩くけど
正常な細胞まで破壊するので当然リスクは伴う。
それを最小限に、猫が苦しむことのないように
最善を尽くすと言ってくださった。

どうしても抗がん剤に踏み込めないでいた私たちの
話を根気よく聞いてくださり、ステロイドのみで
緩和ケアに切り替えることも提案してくださって。
ただ、ステロイドだとやはり早いうちの
耐性が出てきていずれ効かなくなる。

でもそれは遅かれ早かれ抗がん剤も一緒。
抗がん剤は1クールごとに違う薬を入れて
回していくので効いている間はステロイドよりも
延命は可能。でもほんのわずかの差かも知れない。
そのへんは猫の体力気力も関係してくるし。

どちらを選んでも飼い主が愛する子のことを
一生懸命考えて選択した決断。
どちらを選んでも一生後悔はつきまとう。
それは覚悟の上の選択だ。

だから

何も分かってない人に
誰にも何も言われたくないのです。
どんなにつらいことを ひどいことを
しているかというのは私たちが一番分かっている。
人間のエゴであることもわかってる。
でも説明できないこの感情をエゴなんかで
片付けて欲しくない。

夫が職場の人に猫の病気を話したときに
なんで動物に抗がん剤なんか使用するの?
高齢の人間に無理やり抗がん剤を
使用しているのと同じことをしているよね
と言われて私はすごく傷ついた。

正論であったとしても弱っている人間にそんなことを言える人が
いるんだとショックだったし・・・
自分の心で思っときゃいいじゃん 口に出すなよ
私なら絶対言わない。

どれだけ悩んで苦しんで出した答えだと
分かるから。
まぁその人は動物と暮らしていないし
抗がん剤のことは私が最初に思っていた通りの
イメージそのものなのかも知れないけど。

私は今色んな飼い主さんの闘病記を読んで
すごく励まされてるし、勉強もさせてもらっているので、
このブログもいつか闘病中の人の目に留まり
少しでも参考になればいいなと思って書いています。

吐き気止めを抗がん剤使用の際に一緒に入れてもらうと
いうことを知ったのもあるブログから。
抗がん剤の副作用で嘔吐が見られることがあるのだが
私も第一回目の投与の時、深夜によろけながら
嘔吐するこの子を見てすごくショックで
このまま死んでしまうのではないかと思うほど
それは激しかった。
そのあと呼吸困難にも陥ったし
吐くという行為は人間でもかなり体力を奪われる。

吐き気止めを処方してもらう。
この知識が私にあれば第一回目の投与から
処方してもらっていたのに・・・
そうしたらあんな嘔吐をせずにすんだかも知れない。

実際、そのあと病院へ行ったら
先生は「吐き気止めを入れてあげたら良かったですね」と
おっしゃった。
おいおい そんとき提案してくれよ・・・と
正直その時には思ったが・・・

あまりネットばかりの知識を吸収するのは
良くないのはわかっている。
だけど、これはと思うことは私は必ず
先生に確認 相談を行っている。

自分の体だったらどうにでもなるけど
相手はもの言わぬ動物。
ある程度勉強するのは飼い主の仕事。

長くなったは今日はこれまで。

それにしても二日間の仕事
きつかったなぁ~・・・
体力が完全に落ちていて駅まで歩くのも
一苦労だしおそらく貧血気味か?
何度もふわ~っとなってしゃがみこんでしまった
いかんいかん こんなことではイカン帝国(笑)
食べなきゃ・・・と昨日はランチで無理やり
ミックスサンドを食べることが出来た。
でも夜ご飯は食べれないな~

夫がひやしうどんを用意してくれていたけど
一口くらい食べていらない・・・
倒れるとやばいのでプロテインを飲みだした。
固形物食べたくないんだもん。
まぁまだ太っているので大丈夫。




今年の2月のにゃんず。
このときはこんな日が来るなんて
微塵にも思っていなかったな・・・
しかし、可愛いわ~うちの子☆

a0091291_14541971.jpg
こt



[PR]
# by tidakapa-apa2006 | 2016-08-15 13:15 | ネコ | Comments(0)



どうせ迷路なら          笑って行こうぜ       
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
more and more
from ウブドな日々
『愛しのチロ』
from ウブドな日々
ネコ毛フェルト人形作ったのら
from 妄想ギター練習記
バジルとレモンで仕上げた..
from Kesayangan!
ワレパンアニキ
from ウブドな日々
凍える牙 乃南アサ
from 粋な提案
サリナワルン(Warun..
from Bali大好き!
犬の空き缶
from ポンポコ研究所
ちゃんとしようぜ!(TB..
from ウブドな日々
うまうま朝ごはん(TBバ..
from ウブドな日々
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧